軽自動車を長く乗る

 

軽自動車を長く乗る:3行要約

軽自動車は普通車に比べて寿命が短いので長く乗るのは適さない(古い軽自動車ならなおさら)

どこまで軽自動車に乗れるかは故障や整備費用が増えてきた金額とで検討

最近の軽自動車は技術革新や車体価格が高いこともあり質も向上している

 

これは私の感じるところなので必ずしもそうではないのですが、軽自動車って普通車に比べてすぐ壊れてしまいそうなイメージはありませんか?

 

というのも、やはり車の価格が低いことや特定の規定内で作られている軽自動車ですから、どうしても普通車より質が落ちてしまうような気がするのです。

 

ただ、現在は経済的な理由もそうでしょうけれども、それ以外の理由でもとても軽自動車が売れています。

 

近年は新車販売台数の4割が軽自動車と、このままシェアを広げたら半分は軽自動車なんていう時代が来るかもしれません。

 

そんなわけで多くの方に支持される軽自動車ですが、この車はいつまで乗ることが出来るのでしょうか?

 

長く乗れる軽自動車の可能性をみていきます。

買う前に知りたい
業者が保証を付けたがらない理由

ボーン片桐

意外に知られていないことですが、良い車は市場に出回る前に業者間で買われてしまい、一般の人が良い車を安く買う事が出来ません。

「安い車を発見した!」ということで喜んでいられる状況ではなく、質が悪いから安いという現実を知っておく必要があります。

逆に良い中古車は高い金を出して探すことになりますが、今はネットで業者間取引されている一般非公開車両を見ることが出来ます。

またネットだと有利な事が多く「最長10年保証」「返品に対応」と普通に店舗で探すよりお得です。

もしあなたが中古車選びで失敗したくないならば、ネットから業者と同じ立場で車探しをオススメします。

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

軽自動車が長く乗れるかは年代モデル次第

軽自動車を長く乗るように工夫するよりも、トヨタアクアやホンダヴィッツのような質の良い安価な普通車を買ったほうが良いと私は判断します。

 

そして年数的な回答をすると、5年前後までなら難なく乗れるのではないかと考えていますが、修理などを適切にしなければもっと短くなるでしょう。

 

普通車のように10年などを越えるのは結構難しいと考えています。

 

出先で止まる車なんて最悪ですよね?

 

機械は快適に動いてこそ、我々の生活に貢献します。

古い軽自動車は長く乗るには不利

古い軽自動車は買い替えたほうが信頼性やメンテナンスコストを考えると良いということです。

 

当たり前のことを言わないでくれなんて思わないでくださいね。

 

最近は、軽自動車もメンテをしっかりすれば壊れる可能性も小さくなってきましたから。

 

ただ、どうしても低い予算で規定内に作らないといけませんから、どこかにしわよせがあるのも事実なのです。

 

例えば軽自動車は660ccエンジンで小さいために出力をあげるためには回転数を大きくしなければいけませんが、そうするとエンジンは消耗するしガソリンを多く使うことになる、こういうことなのです。

古い車なら普通車のほうが有利

たいして、普通車なら1L~1.5Lぐらいのエンジンならそこまで回さなくても出力を確保できます。

 

この違いは結構大きく、このような点が軽自動車と普通車の差なのです。

 

次に具体的な項目を見ていきましょう。

昔の軽自動車は燃費が悪い

軽自動車の燃費って悪かったのを知っていますか?

 

前にお話したように、出力を増やすならエンジン回転数をあげなければいけないので、多くの燃料を消費します。

 

エンジンの大きさが660ccと規定がある軽自動車はどうしても高回転で出力を捻出しなければいけないような場面があります。

 

例えば坂道であったり、高速道路であったり、人を多く乗せたりと・・・

 

こんなときにはどうしても燃費が悪くなってしまうのですね。

技術革新により軽自動車の燃費が改善

しかし、現在は普通車よりも燃費がよくなりました。

 

これが示唆しているのは技術革新の早さです。

 

つまり、軽自動車を長く乗ろうなんて考えても時代に合わせて新しい軽自動車が出てきますから、結局古い車となって買い替えをしなければいけない、というよりも車オーナーが気持ちのうえで納得できなくなってしまうのです。

 

ですから、車の事情もありますけれども、車オーナーの気分が持たない可能性があります。

 

これは新しい切り口のお話になりますが、こういう風に考えることもできるわけですね。

 

10年前の軽自動車を見てみてください。

 

さすがに古く感じますよ。機械的な性能も外観もね。

カタログ燃費はあてにしない

ところで、一定の条件下で比較するためだけの燃費をメーカーは車の燃費として発表しています。

 

あなたもJC08モードとかなんとか見たことはありませんか?

 

これは通称カタログ燃費といってあんまりあてにならない燃費として有名ですね(笑)。

 

でも、条件をあわせて燃費を計測しなければ、その車がどの程度の燃費で比較するとどうなのかユーザーもメーカーも困ってしまいます。

 

ですから、カタログ燃費を充てにならないなんて思わずにしっかり活用すると良いでしょう。

 

大体6割ぐらいが実燃費といわれています。

古い車の弱点は塗装

軽自動車は現在、80万円~150万円前後が新車販売価格となっています。

 

ものを売るためには市場のターゲットにマッチする価格で無ければいけません。

 

最近は150万円と高い軽自動車も登場してきていますが、基本的に「軽自動車=安い」という印象をユーザーは持っています。

 

経済的事情で軽自動車を乗る人もいるぐらいですから、これは守られなければいけません。

 

つまり良い軽自動車を作ろうと思っても、市場的な要因から価格を低く維持しなければいけない事情もあるのです。

製造予算と販売価格で軽自動車は厳しい

そのため、塗装や外装をよくしようとしても限界があります。

 

もちろん、150万円の軽自動車もありますから、今後どうなるかはわかりません。

 

ただ、これからも車を経済的に買いたい、保有したいと考えるユーザーにとっては価格が高くなることは避けたいでしょうから、メーカーや販売側も価格帯を押さえて軽自動車を作っていく必要があるでしょう。

 

極端な例ではありますが、メルセデスベンツのような塗装を軽自動車がするというのはほとんど考えられないということですね。

 

これが与える影響は外観の陳腐化ではないでしょうか?

 

ここでもユーザー側が納得できる、つまり「こんなボロボロの車はそろそろ買い替えだ!」なんて思わずにいられなくなるという事情があります。

軽自動車の機械部品は弱いのか

次に機械的な問題です。

 

足回りとは、タイヤ周りだと思ってください。

 

具体的にいうと、サスペンションやそれらのタイヤを調整する機械部品などです。

 

想像してもらえれば分かるのですが、タイヤ周りは大変負荷がかかりますので、機械部品としても高い耐久性と技術力が必要となります。

 

なので、どうしてもかけられる予算と耐久性や性能が比例してしまうのですね。

足回りの確認方法

軽自動車を持っているユーザーは試しにタイヤを斜め下から確認してみてください。

 

そして近くに普通車があれば、同じように確認してみましょう。

 

ポルシェなどと比較してはダメですよ(笑)。

 

普通のコンパクトカーなどでOKです。

 

どうしても陳腐な、作りが安い印象を受けるでしょう。

外装と機械部品の造り違い

実は内装や外装はある程度ごまかすことが出来ます。

 

先ほどは塗装の話をしましたけれども、技術力があがれば安い予算でよい塗装が出来るようになるかもしれません。

 

でも、この足回りの部分については簡単に解消できる問題ではないのです。

 

ですから、私の印象としては軽自動車の場合に、どうしても乗り心地とそれの劣化が早いが普通車に比べて早いのではないかと思います。

 

よく、試乗レビューでは、「固い印象があった」なんていうものを見たことがあるでしょう。

 

つまり、乱暴にまとめた言い方をすると、乗り心地が悪かったという評価になります。

整備費用が増えたら買い替えの時期

現在の軽自動車は作りがお世辞にもよいといえないケースでも、簡単に壊れるようなことは少なくなりました。

 

新車時においては軽自動車だから安かろう悪かろうでもないのです。

 

ただし、これも新車から時間がたたないうちだけです。

 

どんどん劣化が進むとどうしても低い予算で作られた部分など、修理が必要になるケースが多いです。

 

分かり易いところでいえば、乗っていると乗り心地が悪くなってきたなんていう部分が分かり易いでしょうか。

 

「最近、車に乗っているとぎしぎしうるさいなぁ・・・」なんていうときには劣化している可能性があります。

車を長く乗ることと増える整備費用の関係

こういったものが多少なら仕方がないので、修理して乗るなりするでしょうけれども、頻繁に発生するようになったら黄色信号です。

 

軽自動車が維持費が安い!経済的に良い!なんていうことも修理頻度が増えれば、結局意味がありません。

 

ですから、普通車よりも軽自動車は古くなると修理の頻度が多くなる時期の到来が早い印象がありますので、寿命は普通車より寿命が短いなんていえるのです。

軽自動車を長く乗る:まとめ

ここまで軽自動車は普通車と比べると限られた予算と規定内で作られているので、乗れる期間は比較的短くなるという話をしてきました。

 

ただ、今後はプレミアムな軽自動車が登場する可能性があります。

 

これは方向性が少し違うので、例としてあげるのが適切か分かりませんが、ホンダS660の新車価格は200万円とトヨタアクアよりも高くなります。

 

生活に使える軽自動車であるダイハツタントも新車価格は150万円前後とこちらも高額です。

 

つまり、現在は軽自動車=安いという構図が変わってきているのです。

近年の車体価格が高い軽自動車で変わる未来

今後は新車価格が200万円に近い軽自動車も当たり前に登場する時代がくるのかもしれません。

 

こうなると、軽自動車が安いもの、質が低いものなんて一概にいえなくなります。

 

それじゃ本末転倒じゃないか!と思う車ユーザーもいるでしょうけれども、これも時代の流れなのかと思っています。

 

というわけで、長く乗れる軽自動車を探しているならプレミアム軽自動車を探すか、軽自動車にこだわりがないなら質の良い中古普通車を乗り継いでいくのが最もよいでしょう。

お金を気にするなら普通車も検討する

ちなみに私は質の良い中古普通車を乗り継いで価格は安く、質はある程度を維持するカーライフを送っています。

 

短い期間で乗り継ぐならそれほどリスクは掛からないので車の失敗も小さいのですよ。

 

ただ、ひいきにする車屋を見つけておかないと乗り換えのたびに大きく利益を取られてしまいますので、お付き合いをうまくしてみてください。

 

以上、お役立ていただけたら幸いです。