「クラクションが故障しているときに査定に出したら相当減額されるかも?」

 

クラクションが鳴らないときは、査定時にボタンを押してすぐ分かるということもあって車オーナーは少し不安になりますよね。

 

当然ですが、故障しているならばその分については査定の減額交渉されるわけで、少なくとも修理費用分は減額されてしまいます。

 

それもあってクラクションを直したほうが良いのか少し不安になってしまいます。

 

でも、直さないほうがお得な場合がほとんどなのをあなたはご存知ですか?

 

こちらでは、クラクションが鳴らない車を売るときにどのようにしたらよいのかをみていきます。

クラクションが鳴らないときは接触不良だけ確認

簡単に直せる場合を除けば交換や修理は必要有りません。

 

というのも、クラクションはボタンを押すタイプのものが多いので、背後の配線が途切れているケースがあるのです。

 

これをただつなぐだけなら交換するという場合よりも誰でも簡単お手軽に出来ますよね。

 

DIYが出来る方ならまずはクラクション周りの配線を確認して、外してつなげてみましょう。

 

DIYが出来ない方はディーラーに持っていった点検のときに、クラクションが配線周りで故障しているから確認して欲しいといってください。

 

なお、ヒューズということもありますので分かる方はヒューズボックスも確認してみてくださいね。

 

このように配線だけ見て接触不良かどうかを確認するということは、とてもお手軽な確認方法であり、ホーンなどが壊れている場合とは違う対処方法になりますね。

 

次に配線などの接触不良以外を理由とするクラクション故障について、修理すべきかどうかをみていきます。

故障が簡単に直せる場合以外は何もしない

クラクションが鳴らない原因を特定するのは若干大変なために、どこを修理したら直るかわからないケースもあります。

 

こんなときは取得したパーツは無駄になりますし、結局直らないとなっては全額お金の無駄です。

 

さらに直したとしても支出した費用を査定額上昇で回収するのがとても困難です。

 

そのため、クラクション故障は配線が外れているようなケース以外は直す必要はありませんので業者に任せてしまいましょう。

故障を業者に任せたほうが良い理由

先ほど申し上げたのが修理に支出した費用を査定額上昇で回収するのが困難というお話をしました。

 

これには理由があるのです。

 

業者は修理を自社内の修理工場で行ったり、業者間の横のつながりで一般よりも安い価格で修理を依頼できます。

 

そのため、この安い価格や自社で修理できるときのコストによって、上昇する査定額が変わってくるというわけです。

 

このことから、あなたは利益額を多く含んだ修理費用を払うのに対して、業者はそのような利益がないか小さいということになります。

 

支出した費用額で考えると、どう考えてもあなたのほうが不利であり、これを査定額上昇で回収するというのはほとんどの場合不可能です。

 

以上理由よりあなたは修理費用や交換費用が高くなるような場合に、修理をせずに査定をしたほうが良い理由になります。

クラクションが鳴らなくても大丈夫!そのまま査定に出せる

クラクションが鳴らないからといって大幅な査定減額をされるということはまずないでしょう。

 

ただし、業者としては車を安く買いたいという思惑がありますので、減額を大幅に取るケースがあることも事実。

 

そのため、他の業者と査定額を比較してどの程度が減額の相場なのかどうかを見極めるのが大切です。

 

間違えても、1社のみの査定に頼って車を手放さないように気をつけてください。

 

以上をまとめると、クラクションが故障しているときは、簡単に直る場合を除けば交換や修理をすることなく、査定に出したほうがお得ということになります。

 

以上、「クラクションが鳴らない車を売る」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。