中古車を買うときも売るときも店を見て判断するように言われます。

 

なぜこのようなことが必要かといえば、車を買ったときは何かしらのサポートを期待していたのにそれが受けられない、車を売ったときには名義変更などをしっかりしてくれないなんていうトラブルも少なからずあります。

 

中古車売買店というのは、ある程度お金があれば誰でも簡単に始められる反面、様々な業者がいるのです。

 

中古車を取り扱う店舗はかなりの数があると思いますが、どのような基準で判断すればよい店とめぐり合うことが出来ると思いますか?

 

こちらでは中古車を探す上で大切な店選びについてみていきますが、まずはその前に中古車の探し方について復習してみます。

中古車を探す方法は「本」「店舗」「ネット」

中古車を探すとなればよくあるのは、カーセンサーやグーなどの中古車情報誌を見ることでしょう。

 

昔からある方法で現在も王道であり、見易さや比較しやすさでは他よりも優れています。

 

反面、一般的な車以外を探すとなるとちょっと物足りないでしょう。

 

次に店舗を見るという方法で今回ここでお話の柱にするものです。

 

中古車を見て買わなければいけないわけですが、実質問題としてプロでも中古車の状態を完璧に見抜くことは難しかったりします。

 

そのため、それを売る店舗でよい車かどうかを判断するという方法になります。

 

後にお話しますが、これは完璧ではありませんので、その限界については知っておく必要があります。

 

わりと抽象的な判断基準に依存するということもあって、確実なのはしっかりと保証を受けられるかというところがキーポイントになるでしょう。

 

最後に現在は多くの方が手軽にインターネットを使いますので、これでカーセンサーやグー、またはヤフーオークションであれば個人売買の物件を簡単に探すことができますね。

 

探す容易さはありますが、他の2点以上に取引について細心の注意を払う必要があります。

 

おとり広告や詐欺にあう可能性も十分にあり、注意して利用していかなければいけません。

 

なお、これら3つをあわせた方法として、中古車をネットで業者が探してくれるサービスもあります。

 

保証期間もしっかりとついていますので、もし興味がある方は利用が無料なので詳細を確認してみてください。

 

⇒中古車情報誌に載らないような車データを集めてくれるサービス詳細

 

では、続けて中古車販売店の見方についてみていきます。

中古車販売店選びの限界

どんなことでもそうですが、完璧に良い店というのはなかなか成立しないことを前提としてください。

 

確かに探せばあるかもしれませんが、探すだけ時間や手間が掛かって大変ですし、その要素が必ずしも安心して利用できる情報でない可能性があります。

 

そうですね、もし必ず大丈夫な店はどこかといえば、あなたが中古車店を始めることでしょうか。

 

まあ、しませんよね^^;

 

そのため、特定の目的についてよい店というものを探す必要があります。

 

例えば車を売るなら大手車買取店を選べばある程度規則が決まっているので、名義変更をしないでトラブルにあったという可能性を大幅に除去できます。

 

次に詳しく見ていくのは、経営上優位なお店はどんなものかという観点で見ていきます。

 

人などについてみていくとキリがありませんので、経営上のポイントで優良店かそうでないか判断するのが望ましいといえます。

 

どんなに良い店も儲かっていないなら厳しい手法をとらざるを得ないということを前提にお話していきます。

売れていない車を抱えている店

いつ見ても目玉商品みたいに掲示されている車が売れていない店は注意が必要です。

 

目玉商品なのに売れないというのは、その商品か販売店自体に何かしらの欠陥がある場合が多いです。

 

私の家の近くには、初代audi TTが店の一番見えるところに飾られていますが、価格と古さから全然売れていないで数年間そのままです。

 

車販売店は基本的に車が売れてこそなので、一番目立つところにある車が売れないような店は避けたほうが無難でしょう。

整備や清掃を怠っている店

車を見に行って、買うことが決まったときに後から大掛かりで整備するような販売店は避けたいところです。

 

実はどこの店もこの傾向があります。

 

というのも、中古車を多く抱えたら整備なんてしていられませんからね。

 

ただし、問題は私のような素人が見て余るような整備放置です。

 

車体が汚いなんていうのは論外で、特にドライバーから見えるところが汚いことや、ボンネット裏が汚いなんていうのは整備を怠っている証拠です。

 

基準として、普通の人が車を買うときに見る場所、運転席から見える場所やエンジンルーム周辺について買う気が失せるような整備や清掃が行き届いていないときは要注意です。

社内規定がない可能性がある店

国を管理するときには、法による統治が効果的ですが企業についても同じです。

 

途中でお話した車を売るときには大手車買取店がトラブルが少なくてよいということをお話しましたが、規定がある店が良いのはこういうことだったのです。

 

逆に規定がない店では、名義変更などをうっかり忘れてしまったり、後回しにしてしまったりでトラブルになるということです。

 

大きい業者が良いということは必ずしも言えることではありませんが、小さい業者よりも安心できる要因はこのような点になります。

 

なお、最大手車買取業者のガリバーでは名義変更した後にはがきが送られてきて、確実に行われたことが告知されます。

営業をしているときとしていないときが気まぐれな店

営業時間が定まっていなかったり、営業日が気まぐれで変わるような店は避けたほうが良いでしょう。

 

なぜかといえば、実はこのようなお店は店を営業しなくても何かで儲かっていたり、オーナーが趣味でやっているだけの可能性があるからです。

 

これらが悪いということではありませんが、評判ひとつで店の経営がままならないリスクを抱えている店とそうでない店では、どうしても前者のほうがあなたにとって良い店であることが多いです。

 

売る気があるのか無いのか、ということを判断するのに営業を気まぐれで行っていないかどうかは良い判断基準になるでしょう。

完璧は無理!少しでも可能性をつぶしていくことが大切

冒頭で申し上げたように完璧に理解することは難しいでしょう。

 

どうしてもというなら現実的ではありませんが、あなたが中古車店を経営するのが一番望ましいでしょう。

 

どんなに注意をしても中古車の取扱についてはリスクが伴うものです。

 

そのリスクを少しでも避ける、車を売るなら規則がしっかりしてそうなところに売る、車を買うならアフターケアを付けてくれるところで買うなどです。

 

あとどんな企業でもそうですが、会社自体がつぶれるということもありますので、過度な期待などをしないことも重要です。

 

ここまで申し上げてきたことで、結局中古車買取・販売店は信用できないのか?と考えてしまいますが、結論から言うとそうなります。

 

ただし、完璧なものがない前提で最適な車選びを行うことは十分に可能です。

 

ですので、中古車を売ったり買ったりするのはリスク付きの案件であることを理解したうえで、そのリスクを最小にするようにしてください。

 

そのときには、先ほどの基準を適時に使ってみてくださいね。

 

以上、「中古車探し方のコツは店選び」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。