冬になる前からスノーボードファンは、ボードの手入れを始める方が多いですね。

 

スノーボードは主に冬に行うもので、似たようなサーフボードは夏にもありますが、両者は似ていても全く違うスポーツであることはやったことがある方ならわかると思います。

 

難易度としてはスノーボードのほうがサーフボードに比べて簡単なので、ユーザーが多いことからもこの季節を待ち望んでいるスノーボードファンは多いのではないでしょうか。

 

今回はそんな方のために、雪道を走るのには適している車とはどんなものかというお話をしていきます。

4WDのSUVがスノーボードには最適

一番良いのはSUVという種類の車で、まさに悪路を走るために作られた車であり、スノーボードにいくなら一番良い車となります。

 

最近は街で乗るようなものも多いですが、本来はSUVは悪路走破性が高い車なのです。

 

この車の条件は大型のタイヤに高い車高、そして4WDもしくはFFという駆動輪を持つ車となります。

 

当然ですが、タイヤの種類ももちろん重要です。

 

注意して欲しいのがスタッドレスだけで万能ではないということ。

 

スタッドレスはとても良いタイヤですが、やはりチェーンが必要な場所というのは存在します。

 

当たり前ですが、スタッドレスでないならほとんど間違えなくチェーンが必要になりますので、物自体を準備することにあわせて、チェーンを装着することも準備しておいてください。

 

⇒タイヤチェーンの巻き方はこちら

 

その他、ルーフキャリアが搭載できるか、または既に装着してあるかなども重要ですが、車選びという点については、悪路が難なく走れるかということはとても重要です。

 

そのため、日産エクストレイルのようなSUVが最適であるということを確認して欲しいと思います。

車中泊ならばミニバン級のスペース必須

最近のSUVは中型のものが多く、また小型のものも増えてきました。

 

これは、ポストミニバンの位置づけで販売されていることもあり、都市圏において利用できるようなSUVが増えてきたことが大きな理由でしょう。

 

見た目としてはかっこよく、さらには比較的安価ということもあって、人気を博していますが実は車内スペースについてはそれほど広いとはいえません。

 

特にミニバンからSUVに乗り換えた人にとって、車内スペースが狭いことはかなり実感するようです。

 

車中泊においても、小型から中型のSUVでは、少人数ならまだしも、4人ほどで車中泊をすることは若干無理が出てきますので、注意が必要でしょう。

スノーボードの車内積みについて

ルーフキャリアがあればとても便利で、スノーボードの置く場所などを考えなくてもよいのですが、ない場合には当然車内に積まなければいけません。

 

もっとも、安全かつ楽なのはリア部分に積めれば最高ですが、そうでないならばうまく立てるか、二列目に寝かせる必要があります。

 

ここでも、SUVとミニバンではかなり性格が変わってきて、多少無理の利くミニバンと狭いSUVではそれが難しくなるので、搭乗人数が少なくならざるを得ないでしょう。

 

特にSUVを選ぶときには、ルーフキャリアが付いていないならば、後ろ部分に簡単に積むことが出来るかということを確認したいものです。

 

なお、車内に積むときには縦積みが一番場所がうまく取れますが、しっかりと固定することや他の荷物につぶされないように注意してください。

雪道に不慣れなら細心の注意をする

車が良くても当然ですが運転する方のスキルも重要です。

 

運転がうまいことに越したことはないですが、下手であっても注意して運転できれば大丈夫です。(私は運転が下手なので人一倍注意しています)

 

運転の仕方ですが、まず第一にスピードを普段の半分以下で走るようにしてください。

 

雪国の方はよく言うことですが、なぜ都市部の人はあんなにスピードを出して雪道を走るのか?ということです。

 

雪道では車がとまりきれない、曲がりきれないのは当然よくあるので、現地の方はスピードを出さないのです。

 

対して都市から来た不慣れな方はスピードを出してしまうので、止まりきれなかったり曲がりきれなかったりして事故を起こしてしまいます。

 

そのため、スピードは普段の半分以下であることを常に確認してください。

ルーフキャリアはどんなものが良いのか

ルーフキャリアはボードを運ぶのに大変適しています。

 

特に車載人数がぎりぎりなら、荷物を置くスペースがなくなりますからルーフキャリアはとても重宝しますね。

 

ただし、ルーフキャリアにも種類がありますし、気をつけないといけないことが何個かあります。

 

まず種類ですが、密閉して運べるタイプとむき出しのものがありますがどちらのほうがよいのでしょうか。

 

密閉に関してはそれほど注意点はありませんが、むき出しの場合にはボード自体に多少の準備や覚悟が必要です。

 

というのも走行中にはむき出しになっていますので外気の影響を受けます。

 

ボードには鉄のエッジが付いていますので、こちらが錆びてしまうことがありますよね。

 

そのため、サビ防止など外気の悪影響に対処する必要があるでしょう。

 

このさび部分をゲレンデについてから研磨したりしなければいけませんし、そういったシーンって結構見ますよね^^;

 

またルーフキャリアは老朽化しやすいので、取れてしまわないか常に確認しておくことが大切です。

 

高速道路で取れてしまうと大変で、ニュースになるほどの大惨事になってしまうこともなきにしもあらず。

 

そのため、特に自分の車ではないときほど、ルーフキャリアが安定して付いているかということを確認したいところですね。

 

雪国の近くに住んでいるわけではないなら、中長距離を走らせないといけませんから途中で脱落したら大変です。

 

ルーフキャリアは作りが安いことが多いので、老朽化には気をつけてください。

レンタカーは早めに手配しないと良い車は取れない

以上より、SUVが最も適しているわけですがレンタカーで借りるとなると競争が激しい場合が多いでしょう。

 

そのため、スノーボードツアーの予定が決まったらすぐに予約しておさえておくと良いでしょう。

 

妥協して狭い車や雪道を走るのに適していない車を選ばないといけないときには、せっかくの旅行も台無しです。

 

どんなにサイズが小さくても、特に雪道が不慣れならスタッドレスタイヤが付いているもの、そして駆動輪は4WDが理想ですが、最悪でもFF(前輪駆動)を選ぶようにして、基本的にはFR(前にエンジンで後輪駆動)の車は選ばないようにしてください。

 

とはいえ、現在は主流がFFになっているのでむしろFRの車を探すのは難しい状況だったりするのですが・・・

乗る人数と積載量を確認して車を選ぶ

ここまで当たり前のことばかり確認してきましたが、実際その当たり前のことがうまくいかないからこそ、強く言いたい部分なのです。

 

つまり、何人で旅行に行くかによって、選ばなければいけない車が決まる場合もあり、さらには、その荷物をどうするのかを車の荷物スペースやオプションスペースで解決します。

 

さらに可能な限りは4WDで、少なくともFFの車で悪路を走りやすい車を選びたいところですね。

 

車の種類については運転技量によるところも大きいわけですが、注意しすぎて困ることはありませんから、ケチらずに快適な車を手配できるようにしましょう。

 

レンタカーならばそのようなところで、持ち車やこれから車を購入する場合には、オプションパーツでうまく解決できるかを考えるのも大切な要素でしょう。

 

いずれにしても、楽しい旅行が台無しになるようなことは無いように、安全と積載量に気をつけて欲しいと重います。

 

最後に大事なことなのでもう一度いうと、スタッドレスタイヤであってもチェーンは積んでおくようにしてくださいね!

 

スパイクタイヤを使っているならばよいですが、おそらく日本で装着している方はほとんどいないでしょうから^^;

 

以上、「スノーボードにオススメと車選び」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。