車の輸送費は高く付きますよ。

 

何か物を送ったことがある方なら分かるでしょうけど、配送をするときには大きさと重さ・輸送方法によって料金が変わってきます。

 

車の場合には、全ての点について高く付く要素が高いです。

 

大きさと重さは当然として、輸送方法としては専用のトラックで運ぶしかありません。

 

遠いときには船を使ったり電車を使ったりと積み替えも多かったり、面倒が伴います。

 

そんな輸送費は高く付く、当然ですよね?

 

でも出来れば安く済ませたいのが輸送費という声も多いです。

 

今回はこの高く付く輸送費の相場と節約方法についてみていきたいと思います。

輸送費の相場をまずはチェック

車の輸送費は主に距離によって変わります。

 

隣の都道府県については2万ほど、それよりは少しはなれると4万円~6万円、関東から関西などそれなりに距離があると10万円を超えるケースも少なくありません。

 

新車で買うなら全く気になることではありませんが、予算が限られている中で中古車を買うときはかなりの悩みの種になるはずです。

 

なお、離島の場合には船での輸送になりますのでさらに高くなる場合があります。

 

輸入車では空輸する人がいるのかわかりませんが、さらに高くなりそうですね^^;

 

パーツぐらいなら空輸されるかもしれません。

納車費用を値切る方法

予算が限られている中では輸送費を値切ることによる効果は大きいです。

 

トラックを手配してもらって運ぶよりも、自分で取りにいってしまったほうが安いですからね。

 

とはいえ、納車の手数料も業者の利益で考えている場合があります。

 

このケースでは対応してくれるか分かりませんから、事前に自分で取りに行くことは可能かどうか確認しておくことが大切でしょう。

輸送費が高く感じるなら遠方の中古車は買うことを再検討する

良い車が安い!なんていうときにはなんとしても欲しくなりますけれども、実際には輸送費まで考える必要がありますね。

 

もちろん、予算などがある程度余裕があるなら良いでしょうけど、予算が厳しいときほど価格と品質を比べて価値が高い車を探したくなります。

 

でも、輸送費も含めて考えると決して安い買い物ではないケースも少なくありません。

 

そのため、中古車を選ぶときには総支出費用で比較検討してください。

 

大雑把ではありますが、同じ地域なら1万円前後、隣の都道府県なら2万円前後、それより少し離れると4万円~6万円、関東から関西などのような場合には10万円以上を目安に車を選んでみてください。

 

納車費用の節約も車屋によって対応してくれるところとそうでないところがありますので、気に入った車があって購入を検討する前に、納車費用をどうにかできるか確認してください。

 

以上、「中古車・新車の納車費用の値引き方法」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。