プリウスとアクアの比較

プリウスとアクア比較:3行要約

プリウス4代目が出てからはアクアよりプリウスのほうが全体的に有利

両者の乗って感じたのは「硬さ」だが車両重量によって感じ方は違う

モデルチェンジを控えているアクアの新車購入は危険!(ただし値引きを大きく取れるなら良い)

 

トヨタの人気エコカーはプリウスとアクアですが、予算や大きさによってどちらを買うか決めていた方は別として、そうでない方はなかなか迷う選択だと思います。

 

プリウスは4代目となりましたが、そのデザインや設計はどんどん洗練されていますし、アクアはプリウスよりもスマートな印象を与えて、生活に使ううえで狭いと感じなければ最適な選択の一台です。

 

こちらでは、プリウスとアクアを燃費や価格をはじめ、様々な視点で比較した結果を書いていきます。

買う前に知りたい
業者が保証を付けたがらない理由

セツコ

意外に知られていないことですが、良い車は市場に出回る前に業者間で買われてしまい、一般の人が良い車を安く買う事が出来ません。

「安い車を発見した!」ということで喜んでいられる状況ではなく、質が悪いから安いという現実を知っておく必要があります。

逆に良い中古車は高い金を出して探すことになりますが、今はネットで業者間取引されている一般非公開車両を見ることが出来ます。

またネットだと有利な事が多く「最長10年保証」「返品に対応」と普通に店舗で探すよりお得です。

もしあなたが中古車選びで失敗したくないならば、ネットから業者と同じ立場で車探しをオススメします。

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

プリウスとアクアのスペック比較

比較内容/車種プリウスアクア
ボディー形状ハッチバックコンパクトカー
車体重量1,320kg1,060kg
排気量1.8リッター1.5リッター
最大出力98ps74ps
最小旋回半径5.1m4.8m
燃費(JC08モード)39.0km/L38.0km/L
車体価格251万円~178万円~

※プリウスはEグレード、アクアはLグレードのデータ

※2019年1月データ

 

主に大きさに起因する違いが見て取れると思います。

 

車体が大きいプリウスは居住性や出力で有利ですが、価格面ではコンパクトカーベースのアクアが有利になりますね。

 

燃費に関しては長らくアクアのほうが有利だったのですが、現在はプリウスのほうが有利です。

 

これは新しい車のほうが設計自体で有利な場合が多く、アクアはそろそろ旧式化している車といっても良いのかもしれません。

車体価格の差は70万円ほど

プリウスとアクアの車体価格は離れていますが、グレードを通じて70万円ほどあります。

 

従来はプリウスのほうが旧式の車で、アクアのほうが新しかったのですが、ここ数年でその立場が逆転してしまいました。

 

そのため、過去において「プリウスもよいけどアクアもいいね!」なんて言っていたのですが、現在では値引き可能性以外はプリウスのほうが優勢です。

 

もちろん、旧型のプリウスを引き合いに出せば話は別なのですが、新車同士で比較した場合には、車体価格以外はプリウスのほうが有利といえるでしょう。

車内はプリウスのほうが良いが内装は残念

車体が大きい分だけ車内スペースにおいては、プリウスが居住性では有利で、アクアは高さを低く作っていることもあって車内は狭いです。

 

このことは後部座席で大きな違いがあり、人を乗せるならばアクアの選択は望ましくないと言えます。

 

長時間のドライブには、車体の大きさは快適性に影響してきますので、居住性重視ならプリウスを選ぶべきでしょう。

 

ただし、運転のしにくさも車体が大きい分だけ不利となりますので、運転のしやすさでいえばコンパクトカーベースのアクアのほうがよいといえます。

 

この辺は、特に搭乗者にも意見を聞くべきだと思いますので、試乗のときには奥さんや子供などをつれていくことをオススメします。

 

また、アクアの全高は1,445mmであり、競合のホンダフィットと比べても背の低い車となっていますので、ここでも比較をする必要がありますね。

走行性能は試乗動画を見て!

プリウスとアクアの違いは試乗動画を見てもらうと分かりやすいと思います。

 

良くある乗りながらしゃべるタイプではなく、走行時の映像を2つのカメラを使って撮影していますので、あなたが乗っているような感覚で見ることが可能です。

 

 

まずはプリウスですが、車体が重くもっさりとした操作感でした。

 

ハンドル周りは電子制御がきいていて、未来の車に乗っているという実感はありますが、終始車体の重さが気になります。

 

内装チェックも最初にしたのですが、見てわかるようにそれほど良くはありません。

 

プリウスを買ううえでどうしてもファブリック感(布地)のある内装が嫌ならば、高グレードか良いシートをオプションで入れることをおすすめします。

 

次はアクアですが、内装自体はプリウスに近く、コンパクトカーとしては悪くないほうといえるのかもしれません。

 

 

モーターでの加速なのでなかなか加速が良いのですが、GPSでスピードメーターを入れていることもあり、気前よくアクセルを踏めないのが残念です。

 

アクアはプリウスに比べて車体が軽いので(それでもコンパクトカーとしては重いけど)、運転していて楽しい車であり、それは逆の意味でジャンク間がありました。

 

というのもプリウスにあったようなハンドル周りの電子制御などは特に感じられず、良くも悪くも普通の車という印象です。

乗り心地はどちらも硬め

試乗したうえで乗り心地について話すと、かなり信ぴょう性が増すものだと思っていましたが、それ以上にしっかりとした話ができます。

 

まずどちらの車もブレーキが回生ブレーキになっているので、普通の車と踏む感覚が異なり、慣れるまではうまく乗ることが出来ないでしょう。(試乗ぐらいでは当然慣れなかった)

 

ただ、プリウスとアクアではおそらく重量によるところで乗り心地の硬さという意味は変わってきます。

 

プリウスの場合には車体が重いこともあって、乗り心地が固くても操作感での話であって、乗っている人にとってはそれほど硬いということを感じないでしょう。

 

反面、アクアの場合には乗り心地が硬いことは運転している人は当然、乗っている人も感じるほどの車で、運転している人としてはこちらのほうが良い意味でジャンク感があり楽しいのですが、乗っているほうはつらいかもしれません。

 

まとめると、プリウスもアクアも燃費向上のためにか分かりませんが乗り心地は硬めですが、重量が違うだけに受ける印象も若干異なるのは、少し楽しいところではないでしょうか。

グレードや装備・オプションの選ばれ方

グレードなどの選択余地がある部分にお金をかけるかどうかは、車体価格が影響してアクアのほうが高いグレードや装備、オプションを選びやすい傾向と見ています。

 

これは、アクアを購入するユーザーが、長く乗ることを想定してオプションなどの選択肢にお金をかけているものと考えています。

 

ケースとして、30代前後が軽自動車から買い替えを行うときに、またシニア層が定年後に長く乗れる車にと、購入するときにアクアが選ばれる傾向が強いようです。

 

プリウスに関しては上位グレードが300万円を超えることもあり、アクアほど積極的に選ばれているとは言えません。

 

その理由は300万円を超えるならば他に選択肢もあるので、わざわざプリウスを買わなくても良い、と考える人が多いのが理由なのかもしれません。

維持費もそれほど変わらない

ハイブリッド車を濃く入試手割と気になるのは維持費ではありませんか?

 

車の維持費といえば、エコカー減税やグリーン化税制で減免される税金、さらには燃費の良さが考えられますよね。

 

ただ、残念ながら、プリウスもアクアもそれほど年間維持費は変わらないかもしれません。

 

燃費性能については、JC08モードといういわゆるカタログ燃費であり、実燃費については0.6掛けしたほどに落ち着くといわれていますので、少ない差があっても結局これについても0.6掛けであることをお忘れなく。

 

維持費で最も大きい要素は駐車場と自動車保険であり、これらは駐車場ならば地域が影響し、自動車保険ならば等級と年齢が影響します。

 

さらに、一般にハイブリッド車は車体価格が高いわけで、これを有利な維持費で取り戻そうと考えることは、実は良い考えではないのです。

 

つまり、プリウスとアクアを比べても維持費にほとんど違いはないですし、同クラスのガソリン車などと比べても車体価格が高いのでそれほど意味がない、むしろ総支出としては損である場合すらあります。

 

2019年初頭においては、プリウスもアクアも燃費はほとんど変わらず、燃費の点でどちらを選ぶか悩むということはまずないと思いますが、その選択の可能性すらなくなるほど両者の燃費は近いです。

プリウスとアクアの違い:まとめ

プリウスとアクアのどちらにするかという点でいえば、2019年現在はプリウスのほうが有利です。

 

その理由はプリウスが4代目の新モデルになった段階で、燃費も構造も一新されている点に加えて、モデルチェンジしたばかりなのでしばらくはモデルチェンジしないということも買いの理由です。

 

逆にアクアについてはそろそろフルモデルチェンジの時期であるために、値引きを多く引き出せるならば買いといえるでしょうけれども、その場合はわざわざ新車で買う必要はないとも言えます。

 

どうせ新車を買うならばモデルチェンジ後に買うべきであり、アクアは新車を買うのは待ちで良いという評価です。

 

車の性能的には乗っていてアクアのほうが面白いのですが、人を乗せるなら断然プリウスであり、このような利用目的の観点でも比較してみてください。

 

以上、「プリウスとアクアの違い」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。