日本ではどうにも人気が出ないセダンですがこの車種は車の基本形です。

 

欧州では依然として人気車種ですね。

 

そのため、欧州で販売を強化しているメーカーを選べばよいと考えますよね?

 

例えばスバルやマツダ、日産は欧州での販売をするために製造している車も多いことが特徴です。

 

この中で車を選ぶなら、よい国産車セダンを選ぶことが出来そうですね。

 

でも実は国内での人気車種ランキングを確認したら異なる動きが確認できました!

 

セダン人気車種比較表を確認してから続きをご覧ください。

 

なお、こちらは国産車の売れ筋車種を左から右へ並べています。

車名カローラアクシオクラウンアクセラ(新型)プレミオSAIスカイラインアリオンマークXISティアナ
メーカートヨタトヨタマツダトヨタトヨタ日産トヨタトヨタレクサス日産
室内長(mm)1945197518452055204019652055197519452130
室内幅(mm)1430151015051450150514651450150015001515
室内高(mm)1200119011701205121010851205117011701215
総排気量1496cc2493cc1496cc1797cc2362cc3696cc1797cc2499cc2493cc2488cc
車両重量1090kg1650kg1450kg1230kg1590kg1660kg1230kg1510kg1670kg1460kg
乗車定員5人5人5人5人5人5人5人5人5人5人
最小回転半径4.9m5.2m5.2m5.3m5.2m5.5m5.3m5.2m5.2m5.7m
JC08モード燃費33.0km/L23.2km/L30.8km/L19.2km/L22.4km/L18.4km/L19.2km/L11.8km/L23.2km/L14.4km/L
自動車取得税100%減税100%減税100%減税40%減税100%減税80%減税40%減税0%(減税なし)100%減税0%(減税なし)
自動車重量税100%減税100%減税100%減税75%減税100%減税75%減税75%減税0%(減税なし)100%減税0%(減税なし)
自動車税(軽自動車税)概ね75%減税概ね75%減税概ね75%減税概ね50%減税概ね75%減税概ね50%減税概ね50%減税0%(減税なし)概ね75%減税0%(減税なし)
車体価格帯139万5000円
から
209万750円
353万円
から
513万円
176万円
から
307万円
171万円
から
242万3500円
330万円
から
433万円
449万6100円
から
553万7700円
170万円
から
268万円
244万円
から
315万1000円
420万円
から
595万円
249万9000円
から
313万2000円

 

あなたがアクセスできる中古車情報は全体の3割だけ

中古車情報誌のgooやカーセンサーに載っている中古車情報では全体の3割しか見ることが出来ないことを知っていますか?

一般の人が見ることが出来る情報は全体の3割

残り7割の非公開情報を見たい方はこちら

中古車探しサービス

セダンではトヨタ勢強すぎ・・・

私としてはスバルとマツダの一騎打ちになるかと思ったのですが、なんとふたをあけてみたらトヨタ勢の圧勝というところでした。

 

なお、1位のカローラアクシオですが法人がリースに使っているケースが多く、それがランキングへ影響しています。

 

もちろん、一般の人にも人気はありますがこのような影響があることをご留意のうえでご覧ください。

 

そのような影響を加味したうえで、セダン人気ランキング2位にはトヨタクラウンとなっています。

なんだかんだでトヨタクラウンは人気

トヨタクラウンといえば、昔ではゴールの車といわれていましたが現在ではどんな立ち位置なのでしょうか。

 

高級車に乗りたい人は海外の車を乗りますし、現在ではトヨタクラウンはソコソコ高い国産セダンというところなのでしょうかね。

 

そういう意味では、より手の届き易い国民的上級セダンというところで昔と変わらないのかもしれません。

 

ただ、ゴールとはなりえないのが現在の状況ですね。

 

一番下はカローラから上はレクサスISまで意外にトヨタがセダンに日本市場で支持されていることを再確認しました。

マツダアクセラは大健闘!

スバルレガシィはどこにいってしまったのでしょうか^^;

 

トヨタ包囲網に囲まれている中で、マツダアクセラは大健闘していますね。

 

こんなことをいってしまうと、トヨタ好きの方になにか言われそうですが、どうしてもトヨタのデザインってどんくさいというかぱっとしませんよね?

 

そういったところにマツダ車のデザインやコンセプトが刺さったのだと思います。

 

年配の方はマツダの昔のイメージからどうしても嫌だという人も少なくないでしょうけど、若年層から中年層までに支持されているのがマツダアテンザのようですね。

 

⇒マツダ地獄って知っていますか?年配者がマツダを嫌がる理由

 

私も国産セダンを買うのなら、マツダ車のディーゼルエンジンを買うと思います。

 

トヨタ車のデザインがぱっとしない(正直ダサい)理由

トヨタ車のデザインがどのように決定しているか知っていますか?

 

これは私がトヨタの中の人ではないですから聞いた話で確実なお話ではなく申し訳ないのですが、多数の役員や役職を通過してようやく決まるというものでした。

 

聞いた話によると100人以上を通過しなければいけないというのは本当なのでしょうか^^;

 

素敵なデザイン案が、まるでとがった小石が長い年月をかけて丸くなるような個性の無いものに・・・

 

社内でデザインについて多くの人で相談するのでどうしてもとがったデザインは通らないのです。

 

そのため、トヨタ86の開発にはそのようなプロセスをなくしてもらった経緯があってあのボディーが生まれました。

 

そのときには、どうして私もデザイン考察に組み込んでくれなかったのかと外された人は文句を行ったようです(笑)。

日産車ってどうなのでしょ?

日産車も欧州で売ることを意識してのつくりでしょうけど、私としてはあまりオススメが出来ません。

 

過去においては日産の車は非常に好きだったのですが、最近はどこかぱっとしないといいますか誰に何を売りたいのか全く分かりません。

 

トヨタとホンダは全方位車種展開で成功したのに対して、日産がうまくいっていないのはこのような方向性が見えないところをユーザーも感じているのではないでしょうか。

 

私は今の日産車は買いません。

 

別に日産が嫌いなのではなく、選ぶ理由が乏しいからです。

 

昔のようにスカイラインGT-Rなどの車が戻ってきたときには考えたいと思います。

 

日産には、もう少し頑張って欲しいというのが昔からみてきた1ユーザーの意見です。

高級感が欲しいならば輸入車かレクサスなのか

一般的にセダンが好きな方は、昔から車が好きな方か、もしくは高級感が欲しいからでしょう。

 

超高級車のほとんどはスポーティーカーですが、そこまで車自体は好きではないが、ブランディングには必要ということでセダンを選ばれる方は、高級志向であることが多いですね。

 

さて、そのような場合には国産メーカーであればレクサスを選ぶか、もしくはドイツメーカーのメルセデスやBMW、最近強いアウディを選ぶべきでしょう。

 

レクサスは割りと身近で確かに高級なのはいうまでもありませんが、実は輸入車は値段がそれほど高くないグレードもあり、中古で買うことを考えるとかなりお買い得な場合があります。

 

そもそも、真の車好きでもないのに、車にお金をかけすぎるのはナンセンスです。

 

もし、ブランディングやステータスとしてセダンが欲しいならば、輸入車の中古を狙うのはとてもお得なのでオススメです。

 

逆に一番悪い選択としては、国産ミドルクラスの型落ちセダンを中古で買うことで、特別な改造を施したい以外では、ブランディングのために今更買う必要はないでしょう。

ハイブリッドのセダンでオススメは?

近年はハイブリッドモデルが多くなってきて、セダンにおいても登場していますね。

 

このときに、ボディーのモデルとしてセダンを買うのは確定していたとして、国産ではどれが良いのか?ということを考える方も少なくありません。

 

そのような状況下であえて申し上げると、オススメはありません!

 

なぜオススメしないのかといえば車体価格が無駄に高いだけだからです。

 

そもそも、セダンが欲しい場合には、少なからずブランディングやステータスとしての性格を欲しいと考えられるのですが、車体価格が高ければよいというわけでもありません。

 

このような考え方は、日本の過去のバブル期ならばまだしも、お金が余っているから一番高いハイブリッドモデルを買うみたいなことは、あまり意味の無いことです。

 

それよりも、乗り心地を考えれば大きなガソリンエンジンを搭載した、ゆったり乗れるセダンを買うほうが良いでしょう。

 

そのため、私が感じるところではありますが、車体価格が無駄に高くなるセダンハイブリッドモデルは、技術先進性で購入するというならまだしも、それ以外の理由で購入する必要はないでしょう。

国産セダンが好きな人はトヨタorマツダがオススメ

多少お金がどうにかなるならお勧めはドイツ車です。

 

メルセデスベンツやフォルクスワーゲン、アウディーにBMWなどはセダンに強みがありますし、欧州ではメインの車種ですから製造ノウハウや技術は現在も高いままです。

 

対して、日本においては現在コンパクトカーブームから軽自動車やエコカー・ミニバンなどセダン市場からは離れているように見えます。

 

そういう状況ですから、欧州車を選べば間違えないというところです。

 

ただし、国産セダンが欲しいなら人気車種ランキングを見て分かるようにまずトヨタから見ていけば良いでしょう。

 

どうしても高い年齢層向けのセダンが多いですが、トヨタSAIやマークXなどもあります(ただし、人気がないのですが・・・)。

 

また、マツダはデザインも欧州車に通じるものがありますから、かっこいいと感じるならその感情を持ってディーラーに試乗に行きましょう。

 

国産セダン人気車種ランキングではあげませんでしたが、スバルレガシィも走行性能が高いセダンです。

 

走りの性能も気になる方はスバルのディーラーにも行ってみたらよいと思います。

 

トヨタのデザインやコンセプトが問題ない方はトヨタ車を、合わない人やダサいと感じた人はマツダやスバルを確認してください。

 

お金が多少余裕があったり妥協を許さない方は、「ベンツ・BMW・アウディー・フォルクスワーゲン」のディーラーに行ってください。

 

以上、「国産セダン人気車種ランキングで車選び」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

 

なお、他の車種についても同様の記事がありますのでよろしければご確認ください。

 

⇒suv比較ランキングはこちら

 

⇒ミニバン比較ランキングはこちら

 

⇒コンパクトカー比較ランキングはこちら

 

⇒軽自動車比較ランキングはこちら

 

⇒ステーションワゴン比較ランキングはこちら

 

⇒エコカー比較ランキングはこちら

 

⇒スポーツカー比較ランキングはこちら

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。