車中泊できる車なら遠出のときには非常に嬉しいですよね。

 

郊外にいくとどうしてもホテルや旅館が探せなかったり、あっても部屋が埋まっていたりとどうしても不安や不満があります。

 

こんなときに、車中泊に適している車ならパーキングエリアで軽く休むこともでき、遠出のときは非常に気が楽ですよね?

 

ただし、キャンピングカーや大型の車じゃないとこういった環境は得られないのではないか・・・と思いますが実はそうでもありません。

 

車の選び方を間違えなければ、充実した車中泊をすることができます!

 

今回は、そんな車中泊に適した車をみていきたいと思います。

あなたがアクセスできる中古車情報は全体の3割だけ

中古車情報誌のgooやカーセンサーに載っている中古車情報では全体の3割しか見ることが出来ないことを知っていますか?

一般の人が見ることが出来る情報は全体の3割

残り7割の非公開情報を見たい方はこちら

中古車探しサービス

車中泊をすることのメリット・デメリット

車中泊のメリットといえば、やはりどこでも気軽に休めることでしょう。

 

このどこでも気軽にというのは非常に大切で、宿を探して郊外で走り回ったことがある人ならこれがどれほど苦痛か分かると思います。

 

どこでも休めるので、自然豊かな大自然の中で宿をとるということも可能ですし、そういった宿について制約を受けることがない自由というのは何事にも代えられない喜びがあるでしょう。

 

対して車中泊のデメリットは、車によって車中泊の満足度が異なるということです。

 

狭い車で車中泊は満足度が低いでしょう。

 

あなたひとりなら我慢できても、レジャーであればたいてい他の人もいるケースがほとんどです。

 

このため、車の広さなどによって車中泊の満足度が変わることが欠点となります。

車中泊はフルフラットシートが無いが満足度が低い

残念ながらフルフラットシートでなければ、車中泊の満足度は低いです。

 

フルフラットシートの車ならば、全部のシートを倒した状態で平たくできますので、多少の凹凸はあれどかなり快適に車中泊ができるでしょう。

 

広い車ほど、車中泊の満足度は高い傾向ですが、軽自動車であってもフルフラットシートなら車中泊の満足度も高い状態にあります。

 

そのため、フルフラットシートが搭載されている車を選ぶことが車中泊をする場合には大切となってきます。

 

車の種類としては、キャンピングカーを筆頭にミニバン・SUV・ステーションワゴンまでは良いとして、最近はコンパクトカーや軽自動車でも快適な車中泊ができるようになっています。

 

トヨタハイエースはカスタマイズしやすい

定番中の定番ですが、トヨタハイエースは非常に車中泊向けの車です。

 

その一番の理由、自由にカスタマイズできますので例えば車中泊をすることを前提に出かけるときは後ろのシートを取っ払ってしまうなどもすることができます。

 

もちろん、フルフラットシートに対応したカスタマイズで様々な状態に対応できます。

 

ただし、トヨタハイエースのような商用バンタイプはどうしても無骨になってしまうので、好きな人と嫌いな人に分かれますね。

 

日産NV200もオススメ

またまた、商用バンタイプですが、トヨタハイエースのライバル日産NV200も良いでしょう。

 

結局のところ、シートアレンジが自由で広さが有る場合にはたいてい問題ない場合が多いです。

 

小型ミニバンホンダフリードスパイクもすばらしい

広い車でなければ車中泊をしにくいのではないかと思っている人が多いですが、ホンダフリードスパイクのような小型ミニバンでも十分に車中泊することができます。

 

やはりここでも重要なのがシートアレンジで、買うときにチェックするのはシートをたたんだときにいかにフラットになるかを確認してください。

 

ステーションワゴン型はホンダフィットシャトル

ホンダ系の車は車中泊に適している車が多いです。

 

このホンダフィットシャトルもシートアレンジがフラットになり易く、車中泊しやすい車となります。

 

軽自動車ではスズキエブリイなどの1BOXが良い

最後に軽自動車では1BOXを選べば間違えないでしょう。

 

最近流行のダイハツタントのような屋根が高いタイプでも良いのですが、やはりワンボックスが一番ですね。

 

ここではスズキエブリイが最もオススメで、流行の軽自動車がどんなに広いといってもワンボックスにはかないません。

 

大きさで言うと、全高は1910mmあり、車内の高さでも古いタイプが1310mm、新しいタイプでは1420mmになりましたので、もうこの広さは軽自動車じゃない!と驚くかもしれませんね。

 

純正だと多少難があるときには、カスタマイズすれば2人の車中泊などは高い満足が得られるはずです。

雪道の車中泊で気をつけたいポイント

車中泊の良いところはどこでも行うことが出来ることですが、車中泊する道は選びたいところです。

 

雪道では、2つのことに気をつけて欲しいと思います。

 

  • 排気部が埋まってしまうことで排気ガス中毒になる恐れがあること
  • コーナー外周部での車中泊は事故に巻き込まれる可能性があること

 

まず、車が雪に埋まってしまうことも恐ろしいのですが、もっと起こりやすいのが排気ガス中毒です。

 

マフラーなどの排気ガスを排出する部分が雪に埋まってしまったり、外に排気ガスを出せなければ、排気ガスがたまってしまうので、とても危険な状態になります。

 

エンジンをつけながら寝ることが多くなるために、必ず防ぐのは難しいように思えますが、定期的に外を確認することや、エンジンを常時つけておくようなことをしないことが求められるでしょう。

 

とはいえ、寒いときにエンジンを切るのもそれはそれで行うことが難しいわけですから、ちょっとでも排気ガス臭いと感じたときには、すぐに対応できるようにしたいものです。

 

次に、コーナー外周部ではスリップによって車が衝突してくる可能性があります。

 

基本的にはなかなか起こりえないものですが、可能性として存在する以上は対処したいものです。

 

対応策としては、当然車中泊をする場所を考える必要があり、コーナーで遠心力が働いて危険な場所は避けるようにするべきです。

 

また、逆の考え方では、内側であっても見通しが悪い曲がり角、いわゆるブラインドコーナーに車を止めるべきではないでしょう。

 

雪道での車中泊では、この2点について気をつけて欲しいと思います。

林道の車中泊で気をつけたいポイント

雪道ほどではありませんが、林道であっても車中泊で気をつけたいポイントはあります。

 

それは犯罪に巻き込まれ易いことです。

 

ドラマなどでは、よく暗い林道で殺人事件など起こりますが、そこまでいかなくても窃盗や強盗事件は起こりやすいものです。

 

ひと気が少ない林道では、計画的に犯行を行うというよりも、衝動的に行われるケースが少なくありません。

 

犯罪というのは、「犯行を行えるのではないか?」という期待があるだけで危険ですから、そのような隙が多い林道はとても危険です。

 

こちらも車中泊をする場所を気をつけるようにすれば解決することで、必ず安全とはいえませんし、その隙を突く場合もありますが、ひと気が無いよりはひと気がある場所を選んで車中泊することが望ましいでしょう。

車中泊を良くするグッズその他

最近の車は、良いシートを使っている反面、凹凸が激しいので中クラスのミニバンではフルフラットにしてもどうしても満足度が低くなるときがあります。

 

しかしながら、最近のミドルクラスミニバンや凹凸が激しい状態でも、厚手のマットがあれば問題ありません。

 

そのため、トヨタヴォクシーやノアなどでもマットをひとつ入れておくだけでいざというときの車中泊に十分に対応できるでしょう。

 

車を買うときには、シートを全部倒して、もしくはアレンジによって平たくなるか、フルフラットシートの状態を確認しておけば車中泊に最適な車を選ぶことができます。

 

車を買うときには必ずシートなどの可動部などを確認しておきましょう。

 

以上、「車中泊できる車選びのポイント」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。