子供がいる家族の車選びはどのような点を気をつければよいのでしょうか。

 

  • 車の広さ
  • スライドドア
  • 乗員人数

 

これらを考えてみるとミニバンか広い軽自動車が最適となります。

 

当然ながらミニバンや広い軽自動車は子供がいる家族に適していますが、実際どのような点をみて比較すればよいのかをこちらでは確認していきます。

あなたがアクセスできる中古車情報は全体の3割だけ

中古車情報誌のgooやカーセンサーに載っている中古車情報では全体の3割しか見ることが出来ないことを知っていますか?

一般の人が見ることが出来る情報は全体の3割

残り7割の非公開情報を見たい方はこちら

中古車探しサービス

ドアは絶対スライドドアがオススメ

子供がいる家族が車で困るのはドアの開閉であることが多いです。

 

というのも、開けるのも閉じるのも何かとリスクが付いてくるからです。

 

ドアを開ける場合には隣の車やガードレールなどにぶつけることは少なくありません。

 

実際に大人であってもそういったケースはあるはずですから、注意深くない子供であれば当然もっとリスクは大きくなりますよね。

 

またドアが閉まるときには指を挟んでしまうことがあります。

 

スライドドアでも当然そういったリスクはありますが、普通の開き方をするドアに比べればスライドドアのほうが起こりえる可能性も損傷も少ない場合が多いです。

 

ということですから、子供がいる家族はスライドドアの車を選択するのは、子供も周りもあなたも安心できるということになります。

 

広い車を選ぶデメリット

車は大きいことに越したことはありません。

 

というのも、子供が小さいうちにはチャイルドシートやジュニアシートが必要になりますが、十分な広さが無い場合には車内で移動もままならないわけです。

 

そういったことで広い車のほうが有利なのですが、ひとつだけデメリットがあります。

 

それは運転が難しくなるということです。

 

車というのはある程度運転していれば慣れるものですが、大きな車よりも小さい車のほうが運転しやすいのは誰が考えても明らかですよね。

 

そういったことで、広い車を購入すればその分だけ運転が難しいということは覚悟しなければいけません。

 

特に運転があまりうまくないという方は、試乗などして運転できるかを確認するべきです。

 

次に車内の細かい確認部分を見ていきます。

 

シートアレンジ

シートアレンジとは、どのようにシートが動かせるかというものです。

 

なぜシートアレンジが重要かというと、ベビーカーやバギーなどを積まなければいけないことが多いからです。

 

広い車なら後部に乗せることができるでしょうけど、そうでないなら後方のシートに載せるような状態になると思いますから、シートをどのように動かせるかはとても重要なことです。

 

家族で必要になる荷物は意外に場所をとることが多く、後になって積むのが大変だったということは、少なからず起こります。

 

そのために、どのようにシートが動くのか、またその載せるときのことも考えたうえで車選びをする必要があるのです。

 

あわせてチャイルドシートを複数つける場合も考慮すると、未来に向けてよい選択が出来るかもしれません。

 

⇒関連ページ:チャイルドシートを2台付ける車選び

 

ラゲッジルーム

ラゲッジルームとは車後方の荷物置き場で、セダンタイプならばトランクがありますが、ミニバンや大きな軽自動車だとそのまま車後方の荷物置き場となっています。

 

ここが広いとシートアレンジに難があっても荷物置きに困ることが無いので非常に嬉しいのですが、実は先ほどのシートアレンジもかかわってくる部分です。

 

というのも、後方のシートをたたむと広いスペースが確保できるといった状態になることも多く、軽自動車ではその傾向がよく見られます。

 

そのため、シートアレンジともあわせて確認することがオススメです。

 

また、あわせて後方のドアがどのように開くのか、または大きさについてもみておくと、例えば車庫や駐車場で後方のドアが開けない、開きにくいということをあらかじめ気が付けると思います。

 

バックモニター

バックモニターがあると、運転に自信が無い人でもうっかり後方をぶつけてしまったり、何かにあててしまうということを防ぐことが出来ます。

 

家族がいる人の車選びという点以外でも必要な装備ですが、幼稚園など車の周囲に子供がいる環境で不慮の事故が起こらないともいえません。

 

そのことを考えると見えないよりも当然見えたほうがよいのはいうまでもありませんね。

 

ちなみに、現在の車ではナビは標準で付いていますし、家族向けの車を購入すれば大体ついていますので、特に選ぶという点では必要ないかもしれません。

 

試乗は必ず家族で行くこと

ここまで見てきたように、家族がいる人の車選びは多くの場合、ミニバンか大きな軽自動車になるはずです。

 

またミニバンと同じカテゴリですが、ホンダフリードのようなプチバンも人気があります。

 

車の選び方としては説明したとおりですが、未来視点で車選びをするということも大切です。

 

というのも、子供がまだ増える可能性があるのに、それに見合ってない車を購入するというのは出来る限り避けたほうがよいということになります。

 

また、あわせてチャイルドシートなどの運用を考えると、それにあわせて大きな車を選択する必要がありますね。

 

車というのは、何度も買い替えを行えば、その分だけお金がかかります。

 

そのため、特に家族で選ぶ車については3年先の未来視点で考える必要があり、目先だけ見ているとお金がかかってしまうので、その点を参考にしてみてください。

 

以上、「子供がいる家族の車選び」でした、

 

お役立ていただければ幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。