中古車の選び方って難しいですよね。

 

プロでも判断が難しいといわれるのに素人にはどれがよいのか全くわからず。

 

価格が高いものがよいのかといえば必ずしもそうではなく、もちろん価格の安いものにはそれなりの理由がありそうです。

 

今回はこのような中古車の選び方について、簡単な注意点も説明したうえでみていきましょう。

あなたがアクセスできる中古車情報は全体の3割だけ

中古車情報誌のgooやカーセンサーに載っている中古車情報では全体の3割しか見ることが出来ないことを知っていますか?

一般の人が見ることが出来る情報は全体の3割

残り7割の非公開情報を見たい方はこちら

中古車探しサービス

年式と走行距離のバランスが大切

まず最初に年式と走行距離のバランスが取れているのか必ず確認してください。

 

というのも、古い車で走行距離が多いというのは当たり前で、こういった車は安く買うことができるはずです。

 

対して、新しい車で走行距離が少ないなら、状態が良いと判断されてたいていの場合には高い中古車となるでしょう。

 

このバランスが崩れている状態は、なにかあると考えたほうが妥当です。

 

例えば、年式は新しいのに走行距離が多いならもしかするとリースされていた車なのかもしれません。

 

必ず悪いものではないですが、走行距離と年式のバランスを確認することでその車がどのように利用されていたのか判断するうえで重要な情報を提供してくれるケースが多くあります。

価格との対応を確認

先ほど説明したように、状態が悪い車は安い、状態が良い車は高いで問題ありません。

 

ただし、状態が悪いのに高いという車も存在します。

 

基本的に比較したら、こういった車をつかむことはないのですが、唯一の選択や少ない中での検討ではこのような車を買ってしまうことも少なくありません。

 

実際のところ、どのような状態でもあなたが納得して買うのなら問題はありませんし、業者としても適切な値段で売らなければいけないという法律はありません。

 

こういった車をつかまないためにも、カー雑誌でもインターネットでも良いので絶対に比較をするようにしてください。

走行距離10万kmを超えると安くなるのはなぜ?

走行距離が10万kmを超えると一気に安くなりませんか?

 

実は8万kmぐらいから減っていくようですが、インパクトとしては10万kmとみるときっと走っている車だから質が低いのだろうと考えますよね。

 

実際のところ、質が悪いかどう場合によって変わって来ますが、10万kmまで走ると耐用部品の交換が必要な箇所があります。

 

古い車ならタイミングベルトというパーツの交換が10万kmですし、電装関連もなにかトラブルがあるかもしれません。

 

そこで、何か問題があると部品交換にお金がかかるということで、相場が安くなっているというところが正直なところでしょう。

10年経過でなぜ安くなる?

経過10年で相場は安くなります。

 

ただ、質が悪いわけではないのが特徴です。

 

最近の車は頑丈に作られていますので、10年経ったぐらいでは壊れません。

 

しかしながら、デザイン的・技術的な陳腐化はどうしても認めずにはいられませんので、そういった意味では安くなるのと燃費などの技術的な古さが目立つことが相場を下げている特徴なのかもしれません。

 

ちなみに、登録から13年目と18年目で車の税金が変わってきますので、維持費の点で注意が必要です。

 

⇒古い車の自動車税について

⇒古い車の自動車重量税について

メーター戻しなどに注意

古い車なのに、なぜか走行距離を走っていないなど不思議な状態に遭遇することがあるでしょう。

 

これは良い車なのか!?と喜んでしまうのですが、メーター戻しなどに注意が必要です。

 

メーター戻しとは、走行距離表示を戻してしまうという行為です。

 

類似なところでいえばメーター交換というのもありますが、いずれにしてもメーターの距離は実際の走行距離とマッチしていません。

 

そのため、メーターの走行距離が妥当なのかどうかといったところを常に注意して欲しいと思います。

中古車を買うときのチェックポイント

特に車に詳しくないという人でも分かるところで確認してもらえたら役に立つでしょう。

 

それぞれのパーツ部位で確認していきますが、厳密に確認できるならまだしも、そうでなくても大丈夫です。

 

実際に車に詳しい方でも全てを完璧に確認することは難しいため、大きな欠陥がないかどうかだけ見れば十分でしょう。

 

では、それぞれの部位についてどのような状況でダメなのかというところをみていきましょう。

 

エンジンは必ず見たい

エンジンは特に始動時にくせが出やすいです。

 

セルモーターがキュルキュルいってなかなか始動せずくすぶる場合や、すぐに始動しない場合には要注意といえるでしょう。

 

中古車は星の数ほどありますから、調子が少しでも悪いと思ったら避けるほうが無難です。

 

感覚に頼ることになるハンドリング

ハンドルがまっすぐなのにタイヤが曲がっているような状態はバランス取りが出来ていません。

 

バランス取りとは、タイヤを回したときに動的な重量バランスが取れているかどうかです。

 

これが取れていないと様々なところで不具合が出てきます。

 

なお、バランス取り自体はそれほど高いものではなく1本1000円前後で行うことが出来ますが、これから売る車がそのような状態では信用の置けない車屋となります。

 

車屋も驚くほどたくさんありますから、ひとつのところにこだわる必要は無いと思います。

 

内装は汚すぎなければOK

ある程度乗っている車の場合、プラスチック部品のこすれによるテカリは仕方ない部分でもあります。

 

問題はそのテカリと走行距離が合致しているのか。

 

あまり走行距離がすすんでいないのにテカリが多いのなら、メーター戻しの危険性もあります。

 

どの程度でテカリがあるのかは判断が難しいです。

 

同じ車種をいくつか乗ってみて比較したら有る程度の傾向が見えてくるでしょう。

 

外装は不自然な塗装ムラがないか確認

外装の確認にはこういった日に行ったほうがよいという日取りがあります。

 

それは、快晴の日中です。

 

曇っているときや雨のときには実は光の量が足りないので、どうしても見逃してしまうキズがあったりします。

 

ボディーのゆがみやへこみなどは光の当たり方で分かったりするケースも少なくありません。

 

このような不自然さがあるときには、傷をパテによって修理した可能性があり、例えば大きな損傷を受けたことがないという説明があった場合には一気に信用できなくなるケースがあります。

 

ただ、この場合には残念というよりもその販売店を判断することが出来てラッキー程度に考えたほうが良いです。

 

中古車は同じ条件の車がない反面、選ぶ対象は多いのですから、その販売店とのお付き合いはすることなく、違う販売店に当たるほうが無難ということになります。

 

ドアは開けたり閉じたりして付け根(ヒンジ)がずれていないか確認しましょう。

 

極端なずれや閉まりづらいドアは修復暦がある車の可能性が強いので確認してみましょう。

 

車内備品は結構欠品が多い

車内備品とは、マスターキーやスペアタイヤなどを指します。

 

車屋で売られている車でもマスターキーがなくなっている車もたまに存在します。

 

マスターキーではないコピーキーからさらにコピーを作ると鍵穴に合致しない鍵が出てくる可能性があります。

 

多くの場合、スペアキー作成業者では使えなければまた持ってきて欲しいといわれますが、受け側のシリンダーにダメージが及びますから、出来ればマスターキーからのコピーを作ったほうが良いでしょう。

 

私も過去に知人から買った車がコピーキーしかなく、コピーキーからのコピーでは鍵穴が回りにくかったです。

 

試乗時は運転しやすいかどうかを確認

試乗のときには車がまっすぐ走るかどうかや、トランスミッションの状態を確認しましょう。

 

オートマチックトランスミッションでは、変則時のショックが強いのかどうか。

 

マニュアルトランスミッションでは、感覚で難しいのですがクラッチ版が滑ってないか確認しましょう。

 

トランスミッションの故障は修理に高く付く可能性がありますから、絶対に試乗して確認すべき箇所です。

 

車がまっすぐ走らない場合には、様々な原因が考えられますが完璧を目指したいならその車は買わないほうが無難です。

 

たいていはバランス取りで元に戻しますが、最悪原因が分からなかったり全部のパーツを交換しなければいけないという羽目になったらいくら掛かるかわかりません。

 

中古車は他にもたくさんありますから、他を当たるほうが精神衛生上よろしいでしょう。

 

プライスボードやメーター等も情報源

プライスボードに書かれている情報に嘘偽りが無いかを確認してください。

 

チェック前に特に確認したのは修復暦の有無によって、見るべきポイントも多いです。

 

あとはメーターの交換がされている場合には走行距離は当てになりませんので、距離を気にするなら他の車を当たりましょう。

 

定期点検記録簿があったりすると、ある程度安心して車を買うことが出来るでしょう。

 

もちろん、これが全てではありませんがワンオーナー車としているのなら、記録と合致すれば信用できる証拠となる可能性があります。

あなたの買う目的に応じて選ぶ

ここまで簡単に中古車選びについてみてきました。

 

年式と走行距離を照らし合わせることで妥当な車なのかどうかを判断する情報となります。

 

中古車は、新車を買うよりはハイリスクな買い物ということを常に認識することが大切だと思います。

 

新車を買うよりはほとんどの場合安く買うことができますから、その安い分は品質とリスクについて負担をしているという具合です。

 

つまり、価値の低い車を安く買うことと価値がある車を高く買うというところは当然として、価値の低い車を高く買ってしまわないように注意してください。

 

あなたが安い車が欲しいなら、乗りつぶすなどの覚悟で買うことがよいでしょう。

 

ただ、高い中古車を買うことが必ずしも品質が高いというところではないことを確認してもらえたら嬉しく思います。

 

品質が高い車を買いたいけど、できる限り安く欲しいということは限界があり、多少の妥協が必要であるということが中古車を買う上で重要なのではないでしょうか。

 

以上、「中古車は年式か走行距離か?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。