乗用車を買う男性の目的のひとつに女性とのデートに使いたいからという理由があるでしょう。

 

それほど車というのは男性にとってのステータスと考えられています。

 

近年では、若者の車離れなどが言われるわけですが、女性としては同じような条件の男性なら車を持っている、もっと具体的にいえば経済力がありそうな男性を選ぶものです。

 

ただ、女性が助手席に乗りたい車というのは、結構多様性があるのです。

 

というのも、女性の趣向は一定の傾向があるけれども、実際調べてみると様々でどれが正解かということは難しいわけです。

 

しかしながら、例外について挙げていってもきりがありませんから、ここでは先ほど申し上げた一定の傾向についてお話していきます。

 

まずは概要からどうぞ!

あなたがアクセスできる中古車情報は全体の3割だけ

中古車情報誌のgooやカーセンサーに載っている中古車情報では全体の3割しか見ることが出来ないことを知っていますか?

一般の人が見ることが出来る情報は全体の3割

残り7割の非公開情報を見たい方はこちら

中古車探しサービス

女性が助手席に乗りたい車の要素

女性の絶妙な心理があります。

 

ダサい車には乗って欲しくないけど、目立ちすぎるのも嫌。

 

燃費が悪い車も嫌!という男性からしたら「えっ!なぜ!?」というところもありますね。

 

あとはやっぱり特別な扱いを受けたいというところもあってオシャレな車が良いということでした。

 

男性からするとハリの穴を通すような要求かもしれませんが、その心理を理解してこそ?モテるのかもしれません。

経済力の評価に車は見られる

男性が保有している車について、女性が評論するのは結局のところ経済力の判定がほとんどです。

 

つまり、軽自動車よりも普通車、国産車よりも外車のほうが好まれる傾向があるのはそういうことです。

 

私はこのことが悪いことだとは思っていません。

 

というのも、実際にお金を持っている男性がモテるのは当たり前のことで、これを外部にアピールするのが車なんだろうと思っているからです。

 

反面、経済力よりも相性が大切ということならそれもそれでよいでしょう。

 

ただ、男女のマッチングに車を使って判定できるということは、経済力を重視する男女にとっては非常に都合が良いということになります。

 

そのため、車を使って男性の経済力を判断するというのは乱暴なところもありますが、多かれ少なかれ外れすぎることはありませんから、車によって判定されることは悪いことではないのです。

 

しかしながら、そうなってくると外車批評となってしまいますから、こちらでは価格はそうでもないけれども、女性に好評な車を探してみました。

 

つまりは、極端に高すぎる車はこちらではお話に出していませんので、私も含めて世の中の男性も安心してみることが出来るのではないでしょうか^^;。

 

では、どんな車が良いのか具体的にみていきましょう。

 

エコカー筆頭のトヨタ:アクア・プリウス

過去においては経済力があるとは見られませんでしたが、現在では堅実な車選びということで考えられることも多いのがこの車種です。(そういう意味ではモテるというよりも結婚も意識している段階で有効)

 

そもそも昔と今では価値観が違いますからね。

 

ただし、価値観が多様化したとしても女性の本能的には、やはりもっと上の車のほうが良いというのは本音なのかもしれません。

 

もちろん、人の数だけ趣味がありますから全ての方を満足させることはできないでしょうけど、モテる戦略というのは大多数に支持されるところをいくのが王道です。

 

トヨタアクアは値段的にも200万円以下ですのでお財布にもやさしいですね。

お得な外車のフォルクスワーゲン:ゴルフ

こちらも派手さは無いけどオシャレな車ということでフォルクスワーゲンゴルフです。

 

車の大きさも運転し易いですし、なにより価格も外車にしては価格が安い!というところも魅力的ですね。

 

ただし、やはり外車といってもコンパクトカーであることには変わりません。

 

その点では、それぞれの女性の趣味に合うかどうかというところがありますので、万能な車ではないのは確かです。

かわいいと好評のミニクーパー

旧型だとちょっと小さいので好みが分かれるでしょうから、できれば新型が良いでしょう。

 

旧型はどちらかというと、男性が趣味で乗る車という印象で、狭すぎます。

 

やっぱり女性はオシャレな車がいいということなので、ミニはとてもよいチョイスですよね。

 

次に女性が絶対に乗りたくないという車について話をしていきます。

女性が助手席に乗りたくない車とは

皆さん口をそろえて嫌というものから、趣味が分かれるところまで並べてみたいと思います。

 

  • 音がうるさい
  • 派手な装飾
  • 車自体が派手
  • オシャレすぎる
  • ダサい
  • 車が汚い
  • 所有者と釣り合っていない

 

音がうるさいのは皆さん嫌ということです。

 

フェラーリなどのスーパーカーは音がうるさいのですが・・・多分それは別なのかもしれませんね。

 

派手な装飾は大型のエアロとかなのかもしれません。

 

これ自体は趣味が分かれるので分かりませんが、都市圏の人は嫌がる人が多い印象です。

 

車自体が派手なのとオシャレすぎるというのは趣味が分かれるところでしょう。

 

ダサいって全否定ですが・・・いや、これも立派な理由なのでしょう。

 

そして、車は綺麗にしておくのが大切ですね。

 

最後に酷いのが、所有者と釣り合っていないというところです。

 

釣り合わせるのなら、軽自動車に合わせたりするとよいのでしょうか?

 

イケメンなら外車に乗らないとダメなのでしょうかね。

 

どうも、所有者に対して元々不満があるような気がしますがそちらを改善されたほうが良いかもしれません。

女性が好む車体の色とは

女性が好む車のボディーカラーは次の3色です。

 

  • 白系
  • 黒系
  • 銀系

 

この色を見て「えっ!」と思った男性の方は要注意です。

 

女性は基本的に奇抜な色を求めていません。

 

男性が良いと思う車の色とは若干異なるのが、女性が好む車体の色です。

 

男性で車が好きな方ほど、スポーティーな車に乗って、赤だったり青だったりの色を欲しがりますよね。

 

でも、この色の選択は多くの場合望ましくありません。

 

女性に車の色で好まれたいならば、色は自分の趣味ではなく、女性が喜びそうな色を選ぶべきでしょう。

 

ところで、これって一般的に中古車として下取に出したときの高い価格になる色ですね^^;

 

消費市場は女性が鍵を握っているということを良く聞きますが、ここでもその性格が出ていますね。

ドライブに良いとされるオープンカー

本来は違うのですが、イメージとして勝ち組の象徴であるオープンカー。

 

この車をデートに利用できればモテるのでは?なんて考えてしまいますが、実際はちょっと違うようです。

 

ちょっと手厳しい!と感じてしまったのですが、オープンカーが好きなのではなく、オープンカーが似合う男性が良いのです。

 

つまり、オープンカーが似合う男性がメインで、車はオマケみたいなものなのです。

 

ちなみに、一部の車好きを除けば、オープンカーを保有するのは、セカンドカーになりますので、おのずと経済的に余裕がある人に限られます、ということは・・・

 

「女性の目はシビア」と感じてしまいますね!

 

ちなみに、オープンカー自体は好きな女性もいますが、一般には化粧が崩れるし髪も崩れることから、ドライブに乗るのはあまり好まれないそうです。

 

なお、国産オープンカーといえばマツダロードスターやホンダS2000ですが、ここで対象としているのは高級車のオープンカーであってスポーティーカーではないので気をつけてください。

正直軽自動車ってどうなの?

はい、軽自動車ユーザーの方ごめんなさい!

 

やっぱり軽自動車はよくないようです。

 

「軽自動車でも気にしないよ~☆」ということでも、あまり真に受けないほうが良いでしょう。

 

もしくは、本当にそう思っているとしたら経済的なものに関心がある良い奥さんになる女性なのかもしれません。

女性が選ぶ助手席に乗りたい車:まとめ

近年ずっと車販売台数がナンバーワンのトヨタアクアですが、ここでも強さを見せ付けました。

 

比較的安価な値段ですが、決して見劣りしないコンパクトカーであって燃費も良いしダサくない、見方によってはオシャレかもしれません。

 

外車や高級車で無ければモテないと思っているのなら、そうでもないという結果をお伝えしたかったのですがいかがだったでしょうか?

 

以上、「女性が選ぶ!助手席に乗りたい車」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】