最近は車の運転をする人も増えてきて、主婦の方や女性の方でも車を持ち、首都圏から離れれば車は一人一台というのは珍しくありません。

 

ただ、そんな状況であっても車の運転がうまい人、その反対に車の運転が苦手な人と別れてしまいますね。

 

誰しもが車の運転についてうまいわけではないのですが、生活をするために車の運転をしなければいけないような状況だってあります。

 

そんなときに運転が難しい車を選んでしまったらどうでしょうか?

 

相互事故につながってしまったら最悪で、そうでなくても日ごろからストレスを貯めてしまうことになるでしょう。

 

そのため、運転し易い車を選ぶことはとても重要なことなのです。

 

ここでは、車を運転するうえで運転し易い車の選び方というものをみていきたいと思います。

車を売るときに安い査定額が出る理由

車を売ったことがある人なら「下取り査定を依頼して安い金額を提示された!」という経験があるはずです。

 

これは、価値が低くなるときに車を売ってしまうことが驚くほど安い査定額の理由です。

 

当サイトでは、毎月更新の車査定相場を独自計算していて、車種を探すだけの簡単操作で最新の車価値が分かります。

アクア3年落ちグレード比較の査定相場
車査定相場の情報例(アクア3年落ちグレード比較)
 

もしあなたが「安い査定額を出されて手遅れになる」といったことを避けたいなら、持っている車の価値を確認するようにしましょう。

 

もちろん当サイトは車を仕入れる業者ではありませんから、「個人情報入力や登録など一切無し・無料」で車査定相場を確認できますので気軽に見てくださいね。

 

⇒車査定相場を今すぐ3分で確認したい場合はこちら

運転しやすい車:チェックポイント

運転がしやすいか、もしくは運転がしにくいのかということについて、車の大きさが直接影響を及ぼさないことをご存知でしょうか?

 

私は過去にトラックを運転していたことがありますが、慣れると乗用車を運転するよりもとても楽でした。

 

では、車を運転するときにその難易度について大きくかかわってくる要素はというと、視界が確保できるかどうかなのです。

 

というのも、視界がない状態での運転は慣れに依存するケースが多いので、どうしても運転センスが問われます。

 

他方、見えている状態での運転であれば、大型車で狭い道を走るなどの極端な例を除けば、車が大きくても運転しやすいということになります。

 

SUVの場合には特に前面の対角位置にあるタイヤ通過点がわかりづらいこともあって、運転がしにくいと感じるようです。

 

ですから、ここでは運転のしやすさを視界の確保が出来るかどうかということで確認していきます。

 

欲をいえば全面的に見やすいことが一番なのですが、車の形状からするとそれは難しいでしょう。

 

そのため、特に困難な点についてまずはみていきます。

【チェックポイント1】右後ろの視界が悪いかどうか

先ほど申し上げたように死角となる部分が多ければ多いほど、感覚を頼りに運転することになるために、慣れれば問題ないのでしょうけれども、特に最初は運転がしづらいと感じるものです。

 

ですので、試乗を行うときは右後ろの視界が悪いかどうかは確認して欲しいと思います。

 

最近の車はミラーを大きく作ることが多く、そうでなくてもミラーを湾曲させるなど工夫が施されていますが、やはり実際に乗って運転してみたいなわからないことが多いです。

 

この右後ろの視界が悪いかどうかというのは、高速道路などの合流で特に影響を及ぼしますので、外車で左ハンドルの場合にはかなり苦労するかもしれませんね。

【チェックポイント2】後退時に後ろを確認しやすいかどうか

次に後退時の視界について確認して欲しいと思いま

後部の見え方

す。

 

最近の車にはバックモニターが付いているので、後方中央部に関してはそれほど心配はないのですが、特に気をつけて欲しいのが後方の両角となります。

 

というのも、ミニバンと違い後ろが短いことはそれほど悪いことではありませんが、出っ張っているような印象がありますので、運転しにくいと感じることが多いようです。

 

特に車庫が狭いなどの制約があるときにはこすってしまうこともあるでしょうから、この視認性についてはよく確認して欲しいと思います。

 

主に確認の仕方については後方中央部はバックモニターを利用することで問題ないのですが、両角についてはミラーによって確認することになるので、後方部の頂点が見えるかどうかというところを確認できるか確かめてください。

 

さて、次は具体的に車の横幅についてみていきます。

 

当たり前ですが、横幅が大きい車のほうが運転はしにくいということになりますが、横幅が小さくても運転しにくい車が存在する反面、大きくても運転しやすいという車も存在しますので、ある程度目処をつけて最終的な確認は市場で行うことが望ましいでしょう。

【チェックポイント3】左前方のタイヤの位置把握

マークXの視界 ヴィッツの視界

車の運転免許取得時にとても苦労したのは、左前方のタイヤの位置を予想しながら運転しなければいけないことではありませんでしたか?

 

教習が終わってもまだまだその要素に振り回されてしまうわけで、この感覚をつかみ易い車とそうでない車が存在するので注意が必要です。

 

多くの場合には、試乗をすることで感覚として分かるのですが、実は運転席に座ったときにもある程度実感することが出来ます。

 

そのポイントとは、ボンネットや車のパネルで向こう側が見えないようなときです。

 

結局は見えていないものについて感覚をつかむということが大切なのですが、それでも目安について見えていないとどうしようもありません。

 

つまり、目安としての視認性が高いかどうかということが大切になってくるために、ボンネットが膨らんでいるような状況であったり、インナーパネルが特殊構造で運転性から左前が見えないという状況は避けたいところです。

 

試乗のときには当然に確認できますし、展示場でも運転席に座って確認すれば確実でしょう。

運転しやすい車選びの基準:まとめ

ここまで見てきたように、運転し易い車というのは視認性が高い車ということになります。

 

ココで大切なのが、車シート調整とのバランスです。

 

車のシート調整次第では視認性が悪い状況もありますので、しっかりとシート調整したうえで見えるかどうかを確認することが望ましいでしょう。

 

一般に車の運転がうまいという方については、この視認性をせずとも車を感覚で動かせるような人ですが、このような人は一部しかいません。

 

このような一部の人でも、うっかりミスをして車体をこすったりしてしまうわけですから、特に運転がうまくないという方は見やすい車、感覚のつかみ易い車を選ぶべきでしょう。

 

なお、最近はトヨタパッソやダイハツタントなど女性向けの車も多く出てきていますが、そのような車は総じて視認性が高く、感覚をつかみ易い車となっています。

 

好みでもないのに買う必要はありませんが、このような車の属性を理解したうえで車選びをしてみてはいかがでしょうか?

 

以上、「運転しやすい車選びの基準」でした。

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】