たった1ページ読むだけであなたは、


「獲物として安く買われて損をするオーナー」から

「強く手ごわい高く売って得をするオーナー」になれます!!

車査定の説明書トップ画像1

↓今すぐ無料で査定したい場合はこちら↓

ateamバナー車査定業者ロゴ

 

査定業者が絶対に言われたくないこと

車を売ったことがある人なら分かると思いますが、車の査定を受けるのはとてもストレスが掛かりませんか?

 

「だまされて安く買われるのではないか・・・」

「査定士が売るまで帰らないとか本当か!?」

「業者との交渉がめんどくさい・・・」

 

しかしながら、このような不安があってもいまどき車を売る時に査定を受けることは避けられません。

 

なぜならば、買取査定を行う買取業者や下取り査定を行うディーラーは、あなたの車をできる限り安く買いたいと考えているからです!

 

そこで、一括査定を使うことで業者同士で査定額を競争させることで、結果として業者間での査定額による交渉となり、あなたは交渉要らずで車本来の価値で売ることができるというわけです。

 

車査定で高く売る方法

 

ただ、簡単に短く説明しても実際に車を売る場合には、どのような流れや出来事が起こるかわかりませんよね。

 

そこで、すべて不安点や疑問点を1ページですべて解決できるようにしましたので、車査定を利用するときの「ネットで見る説明書」として利用してください!

 

↓今すぐ無料で査定したい場合はこちら↓

ateamバナー車査定業者ロゴ

 

1ページですべて解決できる目次:目次をクリックするとジャンプできます

査定申し込みから電話まで実況解説

車の査定を申し込んでから入金までの流れを解説しますが、全体の流れは次のようになっています。

 

  1. 査定申し込み
  2. 電話・メールで連絡が来るので査定日時予約
  3. 実際に車の査定を受けて査定額を告知される
  4. 数社の査定を受けて業者の査定額で競わせる
  5. 一番高く買う業者と契約する
  6. 売却を決めた業者が車を取りに来る
  7. 主に2営業日後(業者によって違う)に振込み

 

ひとつずつ説明しても良いのですが、途中まで実際に親戚の車で査定依頼したのでそれを使って説明します。

 

査定に出した車はこちらです。

 

↓一括査定に出した車:日産セレナ(型式C25)平成18年式↓

一括査定に出したセレナ

 

はっきりいって現在では査定額が付かないような古い車です。

 

一括査定の申し込み中にアンケートがあったのですが、それに答えているうちに早速ガリバーから連絡がありました!

 

ガリバーと話した内容をまとめると次の4つでした。

 

  • オプションなど車の詳細情報
  • 売却時期
  • 車の概算査定額
  • 他業者から掛かってくる電話を止められること
  • あとから査定を減額するかどうか

 

車の詳細情報については、次の内容を聞かれました。

 

  • 年式
  • 走行距離
  • キズと修復暦
  • ボディカラー
  • オプション

 

残念ながら査定額はほとんど付かない車で、鉄くずとしての資源価値で3万円あるようです。

 

ガリバーの担当者からは他の業者から「査定は付かないけど3万円でがんばらせてもらう」というような内容はがんばらなくても3万円の価値があるものだから騙されないで!という助言をもらいました。

(車は普通車で3万円前後、軽自動車で2万円いかないぐらいの資源価値がある)

 

↓ガリバーからの電話(音が出ます!注意!)↓

 

ガリバーと話を終了したときにはたくさんの着信がありました。

一括査定後の電話着信

 

後で分かったことですが、この番号のほとんどはビッグモーターで、複数店舗とコールセンターから電話が掛かってくるという状況でして、なぜ競争していたのかは全く不明ですが、ビッグモーター間でも査定額を争わせることもできたのでしょうかね。

 

このときのビッグモーター側の担当者はガリバーと違い、現場の人ではなかったようで、結局査定予約のことしかお話できませんでした。

 

↓ビッグモーターとの会話(音が出ます!注意!)↓

 

なかなか話を終わらせてくれないこともあって子供が泣いてしまっていますが、まとまらない話に子供が助け舟を出してくれたのかもしれません^^;ご容赦いただければと思います。

 

さらにメールでもビッグモーターとアップルから連絡が来ていました。

 

ビッグモーター一括査定後のメール アップル一括査定後のメール

 

以上が車を査定に出したときの「実際に車を見てもらうまで」の流れです。

 

見ていて分かるようにあなた側から何かするというよりも業者から電話が掛かってきたりと、査定さえ申し込んでしまえば車価値が低いということを除けば待っているだけで大丈夫です。

 

今回は車価値が無かったので業者と交渉できませんでしたから、このあと車をどのように高く売るために交渉していくのかを例をあげながら、続きをみていきます。

査定から入金まで実況解説

車査定方法

こちらでは、買取業者との交渉でどのように車を高く売るのか見ていきます。

 

実際に車を見た上で査定を終えた後に業者との電話連絡で交渉した例です。

 

状況:一括査定を申し込んでガリバーから50万円の査定額が出て他の業者と競争させる場合

 

 

ガリバーから出た査定額50万円という結果をもって、他の業者ビッグモーターと競争させて高値を狙います。

 


あなた「ガリバーさんは50万円の査定額をつけましたけど、ビッグモーターさんはそれ以上出せますか?」

ビッグモーター「なかなか厳しいところですが、55万円の査定額でいかがでしょうか?」

あなた「ガリバーさんにも聞いてみますね。ちなみに今後いくらぐらいまでなら出せますか?」

ビッグモーター「なんともいえませんが・・・60万円を超えるようだと考えさせてもらいます。」

 

黄色いマーカーをつけたところに注目してください。この質問をしておくと何度も交渉する手間を省けます。

 

一度ビッグモーターと通話を終え、ガリバーの担当者へ電話します。

 

あなた「ビッグモーターさんは55万円の査定額をつけたのですが、ガリバーさんはもっと出せますか?」

ガリバー「そうですか!それでは58万円ではどうですか?」

あなた「実はビッグモーターさんから60万円までなら勝負したいと言われているのですが、何度も手間になるので良かったら勝負していただけませんか?」

ガリバー「うーん(手厳しい・・・)、かなり厳しいラインですが、61万円でどうでしょうか?」

あなた「結構刻んできますね!最後にビッグモーターさんにも聞いてみますので、お手間いただきますがまた連絡させてください。」

ガリバー「おそらくビッグモーターさんも限界に近いと思いますので・・・ご連絡お待ちしております。」

 

またビッグモーターと電話連絡します。

 

あなた「ガリバーさんと査定額を話し合った結果、61万円ということになりました。ビッグモーターさんはこれよりも査定額を出せますか?」

ビッグモーター「申し訳ありませんが、さすがに60万円を超えるようだと厳しいので、残念ですが降りさせてもらいますね。」

あなた「度々お付き合いありがとうございました。」

ビッグモーター「いえいえ、中古車を買う場合には弊社でも取り揃えがありますのでぜひご連絡ください!」

あなた「はい。それでは失礼します。」

 

このように、業者に対して交互に査定額での競争をさせるようにします。

 

いちいち手間が面倒になりますので、2度目以降は勝負できるラインを聞いておくと、あなたも業者も面倒が無くなるでしょう。

 

また、高く売れるような車を持っている方は慎重に行えるように、3回目まで粘ることをオススメします。

 

この後に売却先に車を引き渡し、多くの場合に2営業日後に銀行振り込みにて売却代金をもらって、車を売る一連の流れが終わりになります。

 

見て分かるように申し込みさえしてしまえば、後の車を売る作業は業者側がしてくれるので、あなたがすることは「査定の申し込みをすること」と、「査定額の交渉で油断しないこと」だけなのです!

 

たった2つのことをするだけですから、車を高く売ることは難しくないことが、よく分かってもらえたと思います。

時間がない人のオークション形式

今説明した電話で交互に査定額を競わせる方法を「入札形式」としたならば、次に説明するのはオークション形式です。

 

実際に車を見て査定を受けるときに同時刻に複数の業者を呼んで、競らせる方法でも車を高く評価させることに役立ちます。

 

ただし、このやり方をするならば注意しなければいけないことが2つあります。

 

  • それなりに高く売れる車であること
  • 業者から離れてはいけないこと

 

それなりに高く売れる車でなければ、そもそもオークション形式を取る必要はありません。

 

また、持ち場を離れると談合で値段を決められては安く買われてしまいますので気をつける必要があります。

 

同時に査定を受けられるので手間が掛からないというメリットがありますので、何社も査定を受けて面倒だと思う方はぜひ挑戦してみましょう!

安くなる前に査定を受けることが大切!

車を高く売ろうと努力しても、車価値が落ちてしまっては意味がありません。

 

さすがに1日で価値が急激に落ちるということは稀ですが、それでも全国で開催されている業者オークションで価格が更新されています。

 

そのため、多少の変動はあっても徐々に確実に車価値は低下していますので、査定依頼は後回しにしないようにしてください。

 

査定は早くしたほうが有利2

 

高く売ろうと努力しても車が安くなっているのでは全く意味がありませんから、今すぐ査定予約をするようにしてくださいね!

 

価値が下がる前に査定予約の詳細を確認する

ateamバナー

JADRI加盟査定業者

一括査定の比較データ

一括査定のサービスは特徴がありますので、それらを表にまとめました。

 

比較項目かんたん車査定ズバットカーセンサーカービュー楽天オート
登録業者数42社202社多くて不明212社100社以上
最大依頼数10社10社30社8社公開無し
車情報入力数4項目4項目11項目4項目6項目
個人情報入力数5項目6項目6項目6項目5項目
業者選択不可不可
運営会社エイチーム
東証一部
ウェブクルー
東証マザーズ
リクルート
東証一部
カービュー
東証マザーズ
楽天
東証一部
ポイント概算価格が
分かる
一括サービス
が強い
車情報サイト
で有名
一番古い
査定サービス
楽天ポイント
がもらえる

 

どの一括査定を使えば高く売れるのか?といえば申し込み業者数が多いほうが良いと言えます。

 

しかしながら、連絡が来るのが1社のみというような極端な例でない限りは、特に気にする必要は無いでしょう。(古いセレナでさえも3社から連絡があった)

 

当サイトでは査定後に概算価格が分かる「かんたん車査定ガイド」が一番、地域の中小業者と提携が多い「カーセンサー車査定.net」を二番にオススメしていて、実際に使ってみたのは「かんたん車査定ガイド」でした。

 

⇒概算額が分かる「かんたん車査定ガイド」の詳細【無料】

 

⇒提携数が多い「カーセンサー車査定.net」の詳細【無料】

 

電話連絡無しで車査定したい場合

電話が掛かってくるのは一括査定の性質上仕方ないものですが、現在は電話無しでも依頼できる方法があります。

 

それがユーカーパックという査定方法で、実はこれは一括査定ではありません。

 

どういうことかというと、車の査定は提携先のガソリンスタンドと行いますので、たくさんの電話が掛かってくるということは無いのです。

 

ただし、自分でガソリンスタンドに車を持っていって多少の手間が掛かるので、一括査定のほうが申し込んだら受身でよいという利便性が高いものと考えています。

 

ちなみに、一括査定であっても「カーセンサー車査定.net」では極力メールでの連絡を希望したり、また「かんたん車査定ガイド」においても問い合わせページから電話連絡をとめることが可能になりました。

 

このことから、電話連絡が苦手という方も待っていれば良いという気楽さから一括査定の利用に戻っているようです。

 

⇒営業電話は1本のみ!ユーカーパックの詳細【無料】

 

車を売るときに必要な書類など

車を売るときに用意するべき書類などは普通車と軽自動車で異なりますので、分けて説明しています。

 

車の査定前に用意しておくことで、車引渡しのタイミングが早くなるばかりでなく、買取業者も積極的に査定額をつけてくれるようになります。

 

なぜ買取業者が査定額を積極的に付けてくれるかといえば、車を売らないのにもかかわらず査定を受ける車オーナーではないと判断されるためです。

 

出張査定も業者側の負担は大きいですから、売ってくれる可能性が高いオーナーとして見られるように書類などを集めておきましょう。

普通車を売る場合に必要な書類など

普通車を売るときに必要な書類は次の8つ(場合によってはさらに1つ)です。

 

  • 自動車検査証
  • 自動車賠償責任保険証明書
  • 自動車納税証明書
  • リサイクル券
  • 印鑑登録証明書
  • 実印
  • 譲渡証明書(業者が用意)
  • 委任状(業者が用意)

 

さらに住所変更などがあれば「住民票」も必要になります。

 

ここで注意点は「印鑑登録証明書」は平日にしか取得できないので、あらかじめ取得しておくといざ休日に車の引き取りになったとしても、引渡しを遅らせることなく行えます。

 

また、種類を紛失した場合には車を売る場合に必ず必要なので、リサイクル券を除いて役所などで再発行をするようにしてください。

 

リサイクル券については、リサイクル料金を出したことを証明することは券が必要ないので、再発行はインターネットで拠出を証明したものをプリンターで出力する形になります。

軽自動車を売る場合に必要な書類など

軽自動車を売るときに必要な書類は次の5つ(場合によってはさらに1つ)です。

 

  • 自動車検査証
  • 自動車賠償責任保険証明書
  • 軽自動車納税証明書
  • 認印
  • リサイクル券
  • 自動車検査証記入申請書(業者が用意)

 

軽自動車は普通車と異なり、認印で良いことが大きく異なる点です。

 

そのため、「印鑑登録証明書」を必要としません。

 

また、「譲渡証明書」と「委任状」は、「自動車検査証記入申請書」ですが、業者が用意しますので気にする必要はありません。

 

自動車税が軽自動車税であることから、書類の名称は異なりますが、意味自体は同じもので納税した証明書が必要になります。

車を売るときの良くある質問

質問:ローン途中でも車を売れますか?

答え:ローンの途中でも車を売ることができます。もし車売却金額でローン返済ができなかった場合には残った部分について再度ローンの組みなおしを行います。

⇒ローン途中の車を売るときの回答を詳しく見る

 

質問:即日現金でもらうことはできますか?

答え:即日で現金買取をしている業者(ソッキン王)などに売却すれば、その日に現金で車売却代金を得ることができます。ただし、即日対応している業者は査定額で他よりも安くなることがあり、車の評価が低くなる可能性が高いのでその点は注意しなければいけません。

⇒即日現金で受け取る回答を詳しく見る

 

質問:電話連絡なし・メールで査定依頼できますか?

答え:査定申し込み後にコールセンターから自動発信になっているために、全く電話連絡なしで査定依頼するということは難しいことです。ただし、電話連絡を減らしたりメールでの連絡方法を依頼することも可能です。そのため、方法によっては業者からの連絡を極力減らすことができます。

⇒車査定を電話なし・メールで依頼できるかを詳しく見る

 

質問:査定したら必ず売らないとダメですか?(キャンセル可能か)

答え:査定をしても金額に満足いかない場合には売る必要はありません。CDや本の買取と同様です。

 

質問:個人情報無し(匿名)で査定に申し込めますか?

答え:査定は基本的に車を売る目的がありますので、個人情報無しで査定に申し込むことはできません。こちらで紹介している査定サービスは運営が株式市場に上場しているので、故意な流出はありませんし、何かあった場合でもアフターフォローがありますので、安心して査定を受けることが可能です。

 

質問:出張査定・引き取りは無料でしてもらえますか?

答え:基本的にに車買取業者の方針と車価値次第で変わってきます。査定が付かないような車では出張査定自体来ませんから、引き取りに関しても自分で持っていくことになります。車価値が高い車であれば業者も積極的に買いたいと考えますので、出張査定も引き取りも無料になるケースがほとんどです。

 

質問:車を売って現金受け取りまでの期間を教えてください。

答え:多くの場合には車や書類を引き渡して2営業日後に振込みによって売却代金が支払われます。入金までの期間は業者によって異なり、即日現金払いをしている業者もいますが、現金取得までの期間に制約をつけるとあなたの交渉力が低くなること(つまり車査定額が安くなりやすい)を覚えておきましょう。

 

質問:買取と下取りの違いを教えてください。

答え:あなたが車を売るとして、「買取」とは車買取業者に車を売ることであり、「下取り」とはディーラーなど車販売店に車を売ることです。多くの場合、この質問は査定額の違いに疑問がある場合が多いですが、交渉のしやすさから考えると買取のほうが有利である場合が多いです。

 

質問:なぜ買取のほうが下取りより有利なのですか?

答え:査定額を交渉する場合には業者間の競争が必須ですが、下取りにおいては唯一の業者になることが多く、車を購入する流れで車を売ろうとすると業者間で競争させることをしない場合があります。このときには、業者間で交渉しやすい買取のほうが下取りより有利ということになります。また、査定額において買取と下取りでは、買取のほうが車評価が高くなりやすい傾向があることも、買取が有利であるといわれる理由のひとつです。

 

質問:営業電話はどれくらい掛かってきますか?

答え:車価値によって変わってきますが、査定申し込み後にコールセンターから自動で掛かってくるため、このときには2社から5社前後掛かってきます。その後に電話連絡が多いと感じる場合には、査定サービスの問い合わせや買取業者に依頼すると止める事が可能です。

⇒車一括査定の営業電話について詳しく見る

 

質問:査定に掛かる時間はどれくらいですか?

答え:実際に車を見て査定を行いますので1社あたり30分ほどの時間が掛かります。各業者を別時間に呼ぶ場合など査定予約などをする場合の参考にしてください。

 

質問:買取業者の評判・口コミを教えてください

答え:ネット上での買取業者に対する評判や口コミは必ずしも正確ではありません。その理由は担当者や看板を借りている場合には運営会社によって異なるためです。そのため、特定の業者に対する評判などで業者を選んでも意味がないということになります。

⇒買取業者の評判や口コミについて詳しく見る

 

質問:自動車税の還付方法について教えてください。

答え:自動車税は車を売った場合に月割り計算で査定金額で評価増されて間接的に還付されています。廃車の場合には廃車業者が適切に手続きをした場合には、通知によって還付のお知らせが車所有者・使用者の住所に送られてきます。なお、還付手続きとしては軽自動車税については月割計算の概念がないので掛け捨てになります。廃車などの場合には参考にしてください。

⇒自動車税の還付について詳しく見る

 

質問:査定前に洗車したほうが良いですか?

答え:査定前に洗車をすることで査定額自体があがるということはありません。ただし査定士も人ですので、多少きれいにしておくと積極的に査定額を付けてくれる可能性があります。基本的には汚くなければ問題ないと考えてください。

 

質問:事故車でも査定に出すことはできますか?

答え:事故車は車の骨組み構造部分まで損傷した車を「修復暦車」といいますが、こうなると査定の減額が行われますが、ほとんどの場合に売れないということはありません。また、修理しない状態の事故車を「事故現状車」と言いますが、この場合も買取が基本的には可能です。なお、「事故現状車」のみを査定する業者もいます。

⇒事故車を高く売る方法を見る

 

質問:車検切れの車を売ることはできますか?

答え:車検切れの車を売るときに、車検を取ってから査定に出す必要はありません。もちろん査定額は車検が無いよりもあるほうが上がるわけですが、掛かった費用以上に査定額が上がることはありません。そのため、車検切れの車はそのまま査定に出すほうが得です。

⇒車検切れの車を売る場合を詳しく見る

 

質問:電話連絡がとまらないときはどうしたらよいでしょうか?

答え:一括査定を申し込むと電話連絡が多くなりますが、一括査定サービス会社の問い合わせに連絡すると、電話連絡をとめることが可能です。また売却先を決定した場合には、その業者に依頼することでもとめることも可能です。(ガリバー談)

⇒査定業者がしつこいか実験した結果を詳しく見る

 

質問:故障している場合は修理してから査定に出すべきですか?

答え:車を売る前に故障箇所などを修理すれば査定額が上がりますが、修理費用以上に査定額が上がることが基本的にはありません。そのため、故障した場所を直すことなく車を売るほうが得です。

⇒修理してから査定に出すほうが良いのかを詳しく見る

 

↓今すぐ無料で査定したい場合はこちら↓

ateamバナー車査定業者ロゴ

車査定相場を車種別に確認する

当サイトの車査定相場は車を売るときに役立てることができ、情報の品質として次の3つを保証します。(ただしマイナー車種の更新は保証外)

 

  • 毎月必ず更新する
  • 前月のデータで相場を算出する
  • 一次情報を公開する

 

ネットで見られる車査定相場については、個人経営のサイトでは他のデータを調査したまとめ調のデータ、企業経営のサイトでは業界団体に遠慮したデータとなっています。

 

どちらもデータとしては悪いものではないのですが、車を使うときに利用するとなれば使い勝手が悪いものであると判断しています。

 

そこで、当サイトでは中古オークションの成行データから業者の利益分を引いた、いわゆる査定限界額を統計計算で算出した情報を公開しています。

 

毎月更新していますので情報の鮮度も保たれていて、一次情報であるためにデータの出所が不明ということもありません。

 

そのため、あなたが車を売るときの適正な車価値を見るために役立ててください。

 

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場

 

下のショートカットから自動車メーカーで車査定相場を見ることができます。

 

 

車を高く売る方法をストーリーで解説

「止まれ」標識
これからお話することは、「絶対に高く売らなければならない」という方向けの話であり、残念ながら「手間なくほどほどに高く売れればよい」という方には向いてない話になりますのでご了承ください。

 

途中の検証データは少し古くなっていますが、高く売るための方法としては変わるものではありませんので、心配せずにご覧ください。

 
多くの方は車は高く売りたくてもそこまで面倒なことはしたくない!と考えるはずですが、場合によっては車を高く売らなければいけないときがありますよね。

 

そんなときには慎重で今根気強く交渉してもよいと考えますが、実際に何をしたらよいのかよくわからないことも多いです。
 

こちらではどうしても車を高く売らなければいけないという方のために、ストーリーを使ってその方法や注意点をみていきたいと思います。

 

あまり手間をかけなくてもほどほどで売れればよい、という方向けではありませんが、少しでも高く売りたいと考える方はゆっくりとご覧ください。

 

車情報雑誌と電卓

 

私は、過去に多額の借金を背負っていて困っていたときに、大きく換金出来る資産は車しかありませんでした。

 

頼れる友人や親戚などもいませんでしたので、なんとかこの車を最高額で売らなければ自己破産も覚悟するような状況だったので、それはもう死に物狂いで車を高く売ることに全力で動きました。

 

努力と運のおかげでおそらく手持ちの車を最高額で売れたのではないかと思います。

 

そして現在は、その経験を活かして事業を営んでいます。

 

今回は、世間で言われている「車を売る前に相場を調べなさい」ということの危険性についてお話していきたいと思います。

あなたは車を喜んで安く売ってしまっている!?

「そんな、ありえない!私が車を安く売って、しかも喜ぶなんて!」

 

このように思うのも当然でしょう。

 

そのために車査定相場を調べているわけですからね。

 

でも聞けば納得する話ではあるのですが、実のところそれほど気にしている方がいないので大変問題だと判断しています。

 

「車を売るときに相場を知れば安く売らずに済む」

 

これはあながち嘘ではありませんが、あなたが考えている思惑とは少し異なる場合があるのです。

 

あなたが考えている「車を安く売ってしまう」というのがどの程度かによります。

車を安く売ってしまっているか計算

例えば、本来116万円の価値がある車を0円査定で無料引き取りとなったらこれは安く買われていますよね?

 

人によっては詐欺というかもしれません・・・

 

でも116万円の価値がある車を60万円査定として売った場合にはどうでしょうか?

 

これは安いでしょうか?高いでしょうか?

 

きっとあなたは「安い」と思うでしょう。

 

当然ですよね?116万円の価値がある車なら60万円で売ったとしたら56万円も損してしまっています。

 

でも、現実ではこのようなことは日常的に起きていますし、まさに車査定相場を調べている方はこのような状態になっているのです!

 

車査定相場として提供される情報が低い価格だった場合、そしてあなたがこれをある程度信じた場合には喜んであなたは車を安く売ってしまう。

 

インターネットで簡単に調べることが出来る車査定相場ですが、その情報をどのように利用するかによってあなたは大変な損を喜んで行ってしまう可能性があることを理解してもらえたでしょうか?

車査定相場が都合よく使われている「証拠」を確認

現在はインターネットで車の査定依頼をして相場を知るというのは一般的になっています。

 

情報の正確性はともなく、興味として相場を知るのには適しているでしょう。

 

ただし、説明したように相場情報を利用して車を売るとしたらあまりあてにならないことが相場の開きによって確認できると思います。

 

まずは、車査定相場を知ることが出来るサービスであなたの車の価値を確認してみてください。

 

個人情報の入力は全く必要が無く1サイト1分以内に相場を知ることが出来るでしょう。

 

こちらはトヨタ公式ページの査定相場が分かるサイトですが、もちろんトヨタ以外の車の査定額も調べることができます。

 

時間が無い方のために2015年7月におけるプリウスの価格を比較した結果を載せましたのでどの程度の価格差なのかを確認してください。

 

なお、トヨタヴォクシーの相場価格差については特に注意して比較して欲しいと思います。

 プリウス※1ヴォクシー※2
トヨタ138万円(消費税込)56万円(消費税込)
日産91.5万円~127万円54.5万円~71.5万円
ヤフオク!134万円~150万円102万円~116万円

※1トヨタプリウス2012年式 グレードG 1800cc

※2トヨタヴォクシー2008年式 グレードV 2000cc

※3調査日 2015年7月1日

 

トヨタの下取り参考価格情報ページ

⇒トヨタの概算査定額が今すぐ確認できるサイト


 

まずはトヨタの公式サイトで車の価値を調べたでしょうか?

 

次に日産の公式サイトでも調べてみたいと思います。

 

日産の下取り参考価格シュミレーションページ

⇒日産の概算査定額が今すぐ確認できるサイト


 

日産の査定相場が広いのは仕方が無いことなのです。

 

実際に車を見ているわけではありませんから、正確な査定額など出せるはずもありませんね。

 

ある意味では幅をつけて表示しているほうが妥当なのかもしれません。

 

表はさらに比較してもらえるようにヤフーオークションの相場も載せてみました。

 

トヨタプリウスのような人気車で年式も新しいのならそれほど全ての相場が近いですね。

 

人気がある新しい車はそれほどばらつきが少ないでしょう。

 

しかし、ここから重要ですから特に注意してみてください!

 

それに対して7年落ちのトヨタヴォクシーでは、かなりの差が開いていることを確認できますでしょうか?

 

インターネットで調べてしまった相場がトヨタや日産の価格で実際の価値はヤフーオークションの価格だとしたら・・・

 

50万円前後の差ということになります。

紙幣の福沢諭吉(微笑)

「えっ!車買取業者って50万円近くも利益抜いていたのかよ!酷い!」

 

なんて思うかもしれませんが、場合によって100万円近くも利益を抜くこともあります。

 

このような状況を聞いていた・知っていたとしても普段意識しませんが、実際のデータを見るとかなりやばい!と実感できると思います。

 

売り手にとっては劣悪な状況で、車査定相場情報はあてにならない、車買取業者は値切るために全力で営業してきます。

 

車査定相場を知ることで安く売らずに済むと思っていたのなら、大変厳しいですがこれが現実です。

安い相場を信じる人をうまく利用する車買取業者

業界の人はおそらく言って欲しくない事実ですが、あなたに正直に申し上げます。

 

「あなたの車、まだまだ高く買取ます!」なんてキャッチフレーズでテレビCMをしている業者もいますが、本当のところは限界まで安く買いたいというのがホンネです。

 

業者の名誉のために言っておくとすれば「あなたの車、高く買い取れる可能性はあります!」というところにしておきましょう。

 

なぜ安く買いたいのかといえば、業者としては車を安く仕入れることが出来ればその分だけ利益が増えます。

 

1回の取引で10万円の利益になるか20万円の利益になるかは、あなたから10万円安く車を買えるかに掛かっているわけです。

 

「なんだよ!結局車を高く買う気なんて無いんじゃないか!」

車買取業者は高く買うつもりは無い

残念ながら正直なところ・・・ありません。

 

だって、安く売ってくれて喜んでくれる相手からわざわざ高く車を買う必要はありませんよね?

 

車買取業者は安く売ってくれる相手からは絶対に車を高く買わないということを覚えておいてください。

 

次に、先ほどの安めの車査定相場を知ったあなたに対して業者がアプローチする例をあげさせていただきます。

実車査定をする場面で行われている駆け引き

 

お辞儀する査定士業者「どのぐらいの買取額を希望されますか?」

あなた「うーん、56万円が相場ということだから少し色をつけてよ。」

困っているフリをする査定士

業者「利益が取れるかわからない大変厳しいラインではありますが、○○様がそうおっしゃるのでしたら多少無理をするしかありませんね。ちょうど欲しがっているお客様がいらっしゃいますので、すぐに売っていただけるのなら60万円の買取額で売ってくださいませんか?」

あなた「おー、相場よりも高い買取額を付けてくれるなんて本当にあなたはいい人だね。車はすぐもっていっていいよ。」

業者「では、こちらの契約書に名前と印鑑を・・・」

車買取契約書にサイン

 

売主は、相場を調べてよかったと思っているでしょうけれども実は安く売ってしまっていることに気が付かないというのは良くある話です。

 

反面、業者としては「こういう人がいるから車転売は食いっぱぐれないんだよなぁ」なんて思っている人もいるでしょう・・・

 

「利益が取れるか分からない大変厳しいライン」なんていうときには本当に辛そうな表情をして、困った顔を見せあなたに協力して何とかやっていますよ?というような印象を出していますが内心ではしてやったり・・・まったく酷い話だと思います。

 

ただ、商売の鉄則は「安く仕入れて高く売る」ですから、車買取業者がやっていることは犯罪でも嫌がらせでも何でもありません。

 

彼らもあなたの幸せのためにビジネスをしているわけではなく、自分のためにビジネスをしているということを確認して欲しいと思います。

 

車買取業者は実のところ車を安く買うためのプロ集団で、日々これについてトレーニングを重ねてします。

 

あなたは車を安く売るしかないのでしょうか?

車を安く売るのはやめよう!

いいえ、そんなことはありません!

 

誰でも出来る簡単なことを少し手間をかけてやることであなたは車を高く売ることが出来るでしょう!

【重要】高く売るための3つのポイント

3つのポイントを守ることが車を高く売るコツです。

  1. 車査定相場はあてにならない
  2. ひとつの業者だけでは安く買われる
  3. あなたと業者で交渉をしない

1についてはここまでずっと見てきたとおりですね。

 

車査定相場というものが、あまりあてにならない、もしくはあてにしてはいけない理由が理解してもらえたと思います。

 

残りの二つについてみていきましょう。

持ち込み査定をしてしまうと高く売ることは絶望的

持ち込み査定とは、ディーラーに車を持ち込んで査定を受ける場合や、車買取店の最大手であるガリバーの店舗に車を持っていって査定を受ける場合などです。

 

このような方法を利用してしまうと、車を高く売るのは非常に難しくなります。

 

なぜかといえば、車査定相場を比較する対象がいないためです。

 

また、あなたは事前に下取り相場をインターネットで調べたとしても、その安い相場価格からちょっと上乗せした程度で買われてしまいます。

 

考えてみてください。

 

車買取店やディーラーが競争相手のいない状態で、どうして車を高く買わなければいけないのですか?

 

商売の基本というのは商品を安く仕入れて高く売る、車買取店やディーラーにおいても同じです。

 

あなたも逆の立場ならそうしますよね?

 

そのため、競争相手がいないときにはあなたが納得する価格の最低額で車を買われてしまうと覚えておきましょう。

 

つまり持ち込み査定は相手の陣地に入ってしまうようなものですから、高く売りたいなら行わないほうが良いでしょう!

百戦錬磨の営業マンに交渉をしようとしない

あなたはガリバーなどの車買取営業マンが一年間にどれぐらい交渉の場数を踏んでいるか知っていますか?

 

もちろん、人や店舗によって差はあると思いますが、車買取の営業マンが商談する数は年間約1000件です。

車買取契約をする

それに対して、普通の人が人生中に車を売るのは3回か多くても5回ほどではありませんか?

 

基本的に車買取店の営業マンからしたら車を交渉によって安く買うなんていうことはそれほど難しいことではありません。

 

あなたが仮に営業職をされていたから騙されないと思っていても、やはり車買取においては相手は数段上だと思っていたほうが良いでしょう。

 

なぜかといえば、日ごろから営業をしているような人からも車を日々買い取っていますから、そのような人向けの方法も心得ているのです。

 

そのため、このような強敵に対して正面から当たったら当然勝つ見込みは少なくなります。

 

正攻法ではない方法、こっそり非常識な方法をあなたにシェアしたいと思います。

 

それは、交渉をしないこと

 

車査定業者は言います。

電話をかける査定士

「下手に知識がある相手から車を安く買うのは非常に簡単。自分は知識があるという相手は自信を持って安く売ってくれる。」

 

ということでした。

 

反対に車買取業者が困る相手といえば、「いくらで売りたいとかは無いけど、一番高い査定額を付けてくれた業者に売る」と言われると困ります。

頬に手を当てて驚き査定士

査定額を高くする以外に交渉の余地が無いからですね。

 

業者を同時刻に集めて車の査定額を提示してもらうことが、あなたは業者と交渉をせずに高く売る秘訣となります。

車を高く売ることは一種のゲーム

車を売る相手はボランティアではなく、利益を出さなければいけない企業ですから基本的に隙があれば安く買われると思ってください。

車を安く買ってきた部下へサムズアップする上司

車買取業界最大手業者の元社員に聞いた話では、車を安く買って100万円分の利益を出すことを「一本抜き」といって褒められるそうで、大変名誉なことだそうです。

 

車買取業者としてもこれほど容赦が無いわけですから、あなたが車を高く売るとなったら容赦なく対応しても良いのです。

 

そう、車を高く売るということはゲームだと思ってください。

 

ゲームは手間をかければそれだけ良い結果が基本的には出ますよね?

 

しかも現実のものとは異なり、努力に比例して成果が増えるという大変喜ばしいものです。

 

「私は交渉なんて出来ない・・・」

 

大丈夫です、交渉は出来なくても良いですしむしろ交渉はしないほうが良いということでお話してきました。

 

あなたが容赦なく行うことは、

 

業者間競争を起こさせることです!

業者間競争を起こす決意

ちなみに、この業者間競争を起こさせる方法は車買取業者が嫌がり「車を安く買うことが難しくなる!」ということです。

 

車買取業者も容赦が無いわけですから、あなたが思いとどまる必要もありません。

 

難しく考える必要もありません。

 

あなたは車買取業者から他の業者と比較するから勝負できる査定額を言って欲しい、そして比較して一番高いところに売る、ということをただこなすだけです。

 

どうでしょうか?難しいことですか?

手をあげて驚く査定士

1社でも多くの車買取業者を同時刻に出張査定で呼んで、あなたは交渉をするという手間を負わずに業者同士で競らせて楽をして車を高く売りましょう!

高く売れると分かっていても出来ない理由

タウンページで申し込みとなると業者を探して電話して申し込みを行ったり、場合によっては持ち込み査定を指定されたりと非常に面倒なことこの上ありません。

 

せっかく、高く売ろうと考えていても面倒だと思えば手も止まってしまうでしょう。

 

実はこの高く売りたいけどめんどくさいというのが車を高く売ろうと決心した人の最大のハードルだったりします・・・

 

人は面倒と感じたことを続けることが難しい習性があります。

 

説明は不要でしょう。

 

あなたも面倒なことは先延ばしにしませんか?

 

でもこんなことでは高く車は売れません。

 

車の価格というのは数日に1回、早ければ明日にでも価値が下がってしまうのです!

たった1日で車の価値が下がってしまった例

車は早ければ明日にでも相場が下がってしまいます。

 

これは全国各地で業者オークションが行われているためです。

 

また、新型が発表されるモデルチェンジ情報が出回ると一気に査定額が落ちます。

 

昨日まで89万円だった車が、一夜にして61万円ということもあります。

 

ただ1日査定が遅れるだけで28万円失ってしまうなんて信じられますか?

 

この車オーナーは大変残念でしたが、このようなことは相場の世界と同じようによくあることです。

 

そのため思い立ったときに、少なくとも査定だけでも済ませておくことでいきなり損をする可能性が低くなります。
面倒が嫌いな方でも申込みで1分ほどの時間が我慢して査定の申込みだけはしておくようにしましょう。

今はほとんどの方がインターネットで車を売る

先ほどお話したように、タウンページで1社ずつ査定を申し込んでいたのでは日が暮れてしまいます。

 

人間は面倒や手間の掛かることは本能で避けるように出来ていますから、せっかく高く売るとしても難しいわけです。

 

でも、現在そんな面倒なことをしている人はいません。

 

なぜかといえば、インターネットで査定申込みが出来るからです。

 

一回の査定申込みであなたの車が欲しいという業者から連絡が来るので、あなたはただ車と連絡先を書くだけで良いのです。

 

ただし、一括査定ならどこでも良いというわけではありません。

 

提携している業者や母体がしっかりしていないならあなたの大事な個人情報を不正利用されたりと、とんでもないことになります。

 

近年はこういう個人情報流出という事件が後を絶ちませんから利用するサービスには特に気をつけたいところです。

 

そのため、しっかりしたサービスを選ばなければいけないこと、そして高く売るために良い業者が加盟しているところを選ばなければいけません。

 

そこで、私がオススメできる車査定を依頼できるサービスで特に使えるものを5つ選びました。

 

  • かんたん車査定ガイド
  • ズバット車買取比較
  • カーセンサー
  • カービュー
  • 楽天車査定

 

かんたん車査定ガイドとズバット車買取比較はどちらも上場している会社で、車査定といえばまず外せないのがこの2社といっても過言ではありません。

 

かんたん車査定ガイドは比較的大きな業者、ズバット車買取比較は地域の中小業者の取扱もありますので、申し込むのが面倒という方も絶対にこの2社は使ってください。

 

車業界では有名なカーセンサーの車査定サービスもあります。こちらは運営母体がリクルートという会社で、大きな会社ですから知っている人も多いのではないでしょうか。カーセンサーは、人的な営業を行っているので他も契約していないような業者にめぐり合える可能性があります。

 

カービューについては、インターネットの車査定を最も早くから行っているために関係の長い業者もいるため、こちらも外せません。

 

最後に楽天については、車査定サービスとしてはここ最近参入してきました。楽天を知らない人はいないと思います。楽天の車査定は利用すると楽天ポイントがもらえます。

 

普段から楽天を利用している方は、せっかく無料で車査定を利用できますから、ポイントをもらうためにも利用してみると良いでしょう。

 

どのサービスを使うかはあなたが気に入ったものを利用すれば良いでしょう。

比較項目かんたん車査定ズバットカーセンサーカービュー楽天オート
登録業者数42社202社多くて不明212社100社以上
最大依頼数10社10社30社8社公開無し
車情報入力数4項目4項目11項目4項目6項目
個人情報入力数5項目6項目6項目6項目5項目
業者選択不可不可
運営会社エイチーム
東証一部
ウェブクルー
東証マザーズ
リクルート
東証一部
カービュー
東証マザーズ
楽天
東証一部
ポイント概算価格が
分かる
一括サービス
が強い
車情報サイト
で有名
一番古い
査定サービス
楽天ポイント
がもらえる

 

⇒査定依頼はこちらからどうぞ!【無料】

 

これらは申し込みの労力としてひとつのサービスあたり手早くやれば1分、ゆっくりやっても3分とそれほど申し込みに時間が掛かりません。

 

査定の申し込みがどのようなものなのか、分からない方はこちらの動画をご覧ください。音は出ないので安心して再生して確認してもらえたらと思います。

 

 

私が車を売るなら、どんなに時間が無くても「かんたん車査定ガイド」と「カーセンサーの査定」は使います。

 

なお、査定額が不満なら【売らなくても】OKです!

 ↓

JADRI加盟査定業者

どうしても高く売りたい人限定の情報

ここから先は、私のようにどうしても車を高く売りたいと考えている人にとって重要な情報となります。

 

車を高く売っている人には当たり前ですが普通の人が知らない方法をこっそり教えたいと思います。

3枚の1万円

お金があればそれだけで問題が解決するようなこともありますよね?

 

  • 1週間後までにお金を用意しなければいけない事情がある
  • 奥さんに車を買おうと相談したらどこに金があるんだ!といわれてしまった
  • 財産を出来る限り高く売らないとどうもすっきりしない

 

こういった悩みはあきらめるかお金を手にするかしか解決できません。

 

私もお金が無くてどうすればよいのか相当悩みました。

空っぽの財布

ただ、お金さえ入ってくれば不思議なことに解決してしまうのもこのような悩みの良いところです。

 

冒頭にもお話しましたが、今回は私の経験を余すところ無くシェアしたいと思った次第です。

 

この情報が役立つのはこのような方です。

 

  • どうしても1円でも高く車を売らなければいけない方
  • 新車の頭金を出来る限り用意しなければいけない方
  • どこまで車を高く売れるか挑戦したい方

実は、一括査定サービスで加盟している業者というものはサービス毎に異なる場合があります。

 

例えば「かんたん車査定ガイド」では大手業者が加盟していますが、ズバット車買取比較においては中小業者が加盟しています。

 

どこかの査定サービスが全部の業者を加盟できれば一番良いのですが、残念ながら高く売れる可能性がある業者全てをカバーしきれていません。

 

そのため、多くの方が「かんたん車査定ガイド」だけ、または「ズバット車査定比較」のサービスの1つだけしか使わないのですが、これでは申し込みができていない業者が存在しています。

 

せっかく高く売ろうと考えているのにこれでは最高額で売るための準備が整っていません。

 

そこで複数サービスを使って、査定申し込み業者数を最大化します。

比較項目かんたん車査定ズバットカーセンサーカービュー楽天オート
登録業者数42社202社多くて不明212社100社以上
最大依頼数10社10社30社8社公開無し
車情報入力数4項目4項目11項目4項目6項目
個人情報入力数5項目6項目6項目6項目5項目
業者選択不可不可
運営会社エイチーム
東証一部
ウェブクルー
東証マザーズ
リクルート
東証一部
カービュー
東証マザーズ
楽天
東証一部
ポイント概算価格が
分かる
一括サービス
が強い
車情報サイト
で有名
一番古い
査定サービス
楽天ポイント
がもらえる

「かんたん車査定ガイド」は誰でも知っているような業者が加盟していますが、中小の業者をカバーしきれていません。

 

そこを「スバット車買取比較」や「カーセンサー」などを利用することでかんたん車査定ガイドでカバーできなかった業者を補完することが出来ます。

 

「カービュー」は古くから付き合いのある業者も加盟していたり、他のサービスでは提携していない業者もありますから外せません。

 

「楽天の車査定」に関しては特に強いアピールポイントが無いですが、楽天ポイントがもらえるので最後に申し込んで最終的に楽天が紹介してくれるところに売ることが出来れば、楽天スーパーポイントが1505ポイントも獲得できます。

 

このように、「かんたん車査定ガイド」を軸にして他サービスも併用することで査定依頼する業者数を最大化できるため、車を出来る限り高く売ることが出来るというわけです。

 

過去の私のように1円でも高く売らなければいけないという方はあなたの車を高く売りたいという目的を達成させる度合いに応じて申し込めば条件が整います。

 

 

動画を見てもらえたらわかりますが複数サービスを申し込むとしても、時間も手間もそれほどかかりません。

一万円札をつかむ手

せっかく数十万円以上、場合によっては百万円以上の現金を手に出来る機会です。

 

ちょっとしたやり方、手間を1時間かけたかの違いで手に出来る現金が数十万円も変わるとしたらあなたはそのチャンスを逃してもよいですか?

 

出来ることをやっておく、これが後悔の無い車売却です。

 

車を高く売りたい方は内容だけでも今すぐ確認してください!

全てのサービス利用は【完全無料】一切のお金が掛かりません

JADRI加盟査定業者

テレビCMでおなじみの大手業者も参加!

1位 最も選ばれているかんたん車査定ガイド

  • 概算額がすぐに分かる
  • 大手車買取業者加盟
  • 車査定シェアNo.1サービス

↓車を査定する方はまずはこちら↓

3位 使いやすいと評判のズバット車買取比較

  • 使いやすい申し込み画面
  • 運営が一括サービスに強い

↓他と合わせて使いたいサービス↓

一括査定以外 営業電話が嫌な方はユーカーパック

  • 業者と交渉が苦手な方
  • 査定はガソリンスタンドで一回のみ
  • 一括査定以外の新しい選択肢

↓営業電話が嫌な方はこちら↓
ucarpac


2位 中古車といえばカーセンサー

  • 業者加盟が最も多い
  • 知名度No.1
  • 申込み業者が選べる

↓カーセンサーの査定↓

4位 カービューは査定のパイオニア

  • 車査定サービスの老舗
  • 長く加盟している業者有り
  • ヤフーの子会社

↓査定サービスの老舗↓
carview

5位 査定でポイントがもらえる楽天

  • 誰でも知っている楽天
  • 査定で5ポイント
  • 売却で1500ポイント

↓ポイントで得をしたい方↓

 

業者が大きく得をするときはあなたは損をしている!

契約書にサイン

残念なことに車を売る人の80%は安く売ってしまっています。

 

車を安く売ってしまっている方のおかげで車買取業者は多額の利益を出すことができているのです。

 

皆様も車買取業者のテレビCMを見たことがありますよね?広告料金は首都圏なら15秒で40万円前後です。

 

安く売ってくれる人がいて儲かっているからこそあれだけ多くのCMを流せるわけです。

 

でも業者を儲けさせてあげた方々、お人よしというわけではありません。

 

むしろ車を高く売りたいと考えて査定に臨んでいるはずなのです。

 

それなのになぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか?

 

実は、たった1つのことを知らなかっただけで車を安く売ってしまっているのです。

 

あなたが知らないうちに車を安く買われている

 

車を安く売ってしまう人たちは、満足して喜んで売っています。

 

安く売ってしまっているのに喜んでいる、満足しているなんておかしいですよね?

3枚の1万円

実は、満足できる最低額で買われているのです!

 

多くの方は業者を車買取交渉のプロであるということを認識していません。

 

そのため、知らず知らずのうちに車を安く売ってしまっているという現状なのです。

 

でも、大丈夫です!

 

一括査定を申し込み、業者間で比較すれば安く売らずに高く売ることができます!

頭を抱えて悩む査定士

業者間で比較されてしまっては、予算いっぱいまで査定額を上げなければいけないためです。

 

高く売りたいあなたなら業者を儲けさせたりしませんよね?

電卓と給料明細

さぁ、給料1ヶ月分を損しないために一括査定を申し込みましょう!

 

なお、査定額が不満なら【売らなくても】かまいません!

 ↓

JADRI加盟査定業者