修復暦ありは大丈夫か?

中古車はリーズナブルではありますが、事故車を知らないうちに買ってしまうのではないかという心配はいつでもありますね。

 

実際に事故があった車を綺麗に直して売っているケースも多々あるようです。

 

このように中古車は新車を買うよりは基本的に安くなっているわけですが、それにあわせて状態が出すお金に対して分相応なのかということを考えながら、リスクと戦わなければいけません。

 

ただ、事故車といっても車の状態を大きく左右するかどうかについても考える必要があり、その程度についても理解する必要があります。

 

今回はそんな事故車を購入してもよいのかということについてお話していきたいと思います。

 

まずは事故車と修復暦車の違いについてお話したいと思います。

修復暦とはフレームなどに損傷がある事故を経験したもの

事故車という言葉は広い言葉ですから、しっかりと使い分ける必要があります。

 

事故車と修復暦車は損傷の程度によって分けられています。

 

修復暦とは車の骨格部分に損傷のある事故を経験した車です。

 

骨格まで損傷があると、直すのは容易ではありません。

 

それは現代の車のほとんどがモノコック構造という骨格構造を採用しているからです。

 

モノコック構造とは、フレームを持たない構造でボディー全体が骨格の役割と担うもので、フレームを持たないのでボディーを軽く出来たり、フレームとシャシーまたはキャビンの接触音がしないため、メリットとしては静かで快適である点があげられます。

 

ただし、一度損傷を受けると回復が容易ではないという点がデメリットとなります。

 

そのため、修復暦があるとなると大きな事故があったと考えるべきです。

 

ただ、修復暦によってはたとえばセダンなどの車で、後方トランク部について損傷しているだけではそれほど車の品質に影響はありません。

 

とはいえ、修復暦ありの車であれば警戒しておくことに越したことはありません。

 

相場より明らかに安い価格の車は修復暦がある車である場合が多く、完全に治すことができない修復があるということを意味していると考えてくださいね。

 

私の知人は修復暦有りのセレナを買いましたが、片方のスライドドアは内部から開かない状態であったり天井のルームライトが付かなくなりました。

 

後者は直接的な原因かは不明ですが、前者は確実に修復暦がある車の特徴で、どんなにうまく直しても完全に修理することの難しさが分かると思います。

 

そして事故暦というのは事故があったかどうかという基準になるでしょう。

 

次に修復暦は事故暦に含まれる概念ですが、事故暦はあっても骨格構造まで損傷して修復していないのであれば修復暦はありません。

 

ただし、事故暦はあるということになります。

 

実際に事故暦というのは一般ユーザーが使う場合はメジャーな言葉ですが、車流通業者間では混同するためあまり使われないことが多いです。

 

そしてユーザーが使う場合には修復暦車の事故レベルで損傷を考えていることが多く、ユーザー側と業者側の言葉がかみ合わないことがあります。

 

とはいっても、多くの場合には業者はしっかりとユーザーに説明はするのですが、たとえば中古車情報を見ているときにはこのような違いがあるということを覚えておく必要はあるでしょう。

ユーザーが中古車を選ぶときに注意するポイントとは

上記のように事故暦が必ずしも車の価値を下げるものではないことは理解していただいたと思います。

 

対して、修復暦は確実に価値を下げてしまいます。

 

修復暦のある車は一生物の傷を負っているというイメージでしょうか。

 

ただ中古車選びというものは妥協は必要です。そもそもどうしてもそういったことが嫌なら新車を買うのがよいでしょう。

 

多少のリスクを負ってでも安く買う、これが中古車購入の本質なのではないかと思っています。

 

もちろん絶版者が好きな方というのもありますが、リスクを負っているという点では同じですね。

 

ではユーザーが車を選ぶときにどうしたらよいか、そこをお話していきたいと思います。

 

明らかに修復暦があると明示しているものを安く買う、これは非常に良い決断でしょう。

 

先ほどはなしに出した私の知人は安く適当に使える車を探していたのでかなりよかったと話しています。

 

価格としては前モデルの日産セレナを30万円で購入していました。

 

問題は、修復暦がないというにもかかわらず修復暦がある車の場合です。

 

明らかに価値が低いものを高く買うのでは損ですよね。

 

モノコック構造の骨格は一度大きな損傷があると直すのは容易ではありませんので、そのつなぎ目をチェックすることをオススメします。

 

一番分かり易いのがドアのヒンジ部分のずれですね。

 

経年劣化でずれています、ということもまあ完全には否定できませんが、そもそも開いたままのドアに負担をかける人はいないと思います。

 

ゆえにしまりが悪いドアは大体修復しているものであることが多いのです。私の知人のセレナのドアについてもお話したとおり、むしろ開きませんでしたからね。

 

あとはボンネットやトランクルームのつなぎ目はよく見てみるとよいでしょう。

 

こちらは素人がちょっと見ただけではわからない場合が多いです。

 

しかし明らかに異常がある場合には注意しましょう。同じ条件の中古車を探すのは難しいかもしれませんが、同じようなものならいくらでもありますからそういった車は避けるべきです。

 

ただし、異常がないことをもって修復暦がないということを断言できないのが中古車選びのリスクですね。

 

⇒中古車の修復暦の調べ方

中古車選びと修復暦まとめ

過去に事故があったからといってその車が悪い車であるとは限りません。

 

バンパーなどは事故を起こしたときに骨格構造を守るためのものですからつぶれてなんぼだったりしますし、仮に修復暦があってもお買い得で目的に合致したものなら良いと思います。

 

ただ、これらを偽って悪いものを買ってしまったとなればせっかくのカーライフも台無しですから、注意して選んで欲しいものです。

 

素人が簡単に出来て、店も隠すのが難しいドアずれチェックは必ず行いましょう!

 

ちょっとでも嫌だなと感じたら別の車にすることをオススメします。

 

恋愛と同じで他にもいくらでも良い対象はありますから、あまりひとつの対象に固執することが問題になることが多いです^^;

 

安く車を買う場合には、それ相応のリスクがあるということを覚悟して買うべきで、リスクを負うからこそ利益があるということを忘れないでください。

 

あわせて、高い金額を出すのにリスクだけ負うのは最悪ですから、買う業者は選ぶ必要があり、心配であれば保証が付けられる業者を選ぶようにしてくださいね。

 

以上、「修復暦ありは大丈夫か?でした。

 

あなたのカーライフにお役立てください。

 

あなたがアクセスできる中古車情報は全体の3割だけ

中古車情報誌のgooやカーセンサーに載っている中古車情報では全体の3割しか見ることが出来ないことを知っていますか?

一般の人が見ることが出来る情報は全体の3割

残り7割の非公開情報を見たい方はこちら

中古車探しサービス

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています

  • 【修復暦があると判明!】悪い中古車を買ってしまったときの補償
    中古車はリスク付きで買うからこそ安く買えるわけで、時には価値ある車を安く買うなどお得な買い物ができるかもしれません。   ただ、これはよいほうにリスクが作用したことであり、悪いほうに作用すれ…
  • 中古車修復暦の確認方法
    事故を起こしている車は車を売るときには値段が下がりますし、買うときにはなにか不具合が起こるのではないかと心配です。   このように、中古車で事故歴があると価値が下がってしまいます。 &nbs…
  • 【格安中古車】良い修復暦車を探す方法
    修復暦車で状態の良い車を見つけることが中古車選びの醍醐味だと私は思っています。   「修復暦車って大きな事故などをした車でしょう?」   大体はそうなのですが、実際に車の屋根に植木…
  • 事故車と修復歴車の違いとは
    中古車情報誌などを見てみると「修復暦有り」なんて書かれていますが、事故車とは違うの?なんて考えることはありませんか?   修復暦と事故暦は言葉としても要素としても似ているのですが、両者は分け…
  • 事故車を高く売ることができるのか
    事故車は当然ながら査定額が下がる要因になります。   例えばバンパーがへこんでいる車よりもそうでない車のほうが査定額が高いのは当たり前ですね。   ただ、バンパーを直した車が事故車…