車のエンジンがかからないときはバッテリーを確認する

「なんでエンジンがかからないんだ!」

 

普段問題なく動いている機械が動かないと普段温厚な方でも、取り乱すことはあります。

 

出先で車が動かないなんてことがあればもう大変ですね。

 

でも、バッテリーが原因で車が動かないということは良くあることなのです。

 

ロードサービスを依頼するときの原因でおそらく一番はバッテリー関連によるトラブルでしょう。

 

それだけトラブルが多いバッテリーですから皆さん気をつけてはいるのですが、車のバッテリーは意外に気まぐれで、いきなり動かないなんてこともあります。

 

寒い地域では効率よく化学変化が起こせないためにエンジン始動が出来なくなったり、しばらく車に乗らないときには完全に放電してしまってバッテリーが使い物にならないなんてこともありますね。

 

ライトをつけっぱなしにしてしまってバッテリーが上がってしまったとあれば原因はわかりやすいですが、そうでなくてもバッテリーは故障してしまうのです。

 

今回はこんな気まぐれなバッテリーについてお話していきたいと思います。

バッテリーの寿命について

車のバッテリーは利用状況によって寿命が変わってきます。

 

派手に使わなかったり、定期的に充電しているのなら10年持つ場合もあるようですね。

 

でも、一般的には2年~3年のサイクルで交換するケースが多いです。

 

この場合には寿命を迎えているわけではないのですが、予備的に交換しています。

 

予備的に交換することで出先で急に車が動かないなんてことが少なくなります。

 

寿命を迎えるバッテリーは何かの拍子で車が動かなくなったりしますので、寿命を迎える前に交換しているわけです。

 

寿命を迎えてしまったバッテリーの見た目ですが、容器が膨らんでいたり、バッテリー液が白くにごってしまうような状態では交換したようが無難でしょう。

 

たとえ、2年や3年経過していなくても寿命を迎えていますので交換してください。

バッテリー上がりとは

バッテリー上がりを経験した人ならわかると思います。

 

車のヘッドライトを付けっぱなしにしてしまった場合には完全にバッテリーが放電してしまって、エンジンが始動できない状態をバッテリーが上がったといいます。

 

このような状態になってしまうと、押しがけできるならエンジンを始動できますが、そうでない場合にはJAFなどのロードサービスを呼ぶか動いている車にブースターケーブルを利用してエンジンをかけてもらう必要があります。

 

なお、ハイブリッド車と電気自動車においては基本的にバッテリー上がりという状態がありません。

 

もしバッテリー上がりという状態になってしまったとしたら、これはもう故障など大事となります^^;

 

次にバッテリーを見たときの状態によって寿命を判断できる場合がありますので詳しく見ていきましょう。

バッテリー液は少なくなっていないか

バッテリーは化学変化を起こして、電気を発生させていますが中に入っている板も液も消耗品です。

 

そのため、利用によってバッテリー液が減ってきます。

 

外から見てわかる方は「UPPERとLOWER」の間に液があるか確認してください。

 

LOWERは下限を意味しますが、これを下回っているときにはバッテリー液の補充をしなければいけません。

 

ただ、車のバッテリーはそれほど高額なものではありませんから、面倒なことをするよりもバッテリー自体を交換してしまう方が多いですね。

バッテリー液の色をチェック

バッテリー液は希硫酸であり、基本的に無色透明の液体です。

 

ただ、バッテリーの使用を繰り返すとバッテリー液が黄色くにごってきます。

 

この状態までいくと、化学変化によって電気を起こすことが出来なくなりバッテリーの機能が低くなります。

 

最終的にはエンジンが始動できなくなりますので、バッテリー液のにごりを確認したらバッテリーが劣化していますのですぐに交換を検討してください。

ターミナルが白くなっている場合

バッテリーの使用を繰り返すと接続されているターミナルが白くなっている場合があります。

 

ターミナルとはバッテリーを繋いでいる金属部分です。

 

このターミナルが白くなっているというのは腐食している状態で、当然交換時期となります。

 

素人の方でもわかりやすいバッテリーの寿命ですので、これを確認したら交換を検討してください。

バッテリーが膨らんでいる場合

これも非常にわかりやすいのですが、わかりやすいラインまでいくと結構危険だったりします。

 

バッテリーは使用を繰り返すと内部に空気がたまり、膨らんできます。

 

携帯電話のバッテリーなどもこのようになりますね。

 

車のバッテリーにおいてもこのような状態になります。

 

明らかに膨らんでいる場合ならまだしも、膨らんでいるような気がする程度では判断できないので、わかりやすそうでわかりにくいバッテリーの寿命ですね。

車用のバッテリーは高くないのでケチることはない

バイクのバッテリーと異なり、車のバッテリーはそれほど高くありません。

 

車のエンジンが始動できないとなってはお金を無駄にするだけでなく時間まで無駄になってしまいます。

 

オイルやタイヤなどはメンテナンスを気にかける方が多いですが、バッテリーはそれほど気を使わない方も少なくありません。

 

あまり車に詳しくない方は法定12ヶ月点検のときや車検のときには、修理工場などで確認してもらうようにしましょう。

 

以上、「車が動かないときはバッテリーをチェック!」でした、

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています

  • 車バッテリーが上がるまでの期間と対処法
    車のバッテリーは放っておくとすぐに使い物になりません。   この状態を「バッテリーが上がる」といいますが、どのぐらいの時間ほったらかしにしたら使い物にならなくなってしまうのでしょうか? &n…
  • バッテリー切れで動かない車を売ることは出来ますか?
    車は放っておくとエンジンが掛からなくなります。   これは何も気分が損ねたなどというわけではなく、多くの場合にはバッテリーがあがってしまうためですね。   よく聞くのが高級車を保有…
  • 【思ったよりも高く無い?】車バッテリー交換時期と費用
    車が動かなくなったときの原因の多くはバッテリーにあるのをご存知ですか?   よくバッテリーがあがった!など言われますが、車は始動時にバッテリーを利用しなければいけないので、放電しきってしまっ…
  • 【車が動かないとき】バッテリー上がりトラブル
    車のエンジンが掛からない原因の多くはガソリンが無いか、バッテリーが機能していないことというのをご存知ですか?   出先で、エンジンが掛からないなんてことが起こると大変ですが、ハイブリッド車や…
  • ハイブリッド車のバッテリー寿命と交換費用
    今最も人気がある車はハイブリッド車のトヨタアクアです。   一昔前はトヨタプリウスがハイブリッド車ブームを牽引していました。   エコカーといえば低燃費で維持費が安いという印象です…