親が勝手に車を売ってしまった場合

いくら親であっても勝手に車を売ってしまうなんて・・・

 

ちょっと信じられないですが、こういったことって少なく無いようですね。

 

例えば、学生であって学業に専念出来ていないからという理由だったり、事故を起こしてしまって危ないからなんていうのも聞いたことがあります。

 

勝手に売られてしまった車について親や販売店に対して損害賠償などの請求を起こすことが出来るのでしょうか?

鍵を握るのは所有者が成人かどうか

まず未成年の場合には、親は法定代理人親権者という扱いになり、特に正当な理由があるときには親にも販売店にも損害賠償請求をすることが出来ません。

 

対して、成人である場合には、判断能力があるということになります。

 

車の売買は本人か委任された代理人しか出来ません。

 

そのため、親に損害賠償を請求することも出来ますし、買取店も権限を持っていない人が行った売買契約を締結したということで、不法行為により損害賠償を請求することも場合によって可能でしょう。

 

つまりは、勝手に売られてしまったとしても所有者が未成年である場合には損害賠償請求が難しく、成人なら損害賠償請求をすることが可能でしょう。

一番良いのは売られる前に対処すること

損害賠償できるといっても、やはり面倒な手続きが必要ですから出来れば車を売る前に阻止したいものです。

 

そこで防ぐための方法をみていきたいと思います。

 

正直、当たり前のことですからそれほど新しいものではないですが^^;

 

売るためには基本的に車の鍵が必要ですから、親に取られるような場所においておかないということは大切です。

 

これがまず第一条件ですね。

 

第二には車検証など必要な書類を車の中に入れておかずに別の場所へ置いておくなどしておくとよいでしょう。

 

もちろん、車に乗っているときにはこれは必要ですから、しばらく乗らないときなどの話となります。

 

第三には、売られるような原因を作らないこと。

 

そりゃそうだろうと思いますが、原因が無ければこのような面倒なことにならずにすみますから、冒頭の例のように学業に専念できない学生は学業を怠ることなく努めてください。

 

車を売られてからでは面倒なため、特に乗らないときには書類をキープしておくのが一番確実ですから、怪しい動きがあったときには準備しておくと良いでしょう。

 

以上、「親が勝手に車を売ってしまった場合」でした。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています