ローン・クレジット審査に落ちてしまったときの契約は?

お金が無いときに車が欲しいときほど、ローンやクレジットの審査って通らないような気がしますよね。

 

一定の基準で審査しているのは間違えないのですが、落とされてしまうと「なぜ自分だけ!」と考えてしまいます。

 

そこで気になるのが車の契約。

 

車を買うことを前提に事がすすんでいたのに結局買えないとなると契約はどうなるのでしょうか。

ローン・クレジット審査が通らないときは契約不成立となる

基本的にディーラーでは、この状態で言及されることはないでしょう。

 

もちろん、ほとんどの車屋ではそれほど問題にならないとは思います。

 

人によっては同情してくれるかもしれません^^;

 

ただ、場合によっては契約が取れなかったことで何かつまらないことを言われるかもしれません。

 

最悪、損害賠償だなんだとか言われるかもしれませんが、見出しにもあるように契約不成立となりますから特にキャンセルに関しては気にする必要はありません。

 

なので、契約できなかったことについて文句を言われても相手にする必要はありません。

 

ただし、例外として契約することを前提として整備や部品調達を始めさせた場合にはその分について賠償を求められるかもしれません。

手付金について

意外に手付金というものについて知らないが多いのでここで解説させていただきます。

 

一般に手付金といえば、仮契約のようなものとしてとりあえず前金を払っておくもの程度に考えていると思います。

 

実際にこれで間違えないとは思いますが、厳密には契約が成立していないときに手付金というのは発生しません。

 

一般に言われる手付金とは、申込み証拠金といって購入の優先権を主張するために支払うもので、売買契約を成立した段階で返還されます。

 

多くの場合には、契約時の支払いの一部にされるケースが多いですので、全体として手付金としてのイメージがついてしまっているのではないかと思います。

 

なお、手付金には2種類ありまして、違約手付と証約手付があります。

 

違約手付は、契約違反を防ぐ手付のことで契約違反があった場合にはそのお金を没収できます。

 

証約手付は、契約の成立について証拠とする目的で支払われる手付けです。証約手付は代金の一部として利用されます。

 

多くの方がイメージしているのとそれほど大きく変わるものではありませんが、契約が成立しているかどうかによって手付金にあたるかどうか変わってきますね。

 

契約が成立していない場合の前払い金については多くの場合返してもらえるので合わせて確認してください。

 

以上、「ローン・クレジット審査に落ちてしまったときの契約は?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています