中古車手付金の取り扱い

よくある質問シリーズで、今回は中古車購入時における手付金の取り扱いについてです。

 

皆さんは手付金と内金の違いを理解してますか?

 

中古車を購入する場合の先払いしたお金の取り扱いについては、これを理解したうえでみていく必要があります。

 

まずは、質問内容をみてください。

 

 

Q:欲しい中古車があったので車をおさえておくためにとりあえず手付金を払いました。

 

しかし、後から別の車屋のほうが同じような条件の車が安く売られていることが分かり、手付金を払った業者に対して返してもらうように請求したのですが・・・

 

「車を買うというから取り置いたのに結局買わないで、しかも手付金を返して欲しいとはどういうことだ!違約金としてこれは弊社が取得する!」といわれました。

 

手付金を払ったからといって車を必ず買わないといけないのでしょうか?

 

 

質問者は中古車購入時に手付金を払いましたが、払った場合に購入をしなければいけないかという点と、その手付金の返却について取り扱いはどうなっているのかという点での質問となっています。

 

確かに手付金は購入を前提として払うお金ですから、業者の言い分も分からなく無い点もありますが、手付金をキャンセル料とするには若干急ぎすぎな説明であるといえます。

 

実はこれ、契約の内容によって変わってくることであり、ここではその点について確認するべきであると考えます。

なぜ契約によって手付金取り扱いが変わるのか

A:まず先に申し上げておくことは契約があったとしても車を絶対買わないといけないということはありません。

 

ただし、契約をしていますので違約金などを請求される可能性はあります。

 

対して契約がない場合には、車を買う必要がないばかりではなく手付金も無事戻ってきます。

 

基本的には契約は書面によって行わなければいけません。

 

そのため、口約束でも契約だ!という主張がされた場合にはほとんどの場合には効力を持たない可能性があります。

 

多くの車屋では、「自動車注文書標準約款」というものを採用していて、契約の成立には納車が行われるか、使用者の登録が完了するか、注文者の依頼により点検や整備などに着手するといういずれかの早いときを契約日としているために、書面であっても契約が有効とならないケースもあります。

 

契約が有効かどうかで考えたらこの問題は単純明快ですね。

 

そもそも、手付金というのはどういう性格があるのでしょうか。

手付金は購入意思の表示

手付金という言葉は一般的に契約のときの前払い金というイメージですが、これは契約が成立していることを前提にしていることをご存知でしょうか?

 

契約前にお金を払うことは「申し込み証拠金」といって、いわゆる前払い金です。

 

対して、契約後にお金を払うものが手付金として扱われ、これには違約金の預かり分であったり、同様に前払い金としての性格を持つものであったりと実際のイメージとは少し異なっています。

 

そのため、契約をしていないならただの前払い金ですから多くの場合には満額返してもらえるでしょう。

 

ただ、多少特殊な場合がありますので、次で確認します。

 

取り置きが特殊な車である場合

前払い金によって取り置いている車があなたしか買わないような特殊な車の場合には、販売店ではキャンセルされた場合に損失を被った場合、あなたに対して損害賠償請求をするかもしれません。

 

その前段階として、前払い金について言及する可能性はあります。

 

ここでも契約が大切になってくるのですが、実質的に損失が見積もることが出来るならば、これについて手付金とは別に、損害賠償請求をされる可能性があるでしょう。

 

ただ、普通に中古車を買う場合には、このようなケースはほとんどなく、特注品で中古車を用意するというのもかなり珍しい状況であるはずです。

 

そのため、一般的な取引ではそれほど気にする必要はありません。

 

特別なケースの場合

例えば、人気車種などの場合において、取り置き期間が長いときにはこの期間に発生した機会損失を見積もれるでしょう。

 

具体的に、売らなかった期間の利益であったり、追加で掛かった経費などです。

 

上記ケースと同様に、損害額の見積が比較的容易だと思いますので、額が額の場合にはあなたに損害賠償請求をしてくる可能性があります。

 

その点において、前受け金分を受け取るという交渉をしてくる可能性があり、まさに今回のようなケースに該当するはずです。

 

もちろん、ほとんどの場合には損害賠償請求は起こされることはありませんが、万が一にも訴えがあった場合には法廷で戦うことも覚悟する必要があります。

通常の状態では無事前払いしたお金は返ってくる

特殊な場合を除けば、基本的に契約が成立していないときにおいて、いわゆる手付金(本来は申し込み証拠金:前払い金)は戻ってくるでしょう。

 

そのため、なにか争いがあったときには契約の有無について確認したうえで主張することがトラブルを大きくしないためにも役に立つでしょう。

 

なお、契約してしまった状態の手付金については、契約書に扱いが書いてある場合がありますので、確認すれば今後どのようなことが起きるのか分かるのではないでしょうか。

 

契約の有無によっていわゆる手付金の扱いが変わってくる、契約したとしても必ず買う義務はありませんが、損害賠償請求されるかもしれないということを確認してください。

 

そのうえで、手付金の返還を請求するか、またその額についても考える必要があります。

 

取引の慣例として手付金を徴収するような状況で、損害賠償まで考えていないケースも多いので、書面による契約が無いときにはお互いの損害について考慮したうえで、決定するのが望ましいといえます。

 

結論として、手付金を払ったら車を必ず買わなければいけないということはありません。

 

あわせて、手付金については書面による契約がなければ返還されるものですが、それとは別に損害賠償請求をされる場合があり、お互いの要求を絶対通すよりもまずは妥協するラインを探すことが最も穏便で望ましい解決方法になると考えています。

 

以上、「中古車手付金の取り扱い」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています