軽自動車の車検費用を安くしたいとき

来月、軽自動車の車検を控えています。

 

前は普通自動車に乗っていたので車検は運輸支局の検査場に持っていくということでした。

 

しかしながら、軽自動車の場合には異なると聞いています。

 

軽自動車の車検はどこで行われるものなのですか?

軽自動車検査協会という団体が行う

先にいっておくとすれば、業者任せにする方はどこに持っていくかということを悩む必要はありません。

 

業者が整備を行って車両を持っていき車検を通すために、ユーザーが自分で何かをする意外では全く用は無いかもしれません。

 

ただ、名義変更などの手続きでは使う機会もあるでしょう。

 

軽自動車検査協会が国に代わって車検などの手続きを行っています。

 

これは普通自動車の運輸支局に代わるもので、車検については同様で、そのほかにも「構造等変更検査」「名義変更」「住所変更」「廃車」など同様となります。

 

指定整備工場では、自社内に車検設備がありますから関係ありませんし、それ以外においては軽自動車検査協会が行います。

軽自動車の車検流れについて

車検の流れについても普通車と変わるところはありません。

 

車体固有の番号を確認したり、タイヤの取り付けや消耗など普通車にユーザー車検を通したことがある方なら大体想像できるはずです。

 

最初に書類を書いて、その後検査場へいって問題が無ければ車検証が交付されるという流れとなります。

車検費用が高いと感じる方へ

車検費用が高くなるのは整備する項目が多い場合か単純に高い業者へ車検を依頼したときです。

 

まず整備する項目が多いというのは、ずっと車検を出さなかったときにあっちこっち整備しなければいけません。

 

私が一番お金が掛かると思っているのがタイヤです。

 

タイヤは4輪車なら4つ交換しなければいけませんから、とても高く付く可能性があります。

 

反面、安いタイヤもありますので車検のときはそれをつけるというのもありですが、安いタイヤはやはりそれなりの性能。

 

いざというときのために、しっかりとしたタイヤを買うほうが無駄が無くて良いでしょう。

 

どうしても安く済ませたい方はユーザー車検を利用するか、車検の比較を行ってください。

 

最近は車検チェーン店が早くて安いので続きを確認してもらえたらと思います。

 

⇒車検チェーン店で価格を確認する
以上、「軽自動車の車検はどこで行われますか?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています

  • 軽自動車の廃車手続きについて
    廃車手続きは軽自動車も普通自動車もそれほど変わるものではありません。   ナンバーを返して法的に抹消するということは同じなのです。   ただ書類については呼び名が異なったりしますの…
  • 軽自動車廃車のやり方には3種類の方法がある
    登録車(普通車)と異なり、軽自動車は管理している組織が異なります。   それに伴い、軽自動車の廃車は登録車の廃車とは異なるものとなりますが、内容としては変わりません。 軽自動車廃車の種類 軽…
  • 軽自動車の車検費用相場はいくら?
    できれば安くしたい軽自動車の車検費用。   車検の内訳や相場が分かれば対処をすることもできますよね?   今回は軽自動車の車検費用相場を内訳別にみていきたいと思います。  …
  • 軽トラックの車検期間・費用はいくらですか?
    「軽貨物」と呼ばれている軽トラックの車検期間や費用は、登録の種類によって変わってきます。   具体的には、自家用か事業用によって「自動車重量税」、乗用車か貨物車によって「車検期間」が変わって…
  • 「ディーラー車検が高い!」費用を値引きしたい方はこちら
    小さな違いはありますけど、ディーラーで車検を受けると金額が高くなることが多いようです。   ただし、高いからにはなにか理由があるのでしょう。   それらの違いをみていきたいと思いま…