定期点検記録簿の見方を教えてください

良い中古車探しというのは、中古車を買おうとしている方の永遠の課題かもしれません。

 

どんなに目利きがよい方であっても、車の状態を完全に把握することは難しく、どうしてもリスクを伴うからです。

 

さて、このような中古車探しですが、一定の判断基準として定期点検記録簿を見てみるというものがあります。

 

今回の質問はこの定期点検記録簿をどう評価するのかという点についてです。

 

Q:友人に中古車を買うときに定期点検記録簿が有る車を選べといわれました。

 

私が何件か車屋を周ると、ほとんどが定期点検記録簿がある車・・・

 

友人の教えに従うと全ての車を選べることになります(笑)。

 

このようなときには当然書いてあることが重要でしょうけれども、どこをどのように見たら良いのでしょうか。

 

定期点検記録簿の見方を教えてください。

 

機械部品は基本的に定期的な保守が必要であり、特に消耗品は交換して新しいものにする必要があります。

 

新車から1万km乗った車で整備していない車よりも5万km乗って整備してある車のほうが状態がよいなんていうのは良く聞く話です。

 

さて、整備状況を記録している定期点検記録簿ですがこれは過去のオーナーが車をどうやって扱ってきたか調べるのに役立ちます。

 

見方はいつにどのような整備が行われているかということですが、この点について詳しくみていきましょう。

名前の通りですが定期的に点検しているかが大切

A:多くの車のダッシュボードに車検証と一緒に入っている書類、それが定期点検記録簿です。

 

この書類があることは当然として、【いつ・どこで・何を】整備したかということが大切です。

 

わざわざ、この記録を車オーナー側で捏造するなんてことはあまり起きませんから、大方信頼しても良い情報でしょう。

 

基本的に新車を買ったときに1000km点検をはじめとして、以後1万kmごと・車検ごとに点検整備をしているならばよく整備されている車といえます。

 

ちなみに捏造することはあまり起きないとはいっても、販売店側には捏造する理由はありますので、その点は疑ってかかる必要はあります。

 

まったく同じ頻度で同じようにメンテナンスしているなんていうのも怪しいですし、また同じような字体で書かれていること、印ならば同じようなインクなんていうのも怪しいものですね。

 

言い出せばきりはありませんが、先入観を持って大丈夫と考えるの危険ですから、何か不正をする理由がある場合には最低限の警戒はしておくべきです。

車の状態を維持するには整備しなければいけない

自動車は機械部品の塊ですから、使っているうちにいつかは壊れてしまいます。

 

もちろん、整備しても完全にこの消耗を避けることは出来ませんが、しなければすぐに壊れてしまいます。

 

一般に言われているのが新車から5000km走った車と5万kmで点検整備した車ならば、後者のほうが状態が良いことが多いということです。

 

このことから、いかに整備が大切かどうかが分かってもらえると思います。

車を売るときに大切に乗っていたアピール

意外かもしれませんが車査定のときに、高い査定を獲得できるように大事に乗ってきたことをアピールしたほうが良いということで言われていますね。

 

まさにこの定期点検記録簿などその証明書のようですが、残念なことに車を売るときには全然役立たないのです(涙)。

 

車の価値は車種・年式・グレード・走行距離・色・修復暦の有無でほとんど決まりますので、査定ではほとんど評価されないわけです。

 

しかし、車を買う側となったときにはこの書類がかなり効力を発揮します。

 

下手をすると車の状態は定期的に点検できていたかどうかに大きく影響を及ぼします。

 

売るときは役に立たなかったのに買うときにはこんなに役に立つなんて珍しいこともありますが、中古車を買うときは必ず確認してください。

多くの距離を走った車や低年式車も定期点検をしていれば怖くない!?

古い車や使いつぶされた印象がある多走行車は非常に手を出しにくい中古車ですね。

 

よく言われるのが走行距離5万kmか5年目の中古車で一山あって、10万kmと10年でもうこの車はダメというレッテルを貼られますね。

 

でも、車は良くも悪くも機械部品です。

 

しっかりと整備されていれば基本的には動きます。

 

なので、もしこの車は気に入ったけど古くて大丈夫か?という不安があるなら定期点検記録簿の整備記録を確認してください。

 

1年ごとにしっかりと整備しているようなら、状態が良い可能性が高くなりますので中古車を安く買いたいならお得な一台となるでしょう。

 

定期的に点検整備することは機械部品の維持に貢献しますので、これをしてきた履歴書として定期点検記録簿を見るのが、この書類の見方となります。

 

以上、「定期点検記録簿の見方を教えてください」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています

  • 24ヶ月定期点検整備とは何ですか?
    24ヶ月定期点検整備といわれてなんのことかすぐに分かる人は少ないようで、私もその一人でした^^;   実はこれ、車検で見られる項目のことで、24ヶ月ごとに点検整備していることを確認してお墨付…
  • 車を買うときのプライスボードの見方について
    Q:中古車を初めて購入します。   車屋にいくとフロンドガラスの中に車の説明があります。   大きく車の価格、そして横には色々書いてあります。   正直、車に詳しくないの…
  • 【車検だけじゃない!】車の日常点検は義務付けられている!?
    車の日常点検とメンテナンスは車使用者の義務となっていることをご存知ですか?   「車、維持費高すぎ!」なんてことであってもお金をかけて修理しなければいけないのです。   これは車検…
  • 古い中古車でも買って大丈夫なのか?
    あなたは車選びをするときにどこを見ていますか?   年式?走行距離?または事故を経験している車かどうかでしょうか?   多くの方はまず走行距離を気にしますよね?   なぜ…
  • 車の定期点検をしないと車検が受からない?
    車の定期点検はしていますか?   最低でもタイヤ、ブレーキ、エンジンは見たいところですよね。   ただ、ここでいう定期点検は車検に必要な24ヶ月定期点検整備になります。  …