古いディーゼル車は環境に悪いので追い出された

最近ディーゼルエンジンが環境に良いと話題になっています。

 

でもちょっと待ってください!

 

ディーゼルエンジンといえば黒い煙や白い煙がモクモク、環境に悪いイメージがあります。

 

首都圏などの都市では締め出したなんて話も聞いていますが、この規制というのはどうなっているのでしょうか?

 

また、最近出たディーゼルエンジンは大丈夫なのですか?

環境性能が悪いディーゼルエンジンは適合地域の中で使えない

新車に搭載されるディーゼルエンジンはクリーンディーゼルというもので、大変環境負荷性能が良いものです。

 

適合地域から締め出されるディーゼル車はあなたが想像している黒い煙・白い煙を撒き散らす車です。

 

自動車NOx・PM法によって車種と適合地域が規定されます。

 

車種は当然、環境性能が悪い車で、トラックやバスなどの車が基本となり、NOx、PMと決められた基準値を満たしていない車は車検を通すことが出来ません。

 

さらに、適合地域内に入って来れないように条例によって環境性能が悪い車の運行も規制されています。

 

なお、適合地域とは、三大都市圏の【東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県・大阪府・兵庫県・愛知県・三重県】の全域及び一部となっています。

クリーンディーゼルエンジンについて

最近のディーゼルエンジンは昔のものと異なり、環境性能が改善されています。

 

むしろ、ガソリンエンジンよりも環境負荷が低いということで、ハイブリッドカーと並ぶエコカーとして注目されています。

 

マツダから発売されている車は「XDグレード」にディーゼルエンジンのモデルが設定されています。

 

なお、日本でエコカーというとハイブリッドカーを指しますが、欧州ではディーゼルカーのことを指します。

 

日本ではシェアが低いディーゼルですが、欧州では約半分のシェアとなっています。

 

当然ですが自動車NOx・PM法に規定されているディーゼルエンジン等とは異なりますので、適合地域内でも問題なく保有、運行することが出来ます。

 

古いディーゼル車においては環境性能が悪いものも多く、適合地域内では規制を受けます。

 

これも新しい車を買ってくれという要請なのかと考えてしまいますね。

 

ただし、地球の環境というのはかけがえのないものですから、商業うんぬんというよりも人類の課題として適合地域外においても徐々に入替が出来ればよいのではないでしょうか。

 

自動車NOx・PM法におけるディーゼルエンジンの適合地域規定については以上になります。

 

何かにお役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています