車を売ったら還付される税金や保険

先日、お得なお話を聞きました。

 

車を売ると売却代金だけではなく税金が戻るそうです。

 

私も半信半疑だったのですが、車を売ったときに買取業者から言われてやっぱりそうなんだなと確信できました。

 

自動車税以外にも戻るものがあるとのことですが、どんな項目でお金が戻ってくるのでしょか?

車を売って戻ってくるのは自動車税だけではない

実は車は先払いで様々なものを払っています。

 

それは自動車税も当然として数多くの項目があります。

 

重要なのが還付されるのにこちらから連絡しなければいけないものもありますので注意が必要です。

 

なお、車を売ったときの戻ってくる項目は大きく5つになります。

 

  • 自動車税
  • 自動車重量税
  • 自賠責保険
  • 任意自動車保険
  • リサイクル料金

 

これらはリサイクル料金を除き、未経過分について支払われるものです。

 

ある意味ではリサイクル料金は廃車時にかかるものですから、厳密にいえばこれも未経過分ということになるでしょうか。

 

そして、車を売ったときには業者によって自動車税や自動車重量税、自賠責保険の未経過分還付については車買取時の査定額に含まれている可能性があります。

 

還付の条件については業者によって異なりますので、車を売る前には業者に確認んしてもらって、売った場合には契約書を確認してください。

 

次にこれら項目を細かくみていきたいと思います。

自動車税

自動車税は4月1日から1年分を先払いします。

 

とはいっても、実際に支払いは5月末となりますので、2か月分については先払いなのか後払いなのか良くわからない状態です。

 

いずれにしても3月末までの1年間分を前払いしていますので、車を売った次の月から3月までの分は還付されます。

 

なお、基本的に車を売ったときには査定額に含まれています。

自動車重量税

自動車重量税は車検として扱われる場合が多いですね。

 

つまり車検の残りという評価です。

 

こちらも月割りで評価されて、査定額の中に含まれて車オーナーに還元されます。

 

車を売るときとは異なりますが、廃車をしたときには還付を受けることが出来ます。

自賠責保険

自動車重量税と同様に車検残として評価されます。

 

月割りで評価されることや査定額の中に含まれる点、廃車をしたときに還付を受けることが出来ることについても自動車重量税と同様です。

 

車の査定内訳を見ると「車検」評価に含まれてしまっていますがしっかりと評価されているのでご安心ください。

任意保険

自動車保険については1年前払いをしたときには、未経過分について還付請求をすることが出来ます。

 

保険会社によって条件は異なりますが、基本的には未経過であるなら還付されるでしょうから、忘れずに行いましょう。

リサイクル料金

廃車時に使用されるリサイクル料金ですが廃車ではなく売却ですから、売主は売った相手にリサイクル料金を請求する権利があります。

 

査定においては他と同様に、査定額の中に含まれているケースがほとんどですから、内訳について契約書などを確認してみましょう。

 

 

基本的には査定額に含まれて戻ってくるものが多いですが、任意の自動車保険についてはこちらから申請しなければいけないので注意してください。

 

以上、「車を売ったらお金が戻ってくるって本当?」でした。

 

お役立ていただければ幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています