自動車税納税証明書をなくしたときに査定を受けることが出来る?

自動車を売るときには自動車税の納税証明書が必要ということでした。

 

実はこの自動車税の納税証明書をなくしてしまったので車を売ることは出来ません。

 

ただ、車の査定を受けることは可能なのでしょうか?

 

すぐに売るというわけではないですし、とりあえず査定だけ受けたいという要求は通るのでしょうか?

査定を受けることは可能だが売るには速やかに再発行をしなければいけない

ここは重要なことなので注意して聞いてください。

 

まず、査定を受けることは可能です。

 

査定は実際の車を見て査定額を決めるだけなので、自動車税の納税証明書は必要ありません。

 

ただしです。

 

ここで気に入った査定額が出たときには、査定額の有効期限がありますので、早く納税証明書を用意しなければいけません。

 

すぐに用意できない場合には、当然車を売ることが出来ませんから、せっかく出た査定額をみすみす逃す結果となります。

 

なので、出来ればすぐに自動車税の納税証明書は用意したほうが良いでしょう。

納税証明書は税事務所で再発行することが出来る

納税証明書をなくしてしまっても大丈夫です!

 

自動車税の納税証明書は税事務所で簡単に再発行することが出来ます。

 

そのため、査定を受けてからすぐに再発行ということも可能ですので、仕方なくそうなってしまったなったとしても問題ありません。

 

すぐに税事務所で再発行を依頼しましょう!

 

再発行に必要な書類はこちらです。

 

  • 申請書
  • 車検証(コピー可)

 

申請書は税事務所にあります。

 

先に用意したいときには税務署のホームページのフォーマットがありますので、ダウンロードして印刷することで用意できます。

 

実は忙しい人でもこれが出来るように、郵送でも再発行申請が可能なのです。

 

この場合には申請書は税務署からダウンロードして必要事項に記入し、車検証のコピーと返送用封筒(あなたの住所を記入後に切手を張ることを忘れずに)を同封して送れば再発行申請が出来ます。

 

なお、このときの車検証のコピーには自動車税納税証明書を再交付して欲しい旨を記載してください。

 

自動車税の納税証明書がなくても査定を受けることが出来ますが、良い査定を受けたときにあわてて再発行ということでは大変なので、出張査定予約をしたときに忙しい方は郵送で再発行申請してみてはいかがでしょうか?

 

以上、「自動車税納税証明書をなくしたときに査定を受けることが出来る?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています