自動車税を払い忘れているが査定を依頼することはできるのか?

自動車税は毎年4月1日に車の所有者(もしくは使用者)に対して、課される税金です。

 

通常、5月前後に納付書が送付されて、5月末までに納めることになります。

 

この自動車税を払うことなく、車の査定を受けることは可能なのでしょうか?

車の査定を受けることは可能!しかし売ることは難しい

自動車税を払っていなくても、査定自体を受けることは可能です。

 

ただし、車を売ったときには名義変更をしなければいけません。

 

自動車税を滞納している場合にはこれが出来ませんので、売却できないということになります。

 

自動車税を払っていないオーナーに対しては、車買取業者もそれほど積極的な査定額を出してくれないかもしれません。

なぜ車買取業者は自動車税未納なオーナーを冷遇するのか

車買取業者は仕入れた車をすぐ業者オークションに持っていって換金します。

 

車を売ってくれるオーナーには積極的な査定額をつける一方で、売ってくれないだろうオーナーにはあまり積極的にはなれないことで査定額が不利になるかもしれないということです。

 

ただ、実際のところは自動車税を払いたくないということで車を売るオーナーもいますので、いつまでに自動車税を支払ったうえで車を売ることを約束するなら査定額が不利にはなりにくいのではないでしょうか。

自動車税未納な場合にどうしても車を売らなければいけないとき

お金を何とかしたくて車を売るという方は自動車税が未納な場合も少なくありません。

 

そこで、大手の車買取業者では査定額から税金額を引く形で支払うようなこともあります。

 

この場合には、車買取業者に対して車検証などの書類に追加して自動車税納付書を引き渡し、最後に振り込まれる額から税金額を差し引くという形になるでしょう。

 

自動車税は月割りで計算されますので、1年分まるまる払うということもなく未経過分に関してはカウントされませんので、どうしても自動車税を払うことが難しい場合には業者に相談してみましょう。

逆に払ってしまった自動車税についてはどうなるのか?

自動車税に関しては1年間分先払いをしていますので、所有権が変わったときには見経過分について還付を受けることが出来ます。

 

ただし、車買取業者に対して査定を依頼して売ったときに、査定額の中に還付分が含まれているケースがありますので、国から直接還付されるよりも業者を通じして還付されるケースがほとんどです。

 

そのため、見積書や契約書をよく確認してみることで、あらぬ誤解を生まなくて済みますので、今一度見てみましょう。

 

 

車を売るときには自動車税を払うことは大切ですが、どうしても払えない場合には業者に相談することでよい解決法を提案してくれるかもしれませんのでお試しください。

 

以上、「自動車税を払い忘れているが査定を依頼することはできるのか?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています