車売却での任意保険の解約手引き

あなたは車を売却などで手放したときの任意保険について、解約などの手続きは済んでいますか?

 

当然ですが、車を手放した後に車関連についての保険適用はありませんから、解約するのは経済的な点からとても有意義なことです。

 

しかしながら、車の任意保険には等級というものがあります。

 

実は、この等級は特定の手続きをすることで引き継げることをご存知でしょうか?

 

こちらでは、車の処分方法について分けて考えたうえで、しばらく車任意保険を利用しないときの等級を保留する方法についてお話していきます。

 

まずは、車の手放し方による区分をみていきます。

車の売り方によって異なる任意保険解約などの手続き

車を売った方法によって手続きが異なり、重要なのは現在の車を手放したあとに、車を保有するかどうかが大切になってきます。

 

  • 車の買い替え
  • 車の売却
  • 家族が車を利用

 

車の買い替えでは、今ある車を下取りに出して新しい車を取得する場合です。

 

車の売却は、車自体は売却しますので、以後継承する保険が無いような状態です。

 

最後に、家族が車を利用するのは、例えば家族に車を譲渡するような状況で、法的な所有権も移転するような状況ですね。

 

ココで大切になるのは、今ある保険を継続するかどうかということです。

 

そして、継続する場合には、新しい車両にどのように適応していくのか、また中断する場合にはせっかく上げた等級をどのように保留するのか、その方法と注意点を確認していきます。

車の買い替え時の手続き

よくあるケースとしては車を買い替えたときには、「車両変更手続き」を行うことになります。

 

車両変更手続きについて気になることは保険料が変動することでしょう。

 

車の保険については、人に対して評価している面と車に対して評価している面があります。

 

人であれば大きくは年齢であり、若年層ほど保険料がとても高いのが特徴ですね。

 

対して車ならば、事故率が多いような車であれば保険料は割高に、そうでない車は事故率が高い車と比べると保険料は安めになっているという状況です。

 

この車ごとの保険料の違いは、細かく規定されているようで、似たような車種ならばそれほど変わるものではありません。

 

ただ、異なる車種や例外的に高い車もあるので、その時には保険料の節約を検討してもよいかもしれません。

 

同じ保険内容でも月々の支払い金額が変わってくる可能性が有りますので、シミュレーションしてみるのも悪くないですね。

 

⇒払いすぎていないか保険料の無料シミュレーションで確認する【利用無料】

 

保険会社に連絡すれば、可及的速やかに対応してくれるでしょうけど、任意保険が加入されてない時期があるとリスク管理について問題がありますので、車を買い替えるときには事前に連絡しておくのが望ましいでしょう。

 

このように、車両変更手続きは契約内容の変更になりますので、それほど大変な作業があるわけではありません。

 

他方、契約内容を変更しなければ保険は有効に機能しませんから、速やかに手続きをしたいものですね。

車の売却時の手続き

車の売却では、車を手放すことによって保険を解約することになりますので、この場合には任意保険解約の手続きが必要になります。

 

そして、ここで得が出来るかどうかの話になるのですが、上げた等級は手続きをすることで等級を維持することが出来ます。

 

このときに、注意して欲しいのが等級が7以上なら必ず「中断証明書」を取得することです。

 

中断証明書とは、特定の事由で任意保険を解約するときに、次に任意保険加入時には保険等級を引き継ぐことができるものです。

 

中断証明書については、後に詳しくお話しますが、簡単にいえば他の保険に切り替えたときであっても等級を維持することが出来るというものであって、保険加入者有利な制度といえるでしょう。

 

ほとんどの場合には、保険解約時には案内があると思いますが、この書類が無ければ新しく車保険を購入したときに等級の引継ぎが出来ないために注意が必要になるでしょう。

家族に車を譲渡時の手続き

この場合には、車の名義変更と同様に保険の名義を変更するだけで問題ありません。

 

その時に気になるのが保険料の変動です。

 

一般に家族に車を譲るときには、若年層に譲るというケースが多く、保険料はとても高い金額になってしまいます。

 

そのため、特に親しくしている家族だからこそのお話になりますが、名義などをそのままにして保険範囲を家族まで広げるほうが、結果として保険料を安く出来る可能性があります。

 

このように、家族に車を譲った場合においては、親しい間柄ということもあって、お金関連についても考慮に入れたうえで車体と保険あわせて名義変更をするか決めるのも悪くありません。

 

ただ他人ではもちろんのこと、家族においても名義変更についてはトラブルが絶えません。

 

親しい仲だからこそ、お互いに気を使うべきでしょうから、場合によっては名義変更してしまったほうが不仲になるようなきっかけを作らずに済むということもあります。

 

ここの判断は難しいのですが、特に20代前半の若年層に車を譲るときには保険料の金額が高すぎるので慎重に考えたいところですね。

中断証明書「手続き・メリット・注意点」

中断証明書は、任意保険を解約したときに等級が7以上なら絶対に取得してください。

 

中断証明書の発行手続きは後に説明する書類を保険会社に送るのみとそれほど難しくありません。

 

中断証明書を取得するメリットとしては、次に保険加入するときに現在の等級を引き継ぐことができます。

 

高い等級なら保険料は劇的に安くなりますので、特に10等級以上など高い状態では忘れずに取得したほうが良いでしょう。

 

なお、中断証明書による等級引継ぎは現在加入している保険会社以外でも適用されます。

 

車をまたいつ乗るかわかりませんから、取得しておいて損は絶対ありません(中断証明書は10年間有効)。

 

注意点としては、期間的なものとしては、保険解約か満期の日から13ヶ月以内に請求することを条件としています。

 

また特定の事由以外においては、中断証明書発行が認められていません。

 

中断証明書の発行に必要な書類

中断証明書の発行には書類を用意する必要があります。

 

  • 保険証券
  • 振込先となる銀行口座番号

 

他には、中断するための事由が分かる証明書が必要になることもあります。

 

保険証券とは、保険契約時に発行された紙のことです。

 

振込先の銀行口座番号に関しては、保険料を1年間先払いしている場合には、返金があるかもしれませんので振込先の銀行口座情報が必要になります。

 

対して、途中解約の違約金や基本的にはないと思いますが後払いの保険料などによっては請求があるかもしれません。

 

主な中断証明書の発行事由

中断証明書の発行には正当な事由が必要であり、それらの証明書を持って発行される証明書となります。

 

  • 廃車
  • 譲渡、リース業者への返還
  • 車検切れ
  • 盗難
  • 災害
  • 記名被保険者の海外渡航

 

中断証明書の発行には特定の事由が必要で、これがない場合には中断証明書は発行されません。

 

つまり、保険料が高いからやめるときには、中断証明書は発行されず、等級の維持について諦めることになります。

 

逆に保険会社を変えるなどの場合、いわゆる自動車保険の切り替えについては等級が維持されるので、中断証明者など必要なく等級は引き継がれることになります。

電話で解約できるのか

電話で自動車保険について解約できたらスピーディーで手間いらずなのですが、残念ながら電話では任意保険を解約することができません。

 

自動車保険の解約には、必ず書類提出による方法をとらなければいけません。

 

なお、損保ジャパン日本興亜サイトでもそのようにアナウンスがあります。

 

⇒損保ジャパン日本興亜サイト:解約手続きは電話のみでできますか?

 

もし、電話で解約できるとしたらその証明をどのようにするかという点で問題になってしまいます。

 

他方、書面ならばある程度の証明能力が担保されますので、例えば勝手に他人に解約されたりなどはなかなか起こらないものとなっています。

 

面倒ですが、自動車保険の解約については、書面での手続きをすることで確実に行われるものとして、ある程度余裕を持って手続きしたいものです。

 

ただ、早期に保険の解約をしてしまうと、いざというときに困るという状況もあるでしょう。

 

そんなときに便利なのが1日から即日利用できる自動車保険の出現です。

当日だけ入れる保険もある

友人から借りた車など1日から任意保険に入ることが出来る時代になりました。

 

車を売る場合に、任意保険解約を早期に行ってしまった場合、1日単位でお手軽に加入できる保険があります。

 

なんと携帯電話から加入できる保険ということで利便性は高いでしょう。

 

⇒車の任意保険の種類比較

 

スマホで一日から加入できるちょいのり保険

一日500円~1000円 携帯電話から加入できる!ということで、例えば友人から車を借りたときに利用できそうですね。

 

⇒ちょいのり保険:東京海上日動公式ページ

 

携帯電話から加入できるというのはとても便利で、出先から緊急的に自動車保険を買うことが出来ます。

 

だからといって、補償内容が悪いこともないのが特徴です。

 

有事になるときは、後から手続きをしなかったことを後悔するということは少なくありませんから、特に運転に自信があるという方ほど入っておくほうが良いでしょう。

車を売るなら任意保険会社にもすぐに連絡する

以上、車を売ったときの任意保険解約関連のお話でした。

 

任意保険は車が無くてもお金がかかるので、解約手続きを忘れないでください。

 

特に解約のときは「中断証明書」を取得することで、次に任意保険加入するときに等級を引き継ぐことができます。

 

等級は1年間無事故で1等級しか上がらないので、あげるのに時間がかかります。

 

保険加入期間に基づく等級はある意味で資産ですから、しっかりと資産を引き継げるようにしましょう。

 

以上、「車の売却で任意保険解約」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

 

あなたは、毎月余計にお金を払って
損をしているかもしれません!

自動車保険は、補償内容は同じでも会社やタイミングによって保険料が異なることをご存知でしょうか?

 

払いすぎている保険料は、見直しすることで節約することができ、平均3万円ほど、また5万円以上節約できる場合もあるから驚きですよね!

 

あなたが自動車保険料について節約したいと考えるならば、定期的な試算をすることをオススメします。

 

試算方法を確認する【利用無料】

自動車保険バナー

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています

  • 自動車保険の見直しタイミングは満期前だが・・・
    自動車保険の見直すタイミングというのは、いつがよいかといえば当然契約満期前になります。   満期の後に見直しをするとその期間の保険はどうするのか、もしくは自動更新のような状況では困りますよね…
  • 廃車をしたときの自賠責保険還付の方法
    こちらでは廃車時の自賠責保険の還付の方法についてお話します。   廃車をして、車を法的に使えない状態にすることで自賠責保険の未経過分について還付請求をすることができます。   ここ…
  • 車の任意保険料が高すぎるときのテクニック
    最近はダイレクト型の保険が台頭してきています。   ダイレクト型の保険とは代理店を通さない保険のことで、保険料を安くすることが出来ます。   その反面、ある程度保険の知識がないと効…
  • 軽自動車廃車のやり方には3種類の方法がある
    登録車(普通車)と異なり、軽自動車は管理している組織が異なります。   それに伴い、軽自動車の廃車は登録車の廃車とは異なるものとなりますが、内容としては変わりません。 軽自動車廃車の種類 軽…
  • 引っ越しをしたときの車庫証明手続き
    Q:やっと引越しが終わったと思ったら実は車についても住所変更しなければいけないとは・・・   引越しは荷物など物理的な面倒は多いですが、実はソフト面についても面倒が多いものですね。 &nbs…