軽自動車衝突安全性ランキングはあてにしない

軽自動車の安全性に疑いがある画像

ニュースでは軽自動車の事故が取り上げられると車体は大破、対して相手のトラックはただバンパーがへこんだだけという映像を見る機会が多いと思います。

 

軽自動車が新車販売台数の4割を占める昨今、その安全性について多くの方が気になっているはずです。

 

ダイハツのディーラーなどにいくと普通車と同様の衝突テストをしているうえで評価があるということ。

 

これを考えると普通車と同様の試験で同じ評価ならば、安全性は同じなのかと考えてしまいますが、実際のニュースを見ると軽自動車はとても危ない乗り物であることを実感してしまいます。

 

軽自動車の安全性については独立行政法人自動車事故対策機構という団体が衝突安全性という項目で評価をしています。

 

⇒独立行政法人自動車事故対策機構ホームページ

 

この中の自動車アセスメントには、車両ごとの安全性評価が分かるのですが、客観的データは有効に利用できるのか?という点について深くみていきたいと思います。

 

軽自動車の衝突安全性のテスト関連、つまり評価基準の前提から確認していきましょう。

 

なお、自動ブレーキなどの「安全装備」については、衝突安全性とは別の区分のお話になります。

軽自動車の衝突安全性テストとは

国産車の衝突安全テストは、独立行政法人自動車事故対策機構という団体がテストを行っていて、車種によって星が1から5までの評価をつけています。

 

このように、第三者機関による評価が行われたうえでのお話となっています。

 

そのため、ディーラーが言っていることは間違えではありません。

 

ただし、どこまで信じてよいのかは、生命の危険がかかっているだけあって最終的にはあなたが判断することが望ましいでしょう。

 

よく言われているのは、軽自動車に乗ることは走る棺おけに乗るようなもので、安価な買い物は命を張ることになるというもの。

 

さすがにここまでは言いすぎではないか?と思いますが、冒頭の写真のような状況を見るとあながち否定できないところもあります。

 

次にこの衝突安全性のテストについて、内容を確認しましょう。

衝突安全性テストの内容

衝突安全性のテストは4つの条件下によって行われます。

 

これらのメニューを簡単にいえば、前からぶつかったテストを2つと側面及び後方の4つのテストを行っているというものになります。

 

テストメニュー テスト詳細
フルフラップ衝突 時速55kmで壁に衝突
オフセット衝突 時速64kmで前面の40%だけがぶつかる形で衝突
側面衝突 静止状態の車に側面から、950kgの台車を時速55kmで衝突
後面衝突 静止状態の車に同車種のクルマを後ろから時速36.4kmで衝突

 

良く車をぶつけてどの程度車体がへこむのか?または搭乗員に損害はないか?なんていう映像を見せられることがありますが、まさにその状況がこのテストなわけです。

 

ここで、特に注目して欲しいのが車の速度です。

 

これらは法定速度内ないしは高速道路での話ではありません。

 

つまり、高速道路の事故や法定速度外の事故については、起こりえないまでは言わなくても、ここにあるテストとして想定していないということになります。

 

それに対して、ドイツ車はアウトバーンにおいて時速200kmオーバーでの事故でも搭乗者が生き残れるような車作りというのを目指して設計しています。

 

この差は、かなり大きいでしょう。

 

当たり前ですが、ドイツ車と軽自動車で耐久性を比較したら当然ドイツ車のほうが優れているといわざるを得ません。

 

やはり、軽自動車が危険であるかどうかというところは、安全性に懸念があるのならば選んではいけないということになるでしょう。

 

もちろん、外車と比べると多くの場合には、国産車全般に言えることです。

テストが軽自動車に有利になってしまう点

テストにおいて軽自動車が有利とされる点についてですが、実際の事故耐久性や安全性には直接的に影響しないことが多いです。

 

つまり、実際に事故が起きるとこの有利な点が有意義に働かない可能性があり、ここでの話は理論的な話としてお考えください。

 

軽自動車は車体の重量が軽いので、衝突時の運動エネルギーは低くなります。

 

このことは特に衝突安全性ということに関していえば、衝突安全性性能も車体重量に比例して必要になることから、車体重量が比較的軽い軽自動車は有利になる可能性があります。

 

もっとも、最近では車体重量が重い軽自動車も登場していることから、逆にとても危険な状況になっているような可能性もあり、さらに室内空間を広く取っているならば衝突安全性も厳しい評価をせざる得ません。

 

とはいえ、部分的な安全性について取り上げたところで実のところそれほど意味がないのは冒頭の写真のとおりだと私は思っています。

 

特別に安全性能が高い車と評価されているわけではない軽自動車は、当たり前ですが安全性能は低いのではないかと考えてしまいます。

構造的に不利な軽自動車が危ない理由

軽自動車が不利な点は、軽自動車規格によって車体重量や大きさが決められているので、普通車に比べて弱い構造となってしまう点です。

 

特にテストでよい評価だったというのは、テストでは先ほどもあげた有利な点で点数を伸ばすことができるからでしょう。

 

実際の事故では、この不利な点が致命となり死亡につながる重大な事故につながっています。

 

まとめますとやはり構造的には軽自動車が弱いのは間違いありません。

 

また、衝突安全性能のテストはただの指標程度に収めておくのが良いでしょう。

 

テストでは良い点数と悪い点数の相殺ということもありますし、いざというときに役に立つのは搭乗者までのボディーの厚みであると私は思います。

相互事故における側面・後方から追突されるときが危険!

事故といえば正面からぶつかるような状況を考えますが、これは単独事故などの状況であり、約8割の事故は車両同士の相互事故です。

 

テストでは、前面をぶつけるというものがありましたが、これは多くの場合に単独事故の安全性です。

 

また、側面や後方の安全性テストでは同種の車であったり、あらかじめ決められた重さの代車をぶつけるようなものでした。

 

しかしながら、実際には後方からぶつかってくるのは、軽自動車よりも重い車であることが多く、ページ冒頭の写真ではトラックが軽自動車の土台より上で吹き飛ばしていましたね。

 

このような相互事故で恐ろしいのは、軽自動車の装甲の薄さです。

 

側面や背面は、すぐに搭乗員の席になっていて、衝突がダイレクトに影響してしまします。

 

普通車でトランクスペースがあるような車の場合には、これが衝突を緩和してくれる役割を担うために、物理的距離として搭乗員を守るといっても良いでしょう。

 

他方、軽自動車では構造的にそれが難しい機構になってしまします。

 

正面はまだエンジンがあるから良いとしても、後方や側面については物理的な距離や装甲が薄いところを考えると、普通車と比べたらどうしても危険であると考えてよいのではないでしょうか。

 

ちなみに、正面衝突ではどうなるかといえば、当然ですが両者のエネルギーがぶつかることと、基本的にエネルギーが大きいほうが勝ることになるために、極端な例では軽自動車とトラックの衝突では、軽自動車側が玉砕すると予想しますので、正面なら大丈夫ということではないことを留意してください。

軽自動車の死亡率は高くない!のカラクリ

ここまで見てきたように軽自動車は構造的なこともあって、わざわざ普通車などと安全性能を比べるというのは意味のないことなのですが、死亡率の高さについてそれほどでもないという反論を時々目にします。

 

確かに、軽自動車に限ってみても死亡率は高くないというのは現状ですが、これは単独事故も含めての話です。

 

先ほどもお話したように自動車事故全体としては、相互事故が8割であり、単独事故は2割となっている状況です。

 

ただ、この自動車事故全体というところを見て欲しいのですが、軽自動車では意外に単独事故も多いのが現状のようで、そうなると前からぶつかるような状況で、このときには車体が軽い軽自動車が比較的安全とされる前方からぶつかった場合によるものが多くなるために、死亡率で見るとそれほどでもない数字になるのでしょう。

 

構造的に制約を受ける軽自動車について、死亡率を考えるのはそれほど賢いことではなく、そもそも自分の命をかけるとしたらこのような危険な賭けに乗る必要はないはずです。

 

そのため、普通車を選ぶか軽自動車を選ぶかどうかの決定時に、あまり死亡率を当てにしないほうが良いと考えています。

やはり軽自動車は安全面で厳しい

軽自動車は決まった規格内で作ることを要求されています。

 

このような規格内に作らないといけない軽自動車は、前に説明した理由から危険であるといわざるを得ないでしょう。

前方が大破した軽自動車

極端な例ですが、車体のつぶしても良い部分が多い自動車とつぶせる部分が少ない自動車が衝突したら同じ損傷だったとしても後者の被害は大きいでしょう。

 

車体の大きな軽自動車が存在すれば良いのですが、残念ながらそれは軽自動車ではありません。

 

現在の軽自動車は縦方向にしか大きくできないので、室内を広くするために縦方向に大きくすればさらに安全性が落ちてしまうというジレンマがあります。

 

そのため、軽自動車という規格内では当たり前に有事の際には危険性は増大するのは当然です。

 

以上より、衝突安全テストというのはある意味で指標でしかないと考えるのが適切でしょう。

 

そのため、最近ではコンパクトカーが軽自動車と同格になってしまったことから、普通車にするか軽自動車にするか悩む機会に、車の安全性について考えることが多くなりました。

 

当然ですが、安全性を追求するなら軽自動車規格の無い普通車を選ぶほうが望ましいと結論付けます。

 

⇒軽自動車の乗員損傷についての調査

衝突安全性ランキングトップはホンダN-WGN

一応軽自動車においても衝突安全性で優れているといわれている車があります。

 

ホンダのN-WGNは新・安全性能総合評価で5つ星を獲得しました。

 

先ほどの結局は平均だから、軽自動車規格内ではどうしても安全性は低くなるというお話をしましたがそれでも現在の国内新車販売台数の4割は軽自動車となっている現状があります。

 

最近流行りの屋根が高いタイプではないですが、だからこそ安全性能が高いのです。

 

所詮は衝突安全性能のテストではありますが、軽自動車の中で比較するなら良い指標になると思います。

 

少しでも、安全な軽自動車を買いたいと考えるのならホンダN-WGNは良い選択なのではないでしょうか?

ホンダN-WGNの安全性能総合評価

ホンダN-WGNホームページより引用

http://www.honda.co.jp/N-WGN/

安全性を考えるなら軽自動車を選択してはいけない

ここまで車体の大きさにおける自動車の安全性を申し上げてきました。

 

また衝突安全テストというのは、指標にしか過ぎずこれを軽自動車か普通車かを安全性で選ぶのはナンセンスであるということも言ってきました。

 

安全性で車を選ぶなら、絶対に軽自動車は選択しないでください。

 

また軽自動車の中で安全性が高いものを選ぶとなれば、N-WGNのような新しくて屋根が高いタイプ出ない車を選ぶようにしましょう。

 

ちなみに、極端に安い軽自動車では価格と燃費を追求しています。

 

屋根が高くなくても安全性能は低いので要注意です。

 

事故による損傷では、保険によってリスクに対してお金を備えることはできても、身体の安全に備えることはできません。

 

あなたの車の選択で人生の存続に関わってくる場面もあるでしょうから、車選びは慎重に行ってください。

 

とはいえ、「予算が足りないから軽自動車を選択する、でも安全性も気になる!」という方は、安く良い普通車の中古車を探せば解決することもありますので、次をご確認ください。

 

⇒安全な普通車を安く探したい方の中古車検索サービス

 

以上、「軽自動車衝突安全性ランキングはあてにしない」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています

  • 自動ブレーキの性能比較【軽自動車と普通自動車】
    最近の車には標準装備であったりグレードによって選択できる安全装備として自動ブレーキ機能を備えて衝突回避支援機能がありますよね。   あの装備について少し考えて欲しいのですが、自動ブレーキはち…
  • 軽自動車の燃費ランキング(2015年版)
    現在からは考えられないと思いますが、過去においては軽自動車は燃費が悪いものでした。 技術革新が著しい昨今、各社非常に低燃費な軽自動車の開発を競っています。   今回は2015年の軽自動車燃費…
  • 後部座席のシートベルト義務化と誤検挙について
    車の後部座席はシートベルトを締めることが義務付けられていますが、罰則規定などの有無によってなんだか良く分かりにくくなっていますね。   今回は過去にシートベルト関連で誤検挙になったときの質問…
  • 軽自動車の廃車手続きについて
    廃車手続きは軽自動車も普通自動車もそれほど変わるものではありません。   ナンバーを返して法的に抹消するということは同じなのです。   ただ書類については呼び名が異なったりしますの…
  • 中古車購入時に溝が減っているタイヤは交換依頼できる?
    中古で車を購入する場合には、消耗部品は新品でない場合があります。   とはいえ、中古車ですからそれは当たり前のことで、別段新しくするようにしなければ古いままなのは当然です。   た…