廃車をしたときの自賠責保険還付の方法

こちらでは廃車時の自賠責保険の還付の方法についてお話します。

 

廃車をして、車を法的に使えない状態にすることで自賠責保険の未経過分について還付請求をすることができます。

 

ここで、重要なのが2点です。

 

  1. 車を法的に使えない状態であることを証明しなければならない
  2. 未経過分の自賠責保険返還は自ら請求しなければならない

 

つまりは、無保険車が発生しないように廃車状態であることが確定する証明が必要であって、さらに自分で還付の請求をしなければいけないということになります。

 

自動車税については、廃車したときに未経過分は後に手続きなしで振り込まれますが、自動車重量税については自賠責保険同様に手続きが必要になります。

 

ここで、自賠責保険と自動車重量税の還付については廃車手続き時に同時に行ってください。

自賠責保険の還付請求のやり方

廃車手続きによって法的に車が乗れない状態にしなければいけません。

 

そのため、ここでの廃車手続きとして一時抹消・永久抹消を行います。

 

そこでナンバープレートを返納、または車を解体することで以下の書類を入手できます。

 

これを証明できる書類が自賠責保険の還付には必要になってきます。

廃車手続きと自動車の種類により異なる書類

  普通車 軽自動車
一時抹消 登録識別情報等通知書 自動車検査証返納証明書
永久抹消 登録事項等証明書解約事由証明書 検査記録事項等証明書解約事由証明書
書類入手場所 運輸支局自動車検査登録事務所 軽自動車検査協会

それぞれ異なるように思えますが、実際のところは廃車をする場所にいって廃車手続き後にもらえる書類を持ってくればOKということになります。

自賠責保険に還付請求を行うときに必要な書類

必要書類 入手場所
自動車損害賠償責任保険承認請求書 最寄の自動車販売店や損害保険の会社
運転免許証(コピー)※ 持っている・もしくは用意
車を使用出来ない証明書(上コラム書類) 運輸支局自動車検査登録事務所軽自動車検査協会
有効な自賠責保険証明書(1ヶ月以上) 持っている
認印 用意

※保険会社へ直接出向く場合には、運転免許証の提示となります

※保険会社によっては 「印鑑証明」が必要な場合もあります

※自賠責保険の住所と免許証の住所が違う場合には、住民票など、住所のつながりを証明できる書類を添付する必要があります

 

役所仕事なので、書類が無い状態では門前払いをされることになります。

 

そのときには2度手間になってしまいますので、必要な書類を絶対に忘れないようにしましょう。

陸運局で抹消手続きをする

抹消手続きを行ってからでなければ書類が入手できませんので、自賠責保険の還付請求ができません。

 

抹消手続き自体はそれほど難しいものではなく、書類を提出して不備が無ければ手続きが完了するという流れになります。

 

なお、このときには自動車重量税の還付についても同様の日程で行うことが出来ますので、手間を省く意味でも同時に行うようにしてください。

 

⇒自動車重量税の還付もあわせて確認

加入している自賠責保険会社窓口に出向いて還付手続きを行う

加入している自賠責保険(損保ジャパンなど)窓口へ出向いて還付手続きを行います。

 

必要書類は次の3つになります。

 

珍しいものは必要なく。ここまでで取得した書類であったり、その関連書類を持っていくだけで問題ありません。

自賠責保険会社窓口で必要な書類など

 

  1. 陸運局で発行される証明書のコピー
  2. 原本の自動車損害賠償責任保険証明書、いわゆる自賠責保険証
  3. 所有者の認印

 

振込先の口座を指定するために銀行名、支店名、口座番号、口座名義を所定の申請用紙に記入して書類などを提出し完了となります。

 

7日~10日後に還付金が指定した口座に振り込まれます。

自賠責保険還付の注意点

自賠責保険は未経過分について月割りで還付請求をすることができます。

 

ここで注意してほしいのが解約日は保険会社に出向いて書類を提出した日となります。

 

そのため、廃車をしたらその時点が解約日となるわけでなく、廃車後はすぐに保険会社で解約手続きを済ませましょう。

 

特に月をまたぐようなときには還付される金額が減ってしまいますので要注意です。

 

 

以上、自賠責保険の還付手続きですが、自動車重量税のときと異なり一時抹消でも問題ありません。

 

次の表は関連手続きの還付請求と条件などです。

廃車をしたときの還付等手続き一覧

手続き 還付請求 条件 振込みまで
自動車税 必要なし 譲渡廃車 3ヶ月前後
自動車重量税 必要 永久抹消 4ヶ月前後
自賠責保険 必要 一時抹消永久抹消 7日~10日

この3つについて、前払いで払っているので未経過分については還付を受けることが出来ます。

 

自賠責保険は振込までの期間は比較的早いのですが、そのほかについては忘れたころに口座に振り込まれているということが多いようです。

 

まあ、期待して待つと長く感じますので、手続きをしたらあまり気にしないことが精神衛生上望ましいのではないでしょうか。

 

これで自賠責保険還付などについてのお話は終わりとなります。

 

以上、「自賠責保険の還付は廃車をすればよい?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています

  • 軽自動車廃車のやり方には3種類の方法がある
    登録車(普通車)と異なり、軽自動車は管理している組織が異なります。   それに伴い、軽自動車の廃車は登録車の廃車とは異なるものとなりますが、内容としては変わりません。 軽自動車廃車の種類 軽…
  • 【忘れてはいけない!】廃車で重量税が還付される手続き
    廃車をしたときは重量税や自賠責保険料が戻ってきます!   ただし、これには複数の条件があるのでひとつずつ確認していきたいと思います。   なお、車検関連について自動車重量税にあわせ…
  • 車買い替え時の自賠責保険取り扱い
    車を乗り替えたときの自賠責保険の適用はどのようになるのでしょうか?   特に下取ならディーラーに丸投げできますが、最近は買取のほうが金銭的に得だといわれています。   特に買取のと…
  • 廃車するための書類と方法
    廃車自体はただ書類を揃えて提出するだけで行うことは出来ます。   なお、廃車には一時抹消登録と永久抹消登録がありますが、どちらもそれほど大きく変わるものではありません。   ユーザ…
  • 軽自動車の廃車手続きについて
    廃車手続きは軽自動車も普通自動車もそれほど変わるものではありません。   ナンバーを返して法的に抹消するということは同じなのです。   ただ書類については呼び名が異なったりしますの…