【返してもらえるのか?】車売却のリサイクル料金

車を取得したときにはあらかじめ廃棄するときの代金を徴収されています。

 

これが車のリサイクル料金です。

 

ただあなたは車を売ったわけで、廃棄処分したわけではありません。

 

他方、車のリサイクル料金は前払いのものですから、廃棄処分していないものに関して払ったものは返してもらえるはずです。

 

こちらでは、この前払いした車のリサイクル料金を車売却時は返してもらえるのかということについて確認していきます。

自動車リサイクル料金で損をしないために!

自動車リサイクル料金は最終的に廃車をする人が払うのです。

 

そしてここが重要です!

 

あらかじめリサイクル料金を徴収している場合がほとんどです。

 

つまり大体の場合には廃車しないにも関わらず、料金を払っているという現状です。

 

ということは車買取業者に売った場合には、大体のケースでは払っている場合が多いのでこれを請求することができます。

 

廃車していないのですから、当然ですよね?

 

でも、車買取業者にそのような説明をしっかり受けているでしょうか?

 

実は車買取額に反映していますという名目で返還をしていないケースがほとんどです。

 

いわゆる、書類の隅に記載しているでしょう?ということです。

 

実際に、買取額に反映されているかどうかは別として、ここであなたが気にしたいところが車買取業者は自動車リサイクル料金などで金を稼ぐことができるということです。

 

そのため、査定額が付かないようなときになんとか値段をつけましたというところでは実は儲ける算段をつけていてそのような見せ方をしている場合もあるということです。

 

ただし、車に詳しくない人がそれを主張したところでなにも変わりません。

 

非常に残念なことです。

 

でも、「車買取業者はなんとか買ってくれて良い人だなぁ」という感情を持たずに冷静に比較交渉をしようという動機になりますよね。

 

車査定・買取はあなたにとってもビジネスなのです!

 

これを理解して感情移入せずに高く売るという動機ができればあなたは車をさらに高く売ることができるでしょう。

 

以上、自動車リサイクル料金についてあなたの損得に関わる部分でした。

ヤフー知恵袋を見るとユーザーが不安を抱えていることがわかる

Q:自動車リサイクル料金の流れについてですが
基本的に(リサイクル料金預託済み)自動車を売買する際に
その自動車を購入する人(買い手)は
元の持ち主(売り手)には「車両の代金」と別に
「自動車リサイクル料金」を支払うことになっていますよね?
で、最終的に「廃車」にする人には「自動車リサイクル料金」は戻らない。
(最終的な持ち主が解体業者等に支払う形になるって感じですか?)

そこで疑問なのですが
最近の大手ディーラーは、どんな車両(多走行・高年式等)でも
自社オークション(もしくは他社オークション)に流し
そのほとんどが売れていると聞きます。
で、オークションで売れた車両は「中古車扱い」になり
落札した人(業者)は「自動車リサイクル料金」を含んだ金額を支払うことになる。

ということは、現在の大手ディーラーは
新車を購入した客の車両が
どんなに中古車的価値の無い車両でも
中古車として買取し
「自動車リサイクル料金」を、その客に戻しているのでしょうか?

その辺の事情に詳しい方いらっしゃいましたら、ご解説お願い致します。

補足
早速のご回答、ありがとうございます。
それでは、以前のように
廃車処分代として数万円(確か3~5万円くらいだったと記憶していますが)の
処理費用を取るディーラーは
現在はいないって事でよろしいのでしょうか?

A:もちろん。たとえ1円でも有価で下取りしたのであれば、戻さないといけない。

本当はスクラップにするような車でも
無理やり下取り金額をつけて、下取りすることがある。
そうすると客はリサイクル費用の戻りがあり、販売店もオークション、最悪でも鉄くずで解体屋に売ることができる。

有価ではなく、0円で引き取ってしまうとスクラップにしないといけない決まりがあるので、そうしてるわけ。

補足
スクラップにしないのであれば「廃車処分費用」としては徴収しない。
ただし、有価の下取りでも移転登録、抹消登録等は必要なので、「下取り車諸手続き費用」として徴収することはある。

販社によっては、一切徴収していない法人もあるので、法人によって違うとしかいえない。

 

このように実は返してもらえるのを知らずに引き渡してしまった方も少なくありません。

 

とはいえ、車の下取であったり買取の場合において、大手業者がかかわる場合にはたいてい査定額の中に含まれていることがほとんどです。

 

もし車をすでに売ってしまったという方でリサイクル料金について疑問を感じているなら車買取の契約書を確認してみましょう。

 

自動車税についても同様ですが、多くの場合には査定額の中に反映されています。

自動車リサイクル法に基づく考え方

平成17年1月に施行されました。料金を払うタイミングはこの3つです。

  • 新車購入
  • 平成17年2月以降初めて車検
  • 自動車を廃車

自動車リサイクル料金は1度払ってしまえば、その後支払う事はありません。つまりは前払いというケースがほとんどです。

 

一回払えば良いので何度も払う必要はありません。

 

そして、自動車リサイクル料金は車を処分する人が支払います。

自動車リサイクル料金は、最終的に車を処分する人が支払う事になります。

 

解体した場合ではなく売った場合などには、売却した車両代金に加えて自動車リサイクル料金相当額がもらうことができます。

 

ただし、車査定業者などは査定額に含めているという構造である場合がほとんどです。

 

自動車の廃車手続きをしたい場合などは、車買取業者等に車を是が非でも売れば自動車リサイクル料金分を請求できるので、結果的に自動車リサイクル料金を支払わずに済むという裏技的なことも可能です。

 

「自動車リサイクル料金を支払ってある車を他人に売る場合は次の所有者から売却車両代に加えてリサイクル料金相当額を受け取る権利がある」ということを知っておくと車の所有権が移るときには有利に立ち回ることができるでしょう。

 

以上、「【返してもらえるのか?】車売却のリサイクル料金」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています

  • 車を売ったときにリサイクル料金は戻ってくるのか?
    リサイクル料金というのは車を解体したときのリサイクル費用を、前払い(預託)しているものですね。   2005年より自動車リサイクル法によって、廃車時のリサイクル料金を預託することになりました…
  • 車を売るときのリサイクル券紛失と再発行
    Q:私は車を下取に出して車を購入しようと考えています。   こちらで、書類はそろえておいたほうが良いというページを確認したのですが、なんとリサイクル券がどこを探してもない!   と…
  • 廃車時にリサイクル券紛失で再発行
    Q:次の車検を受けずに車を廃車しようと思っています。   ただ、凄く重大な事実が・・・   なんと!リサイクル券がどこを探してもない!   廃車といえばリサイクル券が必要…
  • 廃車のときに気になる自動車リサイクル法ってなに?
    家電などを粗大ゴミに出すときにはリサイクル券というものを張りますよね。   現代の消費社会においては、物を買うことと捨てることはどちらも甲乙付けがたいほど大切なこととなっています。 &nbs…
  • 車を売ったら還付される税金や保険
    先日、お得なお話を聞きました。   車を売ると売却代金だけではなく税金が戻るそうです。   私も半信半疑だったのですが、車を売ったときに買取業者から言われてやっぱりそうなんだなと確…