改造していない車は高く売れるのか

一般に改造している車は査定額が厳しいことが多いです。

 

というのも車査定業者は買い取った車をそのままオークションに流して換金するか、店頭で販売するか。

 

いずれにおいてもすぐに処分するために売りやすい車を好むからです。

 

改造車であればなにかしら価値はあるのかもしれませんが、あまりにも一般的でないと評価されず、大きな減額要素になりかねません。

 

それとは対照に改造を全くしていないノーマル車なら高く売ることができるのでしょうか?

 

なお、改造車の場合にはこちらです。

 

⇒改造車を高く売ることはできるのでしょうか?

下取査定においては好まれるが特別に高くなるわけではない

下取査定においては特にノーマル車であることは好まれます。改造部分が一般的に価値があっても評価しませんし、または減額すらされるかもしれません。

 

このように下取ではノーマル車であることは特別に良いことではありますが、加点されるわけではないことを知っておいてください。

 

逆に買取査定では、改造も一般的に価値があるホイールなどなら評価されます。

ただしあまりにも一般性がないエアロなどの改造の場合、減額されることもありますので一概にどちらがということはいえないでしょう。

 

買取ならもしかしたら改造部分も良い評価をもらえるかもしれない程度で考えておけば間違えありません。

状態が明らかによくワンオーナー車なら評価されるかもしれない

買取においても実はノーマル車であることで評価が高くなるわけではありません。

 

ただし、どうしても査定して見えない部分はある程度信用に頼ることになると思います。

そのため、ノーマル車であってワンオーナーならある程度車体について信頼を得ることができるでしょう。

 

このことから、査定額が若干ながらよくなるかもしれないということはありえます。

結論としてノーマル車だからといって高く売れるわけではない

以上より、改造をしていないノーマル車だからといって特別に高く売れるわけではないということでした。

 

ノーマル車であることは状態が良いかもしれないという期待であって必ずしもそうである可能性も無いことから分かっていただけると思います。

ただし、良い状態の車体にノーマル車とワンオーナー車ということが同時に発生したならば、車査定業者の心象を得ることができて結果として査定額がよくなるかもしれないという程度、ということになります。

改造している車について

ところで今回はノーマル車のお話でしたが改造車でノーマルのパーツがある場合には、査定時には渡せるようにしておくと評価があがるので覚えておきましょう。

 

特にマフラーは非常に嬉しいパーツだと思いますので、忘れずに査定時には引き渡せることをお伝えしてくださいね。

 

以上、「改造していない車は高く売れるのか」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています