中古車の下取りと買取の違いは金額以外には無い!

車の下取りと買取ではどこに違いがあるのでしょうか?

 

結論から言うと実は査定金額以外の差はありません。

 

つまり、車について評価してその額で引き取られてしまうということです。

 

方法やケースでいえば違いなんていくらでもあるのですが、本質としてはこれだけです。

 

車買い替えを前提としたら下取りは車を買ったときの値引きになりますが、車を買取に出したとしてその資金を車購入資金に充てたら結局同じですよね。

 

つまりは下取りと買取の違いは金額的な差しかないのです。

 

ここでそれぞれの方法について整理をしましょう。

 

  1. 下取とは、ディーラーなどで買い替えを行う際に引き取って購入する代金から値引きを行うものをいいます。
  2. 買取とは、査定業者などに売却を行い換金を行うものをいいます。

 

両者は性格がこのように異なりますが、実は買取のほうが金額的に有利な場合が多いです。

下取よりも買取!その理由とは・・・

今から昔話をします。

 

とはいっても西暦2000年よりも前の話であって、インターネットや車買取専門店が台頭する前の話になります。

 

従来、インターネットが普及する前の話ですが査定というと依頼者が業者と交渉しまわったり、数社に依頼する場合でも各社ずつに交渉を行わないといけませんでした。

 

手間もかかるし、時間もかかる・・・そこまでしても現在ほど高額査定を実現することが難しかったのです。

 

そのため、多くの人は下取に出していました。

 

ただ、車買取専門店がこの安い下取りよりも高く買うということをビジネスモデルとして、中古車流通市場に入ってきたところから少し様子が変わってきます。

 

積極的な評価をする買取は消極的に評価する下取りよりもオーナー有利な査定額を付けるわけですから、こういったものは時間の問題で普及します。

 

このような歴史があって、今日に至るわけですがそれでも下取りの優位は変わっていないのが現状です。

 

大体下取り8割に対して買取が2割という残念な結果になっている理由は、車を手放すというのは買い替えのときがメインだからでしょう。

 

私の印象では、ディーラーは車を買う商談で値引きの中にいつのまにか乗っている車の評価を盛り込んでいるケースが多いようです。(私の親戚がマツダディーラーでこれをやられました!ディーラー担当者も結構必死なようですね^^;)

 

金銭的に得をしたかどうかといわれたら、多くの方は得をしたいと答えるでしょう。

 

利用コストもユーザーは0円なので、今後普及していくのではないかと思っていますが、今説明したようにディーラーの抵抗も小さいながら確認できていますね。

逆に下取の利点とは・・・

買取価格においては、ほとんどの場合下取よりも買取のほうが高くなります。しかしながら下取にも利点があります。

 

  1. 面倒な書類の処理などを一括で代行処理してもらえる
  2. オプションなど「おまけ」をつけてもらう交渉のときには有利な場合がある

 

オプションなどのおまけですが、新車購入値引きの最後の一声で使うことが多いです。

 

下取価格が金額にして1万円~2万円しか査定業者による買取価格と離れていない場合には、オプションによるおまけのほうが有利な場合が多いです。

 

買い替えるときにさまざまな手続きがありますので、その手続きを一括で代行してくれるのはある意味ではお得なのかもしれません。

 

とはいえ、買取業者に処分する場合もある程度代行してくれますから、車オーナーがすることといえば売るときに必要な書類を集める程度のことでよい場合がほとんどです。

 

そのため、下取が手間がかからないことで絶対的優位とはなりません。

多くの場合は車買取査定がお得

多くの場合には、車を処分する場合に買取業者に査定を行ったほうが査定額で有利なことが多いです。

 

ただし、査定額がつかない場合などは下取に出したほうが有利な場合があります。

 

特にキャンペーンで査定額アップなどを行っている場合がありますのでそれも考慮するともっともお得なプランが立てられるでしょう。

 

いずれにしても、査定相場がわからないとどうしようもありませんからまずは一括申し込みを行って情報を取得するのが良いと思います。

 

何度もいいますが、多くの場合、買取のほうがお得の場合が多いですからね。

 

やるだけやってみてダメそうなら下取という選択もありだと思います。

 

重要なのは一番有利な選択をすることが出来るようにさまざまな可能性にあたることです。

 

買取査定は無料で行うことができますから下取りをするにしても相場だけ調べておくのも悪く無いでしょう。

 

無料の査定依頼はこちらからどうぞ

 

以上、「中古車の下取りと買取の違い」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています

  • 車査定を自宅で行う方法
    家にいながら車を売るなんてことは出来るのでしょうか?   先日、友人が車を売ることになってどこで売ったのかと聞いたら「家だよ」って・・・   最初はふざけているのかと思ったらどうや…
  • 車買取査定依頼は無料なのか?
    Q:先日、車の買い替えを行うためにディーラーにいって下取の話をしました。   今はまだ下取査定を依頼していないのですが、そのときにいわれたのが査定にもお金がかかるということ。   …
  • ディーラーの下取はなぜ安いのか
    最近になって買取のほうが高い査定をつけてくれるということを認知され始めています。   それでも依然として8割のユーザーはディーラーに車の処分を下取を選択しています。   なぜ多くの…
  • 車下取り参考価格を知りたいとき
    車を下取りに出す前にある程度相場を知っておきたいという需要はあると思います。   でもこの下取り、最近一般的な一括査定と異なり査定の手数料が有料なのをご存知でしょうか?   もちろ…
  • 車買取の引き取りはレッカーを出してくれるのか
    不動車を売るときなどは引き渡し方法など気になるところですね。 車の査定後にはレッカーなどを相手が手配してくれるのでしょうか? webで調べて参りました。 ヤフー知恵袋より Q:大手の買取業者は不動車で…