下取りと買い取り:違いとメリット・デメリット

車を売るときにまず思いつくのが下取りではありませんか?

 

そんなあなたはディーラーにしてやられちゃうかもしれません!

 

失礼、下取りもしっかり評価してくれることもあるわけですが、多くの場合査定額を競争させないことが多いから安い金額で車を売ってしまうのですよね。

 

こちらでは、下取りと買い取りについて、車処分方法という観点から比較して説明していきます。

下取りと買い取りは金額以外の差はあまり無い

車を売るという点については、下取りも買い取りも大きな違いはありません。

 

ただ、売却先による違いがあり、それに伴う行動による違いと金額的な違いがあります。

 

まず、売却先による違いについて、整理すると次のようになります。

 

 

  • 下取とは、ディーラーなどで買い替えを行う際に引き取って購入する代金から値引きを行うもの
  • 買取とは、査定業者などに売却を行い換金を行うもの

 

つまりは、下取りでは車買い替えを前提にしていますが、買い取りでは必ずしもその必要はないということになります。

 

また、金額的な面からいえば多くの場合に、下取りよりも買い取りのほうが査定額が有利です。

 

このことについて詳細にお話していきます。

買い取りが下取りよりも金額的に有利な理由

車の買い取り業者に車を売るほうが下取りよりも有利である理由については、最も大きな部分で金額によるところです。

 

つまりは、車の評価額が上がりやすいの買い取りであるということになります。

 

その理由として次の2つが大きく影響しています。

 

  • 下取りは唯一の査定先になりやすく買い取りは査定額の比較交渉が容易
  • 買い取り査定は市場価格による評価がされるために固定的な評価になりやすい下取り査定より有利な場合が多い

 

下取りを選択する場面では、車買い替えの商談中になりますが、このようなときに車の市場価格に基づいてディーラーと交渉できるでしょうか?

 

多くの場合に、少し査定をあげてもらうようなことだけですよね。

 

対して、買い取り査定では複数の業者と比べることは当たり前に行われるため、下取り査定よりも交渉が行いやすい特徴があります。

 

また市場価格は需要供給で常に変動していますので、下取りよりも常に有利であるとはいいがたいですが、動く車は何かの役に立つということもありますから、状態が酷い場合を除くと下取りよりも買い取りが有利になりやすいということになります。

 

ここまで、下取りよりも買い取りのほうが有利であるということを説明してきましたが、下取りにも有利な点はあります。

 

下取りのメリットとは

買取価格においては、ほとんどの場合下取よりも買取のほうが高くなります。

 

しかしながら下取にも利点はあり、主なものとして次の2つがあります。

 

  1. 面倒な書類の処理などを一括で行われるために手間が省ける
  2. オプションなど「おまけ」をつけてもらう交渉のときには有利な場合がある

 

車は所有権や使用権について、法的に確定させる必要があります。

 

車の買い替えは車を売ることと、購入することが必要で、これらについて法的な手続きが必要になりますが、これをまとめて行ってくれるために、手間がかかりません。

 

正直普段から登記などをしている方は別として、そうでない場合にはなかなか面倒な作業であることはいうまでもありません。

 

もちろん、それぞれのことについて代行を依頼すればよいわけですが、代行の依頼も車売却と車購入2回行われることを考えれば、1回で済む下取りでの車処分はとても楽です。

 

また、オプションなどのおまけですが、新車購入値引きの最後の一声で使うことが多いですね。

 

下取価格が金額にして1万円~2万円しか査定業者による買取価格と離れていない場合には、オプションによるおまけのほうが有利な場合が多いです。

 

買い替えるときにさまざまな手続きがありますので、その手続きを一括で代行してくれるのはある意味ではお得なのかもしれません。

 

値引きについて柔軟に対応してもらえるというのは、消費税率を上げたときに値引きキャンペーンなどが自粛されているときの値引き要素として活躍しますので、値引きについて商談の最後まで計算することが可能です。

 

ただし、やはり車を売るということはそれなりのお金が動くことが多く、金額的な評価の優位性は揺るがない場合が多いです。

 

思いのほか車買い替え商談が進んでしまったという場合など、どうしても下取りを選択しなければいけない状況以外では、販売店に車を処分するのは得策ではないでしょう。

 

金額的な側面を考えると買い取り査定が有利

多くの場合には、車を処分する場合に買取業者に査定を行ったほうが査定額で有利なことが多いです。

 

ただし、査定額がつかない場合などは下取に出したほうが有利な場合があります。

 

特にキャンペーンで査定額アップなどを行っている場合がありますのでそれも考慮するともっともお得なプランが立てられるでしょう。

 

その判別のためにも、まずは買い取り査定を依頼してから、車をどこに売るのかを決めるということが車を売る上で損をしない第一歩になります。

 

あわせて、下取りを選択するとしても買い取り査定を受けることで交渉力が出ますので、査定額交渉が有利になります。

 

 

下取りにしても買い取りにしても査定額を交渉しなければ車を高く売ることはおろか安く売ってしまうことにもなりまねません。

 

車を売る時には、しっかりと交渉をすることで車に適正な査定額を付られるようにして損をしないようにしてくださいね!

 

以上、「下取りと買い取りの違い」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています

  • 車査定を自宅で行う方法
    家にいながら車を売るなんてことは出来るのでしょうか?   先日、友人が車を売ることになってどこで売ったのかと聞いたら「家だよ」って・・・   最初はふざけているのかと思ったらどうや…
  • 残価設定型クレジットのメリット・デメリット
    皆さんは車をいつ手放す予定ですか? 壊れるまで乗りますか? それとも高く売れるうちに売りますか? 実は多くの方が新車登録から3年で手放すことが多いのです。 なぜ3年なのかといえば初回の車検が切れるのが…
  • 残価設定型クレジットの大きなデメリット
    人生で大きな買い物といえばまず家ですよね。   数千万単位の家を買うときにはローンを組むことになるでしょう。   そして多くの方にとって家の次に大きな買い物は車となるでしょう。 &…
  • 【安易に使ってはいけない!】残クレのメリット・デメリット
    最近、残クレという言葉をよく聞きますよね。   なんだかキャッチーな言葉で、便利な分割払いの方法に思えますが大方合っています。   ただ、残クレは特殊な金融ですから仕組みを理解した…
  • 車の寒冷地仕様とは【違いとデメリット】
    寒冷地仕様の車とは、寒い地域で使いやすいように調整された車のことで、寒冷地対応していないと不具合が出るパーツも多いのです。   車の寒冷地仕様についてはグレードの設定となっているケースが多く…