車買取のキャンセル料は高いのか

Q:車査定を契約したのちに、契約の解約を申し出たら驚く額のキャンセル料を請求されました。

 

なお、事の経緯はこのような形でした。

 

一番早く来た業者が査定を行った後に、査定士が今欲しがっているお客様がいるのですぐ売ってくれるなら査定額に+5万円つけると言われたので、車がすぐ売るつもりだったこともあって無条件で5万円付いてくるならと契約。

 

その後、次に来た業者に売ることを決めたといったのだけれども、査定だけでもさせてくれというので仕方なく承諾。

 

しかし、そこで出た査定額は一番初めに来た業者を20万円も上回るものだったのです。

 

そのため、前に来た業者に契約をキャンセルしたいといわれたらキャンセル料がかかるといわれて、いくらか聞いたらなんと10万円!。

 

そこでこちらに相談に来たということになります。

 

このキャンセル料は正当なものなのでしょうか?

いち早く登場の査定業者と契約してしまった

A:今にして思えば安易な契約が今回の失敗を招いたのでしょう。

 

そもそもこの額が妥当なのか、という考えもありましたが業者も暇ではありませんので冗談でこのような額はつけないでしょう。

 

今回払うとされているキャンセル料についても実は契約書であなたは同意している可能性がありますので、この違約金を払うことについては仕方がない面もあります。

 

これについて争うとなると、この違約金が妥当なものなのかどうかというところで争うことになり、負ける可能性も十分にありますので争うだけ無駄かもしれません。

 

金額的なところで考えるなら20万円も査定額が高いならばそちらに売って違約金を10万円支払い、10万円得したと割り切ってしまったほうがほとんどの場合には良いでしょう。

 

日常生活では、契約についてそれほど危機感はありませんが、契約というものは基本的に重いものですのでよく注意して行うように心がけてください。

車査定買取にはクーリングオフが適用されない

なぜかわかりませんが、車の訪問査定買取にはクーリングオフが適用されません。

 

クーリングオフとは、消費者有利のもので契約を交わしてから8日間は無条件で契約を解除できるというものです。

 

近年、バイクと貴金属については適用があったのですがまだ車までは適用となっていません。

 

クーリングオフがないわけですから、契約の解約にはキャンセル料が発生するというのは法的には適法となります。

 

また額に関しても、契約を行ったときに多くの方は見ていないでしょうけど実際は決まった額を請求する旨が記載されているはずです。

 

そのため、ちょっと悪い言い方をすれば解約された査定業者としてはしてやったりというところでしょう。

 

安く買った車で利益をあげてもよし、キャンセル料で利益をあげてもよし。

 

こういったことがあるのですね。

 

どの業者よりも早く査定を行って契約を迫る理由はこういったことでした。

 

⇒訪問型の車査定にはクーリングオフが効かない?

特に一括査定申し込みをしたら即決をしてはいけない!

このようなことは意外に多いものです。

 

そしてせっかく一括査定申し込みサービスを使っているのですから、すぐに決めてはいけません。

 

このサービスのよいところは複数の業者に査定申し込みが出来ますので、比較して一番高いところに売ることが出来ることです。

 

そのため、いち早くきた査定業者は基本的に今すぐ決めて欲しいということが多いですが、安易に決めてはいけません。

 

「せっかくのところ悪いですが申し込んだ業者の一番高いところと契約するつもり」としっかり業者にお伝えしましょう。

 

その際には、選ぶ基準として提示する価格はこの価格でよいか確認しておくとさらに良いでしょう。

 

⇒即決は基本的に損なことが多い

車の人気によっては即決も良い場合あり

ただし、あまりにも人気のない車種ではこういった効果も期待が小さくなります。

 

そういった場合には即決の申し出もひょっとしたらよいのかもしれませんね。

 

あなたの車が人気車種かはなかなか判断が難しいですが、連絡の来る業者数や早さが一定の判断基準になるかもしれません。

 

業者が利益を出し易い車種=人気有りと思ってもよいでしょう。

 

とはいえ、私の知る限りでは即決が良い結果になったことはありません。

 

良く考えて損をするならまだしも、なにも考えずに損をするほうが全体的な結果としては悪いケースがほとんどです。

 

そのため、即決はしないで確実に査定額を比較してから売る業者を決めたらよいと思います。

 

⇒多数の業者と同時査定するときの注意点

 

以上、「車買取のキャンセル料は高いのか」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています

  • 車買取のキャンセル料が高すぎる!
    なぜキャンセルに10万円の解約料が掛かるのだ!   このような苦情が消費者センターに届くそうです。   実際に車買取の契約後キャンセルをしたときには、高い解約料を請求されるケースが…
  • 車購入時の仮契約はキャンセルできるのか?
    最初に申し上げるのは仮契約って何だ?ということです。   契約なら契約、それに仮が付いていること自体がおかしいのですが、これは誰のために使われるものなのでしょうか?   多くの場合…
  • 車出張買取は契約キャンセルできないのか
    クーリングオフとは、主に訪問販売における取引において書面による契約を交わした日から8日間において無条件に契約を解約できる制度をいいます。   実は近年、貴金属とバイクについてはこれが適用され…
  • 車を買うときに印鑑を押してしまったらキャンセルは出来ない?
    日常生活でする契約といえばおそらくスマートフォンなどが多く、2年縛りなどでうまくやられた・・・という声を聞きますね。   さて、車でも契約が重要になってきますが、今回の質問も車に関する契約に…
  • 車を買うときの契約書約款は必ず守らないといけないのか
    車を買うときに契約書によって売買契約を結びますが、ほとんどの方がちゃんと読んでいないことをご存知ですか?   そのため後々になってこんな契約してない!なんていっても「ここは書いてありますよん…