車を売る前にドアノブの小さい傷を取ったほうがよいですか?

Q:数日後に出張査定を控えています。

 

私の車は新しい車でないこともあってあっちこっちに小さな傷があります。

 

特にドアノブ周辺が酷い有様で、お世辞にも綺麗なものとはいえないのです。

 

このような小さな傷は、査定前に取っておいたほうが良いのでしょうか?

 

よろしくお願いします。

査定額へほとんど影響はないので取らなくても問題なし

A:小さな傷は車の査定額へ影響が少ないので特に何もしなくて大丈夫です。

 

車を高く売るために何かしたいということは分かりますが、それでもせっかく手間をかけるなら効果があることをしたほうが良いでしょう。

 

そして修理などはそれほど効果がなく、同様に洗車なども効果がありません。

 

私が推奨するのは、車を早く引き渡せる準備だけしておけば大丈夫ということを申し上げておきます。

 

車内の荷物整理から、印鑑証明書などの役所で取得する書類を準備すること、これが車を高く売るために簡単に出来ることになります。

なぜドアノブの小さい傷は査定額に影響が少ないのか

ドアノブの傷は査定額へ影響が小さいのは、簡単に取ることが出来るからです。

 

ならば、あなたもやってみたいと思うかもしれませんがこれには研磨剤を使うので失敗すると査定額が大きく下がってしまいます。

 

車買取業者は自社の中に修理工場を持っていることが多く、こういったことはプロがやりますのであなたがやる必要がなかったりします。

 

以上より、プロが簡単に確実に出来るので、査定額が上がりにくいのにあなたが無理に行う必要はないということになります。

どうしてもドアノブの小さい傷を取りたい方

それでも簡単に出来るならやってみたいという方もいらっしゃるでしょう。

 

細心の注意を払って研磨剤で傷を取ってみてください。

 

まずは大きくやる前に小さいところ、目立たないところでテストを必ず行ってください。

 

その後に、少しずつ行うような形になります。

 

使う研磨剤については、カー用品店で何種類か試すほか、ワックスの中に研磨剤が含まれているものもありますので、そういったワックスが家にあれば少し試してみるのも悪く有りませんね。

 

くれぐれも大きな失敗だけはしないように気をつけてください。

悩むより査定に出してしまったほうが良い

私は投資効果があまりよいとは思えないことについて、お金や時間を使うことは好きでは有りませんので査定前には小さな傷は取りません。

 

どうせプロがやれば私が苦労するよりも簡単に、そして確実に修理することが出来るからです。

 

洗車の例をあげると、あなたが頑張って綺麗にしてもどうせ自社内でまた洗車するそうです。(もちろん、車体が綺麗ですね!とほめてくれるが査定額は上がらない)

 

やはり、素人が出来ることには限界がありますし、プロに任せてしまったほうがよいことを私は理解しているから何もしないのです。

 

どうしても何かしたいということなら、車を早く引き渡せるように書類などを準備しておくことが賢明でしょう。

 

車内の荷物を整理しておいて、役所で取得する印鑑証明書と住所変更があるなら住民票を取得しておきましょう。

 

そうすることで、業者が査定に積極的になるので、特に競争状態だと査定額が高くなる可能性があがりますので、何か高く売るために出来ることはないか?と考えている方はやってみてください。

 

以上、「車を売る前にドアノブの小さい傷を取ったほうがよいですか?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています