ヤフオクで車を買うときのトラブルと注意点

最近はヤフーオークションで自動車を買うことは珍しいことではなくなりました。

 

個人間取引の場合には間に業者を挟まないために、売主はより高く車を売ることができ、買主はより安く車を買うことが出来るというまさに取引の理想型なのかもしれません。

 

しかし、こういった業者を挟まない場合には取引の信頼性は売主や買主によって大きく変わることが多く、詐欺や事故を起こしている車なのに報告がないなどのトラブルが目立ちます。

 

そこでヤフーオークションで自動車を取引するときの注意点というのを述べさせていただきます。

リスクを許容できるか確認する

一般にリターンが同じでもハイリスクな案件というのは、安く買うことが出来たり高く売ることが出来ます。

 

これは同じリターンであってもリスクが大きい場合には、リターンにさらに上乗せしなければいけないという市場の一般法則があります。

 

ネットオークションの車取引に置き換えると、ヤフーオークションで車の取引をすることは業者を介入させるよりもハイリスクですから、双方が金銭的に得をすることが出来ます。

 

反面、業者を介入させるよりも信用を担保させることが難しいので、ハイリスクな案件ということになるのですね。

 

ここであなたはどこまでリスクを許容できるかが大切です。

 

取引の相手に騙される可能性があるということをどこまで許せるかということですね。

 

車体に関していえば、事故車なのにそうでないような報告や法手続きなら名義変更をしないなどといったところまで業者に任せるよりも基本的にはリスクがあるのです。

出来る限り安く買うなどの目的と覚悟が必要

リスクを考えるうえではリターンと対応させることが重要です。

 

そこで、ネットオークションで自動車売買を行うときには出来る限り金銭的な得をするために行っていると思いますが、実は業者に任せるのとそれほど値段が変わらないということが判明したならば自分で自動車売買を行う必要はありません。

 

常にリターンとリスクを対応させて考えることが大切なのはこのためです。

 

したがって、調査をしたうえで目的を定めたら騙される可能性があるということを覚悟することで、適切な決断をすることが出来るでしょう。

 

他方、普通に車を取引する場合と比べると、中間に業者を挟まないこともあって、中間で掛かる費用について節約できる反面、オークション利用時の落札システム利用料も気にしたいところですし、当然相手も出品システム利用料もかかります。

 

とはいえ、車関連の取引については、現在のヤフオクでは出品システム利用料について無料として、その一部例外扱いになっていますが、税込みでも3024円以下と比較的安価ですので、業者に払う中間利益を中抜きするにはちょうど良いのかもしれません。

 

これは、一般に適用される落札システム利用料は落札額の8.64%という数字ですが、車関連の取引については例外として規定されていて、定額の手数料がかかることになります。

 

このことは、車取引は比較的高額になることへの配慮として機能しているものと考えています。

ヤフオクを利用する車販売者の特徴

ヤフーオークションを利用しているのは、個人だけではないことをご存知ですか?

 

実は、個人のような名前で法人が出品しているケースもあります。

 

基本的には個人が利用しているような場合にトラブルが起こっているようですが、法人が利用しているケースでのトラブルは悪質である場合が多いです。

 

なぜかといえば、業者オークションで処理できなかったものをヤフーオークションに流すケースなどが多いためです。

 

中古車を転売するような業者は一般の人から車を仕入れて業者オークションで換金するという方法を取ることが多いですが、業者オークションでは審査が厳しい場合に、思ったよりも良い条件で換金できなかったというケースも少なくありません。

 

そのため、業者がヤフーオークションに流す車というのは、健全なものももちろんありますが事故車であったり業者オークションではなにかしら欠陥があったものを出品していることがあるため注意が必要です。

ヤフオクで車購入失敗を避けるコツ

ヤフーオークションの車購入で失敗を避けるためには、出品者の調査は欠かせません。

 

似たような取引が多数出品されている場合には、個人のような名義で裏には法人がいると考えたほうが妥当です。

 

また、マイナス評価は多少あっても仕方ありませんが、その内容については確実に確認してください。

 

法手続きによる評価マイナスは個人の場合がありますが、車体に関することであれば法人であるケースが増加します。

 

その理由については、オークション上では外から見えないやり取りで、車販売業者として立ち回ってるケースがあり、業者であれば期待するべき車体の機能について、現状渡しを原則にしながらも購入者からのクレームとしてレビューを書かれるケースがあるからです。

 

このような場合に、いわゆるノンクレーム・ノンリターン特約が書かれているときにはさらに注意が必要で、業者が個人を装って車を出品する理由というのは、先ほど申し上げたように良い理由はありません。

 

もちろん、個人においてもノンクレーム・ノンリターン特約は考え物ですが、取引の不慣れなどもあって面倒が起こらないように書いているのかもしれません。

 

ところで、ノンクレームノンリターン特約が必ずしも全部の例に適用されるわけではないことを売主も理解しておく必要がありますがあり、訴えることで取引が無効となったケースがあります。

 

⇒ノンクレーム・ノンリターンが適用されなかった例

 

取引は無効になったとはいえ、訴えることは手続き上の負担も大きいことから、これをセーフティーネットとして期待するのは良い考えではなく、事が起きたときの最終防衛策程度に考えておいたほうが良いでしょう。

 

有事になって大変な思いをするよりかは、少し高い買い物として見える業者から買うという選択肢も検討すべきであると考えています。

 

次にケース別にヤフオクで車売買するときの注意点について、項目別にみていきましょう。

 

 最低落札価格がある場合はたいてい安く買えない

業者が個人を装ってヤフーオークションへ自動車を出品しているときには、最低落札価格が設定されているケースが多いです。

 

最低落札価格とは、入札しても最低落札価格に到達しなければ落札できないという設定です。

 

業者が事業として自動車売買を行う場合には、結果として赤字では済まされませんので一定の利益を確保する必要があります。

 

そのため、多くのケースでは最低落札価格が設定されている場合には車を安く買うことが出来ないと思ったほうが良いでしょう。

 

関係者の値段の吊り上げだと思ったら手を引く

値段の吊り上げというのは、オークションシステムを利用して他人を装った関係者が不正に入札を行い、入札価格を高くする手法です。

 

ちにみに、関係者が最高入札者になってオークションが終了してしまった場合には、なにかと理由をつけて再出品してきます。

 

履歴にそのような傾向があるのなら、その取引相手から車を買わないほうが無難です。

 

同じ商品を何度も出品している場合

上記の関係者による値段の吊り上げ傾向があります。

 

オークションシステムを悪用して、利益を出すような業者の場合には基本的に安く買うことは絶望的ですから、過去の履歴にこのような傾向があったときは、取引を避けましょう。

 

同じ商品が売主が変わって出品している場合

 

同じ出品者による再出品が目立つと警戒されることから、複数のアカウントでまわす方法がメジャーになってきています。

 

終了したはずの似たような車がまた出品されているような場合には、これに該当する可能性あがりますので注意してください。

 

もちろん、こういった出品者は避けるほうが良いでしょう。

 

@車選び.com経由は安く買えない

ヤフオクでの車売買には、リスクをとる代わりに車を安く買ったり、高く売ったりという思惑があると思いますが、結局間に業者が入るなら利益を中抜きされて変わらないケースがほとんどです。

 

信頼性を取りたいなら、中古車販売店から買ったほうがよいですしわざわざヤフーオークションを経由する必要はないと思います。

 

修復暦があるなら最悪パーツ取りぐらいで考える

車の個人売買では、修復暦があるとしたらどの程度まで損傷しているのかわかりません。

 

そのため、最悪パーツの価値はあるだろうと考えたほうが良いでしょう。

 

業者のように保証などはないでしょうし、なによりも多くの個人売主はノンクレーム・ノンリターンで出品しているケースが多く見受けられます。

 

定期整備記録があるなら良オーナーの可能性あり

ヤフーオークションでは、売主の状況によって信用できるかどうかが変わってきますが、良い売主は定期的に整備記録などを残しているものです。

 

しっかりと整備された記録があるのなら、良いオーナーの可能性がありますのでお買い得な商品かもしれません。

 

これだけをもって信用するのはよいことではないですが、整備記録簿がないよりは当然あったほうが良いでしょう。

 

さらにワンオーナー車であればより信用力が高まるでしょう。

 

走行距離はあてにしない

走行距離といえば中古車の使い込みを判断する材料になる指標ですが、特にヤフーオークション利用ではあまりあてにしないほうが得策でしょう。

 

一般の人がメーター戻しなどの方法を利用して、この指標を恣意的に操作するということはほとんどありませんが、業者の場合には行われている可能性があります。

 

他方、メーター戻しなどしなくても、メーター自体を交換するような手法では、パーツ交換なので全く分からなくなる場合も少なくありません。

 

特に業者が個人を装って出品者としている場合には、業者オークションで評価が低くて値が付かない状況の車も多く、このメーター戻し関連に起因する場合も少なくないために、走行距離は当てにしないほうが良いでしょう。

 

最も気をつけたいのは、走行距離が少ない状態でのプレミアム演出で、価値の低い車を高値で買うようなことが無いようにしたいものです。

管理人のヤフオク購入体験【VFR400K】

車ではないのですが、私はヤフーオークションで400ccのバイクを購入したことがあります。

 

VFR400Kは、20年以上前に普通自動二輪免許を取得した人なら教習車でお世話になったバイクでおなじみですが、当車両が良い状態で出品されていたので買いました。

 

結局、電気系統が故障して当時の職場の上司に譲ったのですが、オーナーがしっかりと整備してくれていていたので快適に乗ることが出来ました。

 

最終的な故障は古いバイクの場合、仕方ないことだと思います。

 

車の場合はもう少し頑丈だと思いますので、乗りつぶす覚悟なら安い車を買うのはありでしょう。

 

結局、最終的には壊れてしまうのかもしれませんが^^;

クジを引くつもりで買うのが妥当

個人間で自動車売買を行うならあまり高い期待をしないことが大切です。

 

壊れなかったら良いと考えるよりも、壊れて当たり前ぐらいで考えておくと損な気分にはならないはずです。

 

つまりは、特に個人間では気に入った中古車を高い金額で買うのではなく、安いから買うという考えで挑むのが良いでしょう。

 

もちろん、良いオーナーもいますし全部が悪いというわけではないですが、常に悪い状況を想定しておくのが精神衛生上良いです。

 

なお、中古車をリスク無く買いたいという方は、非公開情報まで検索してくれるサービスを使ってください。

 
⇒10年保証などが付いている安心の中古車検索サービス【利用無料】

 

以上、「ヤフオクで車を買うときのコツと注意点」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています

  • 【トラブルを避けるための】車の個人売買手続きと注意点
    車を個人売買で売る場合には売主も買主もハイリスクな取引になる場合が多いです。   そういったリスクを回避するために、車買取業者などが仲介するといっても良いでしょう。   とはいえ、…
  • 新古車を買うときの注意点
    新古車はあらかじめあなた好みの車があればよいですが、そうで無い場合には車体の色やグレード、オプションなどが選ぶことが出来ません。   それでも、新車を高い価格で買うのが嫌という方には好評を博…
  • 調子の悪い車を買取査定に出すときの注意点
    なんだか車体が重く感じるといったように感じることは長く車に乗っていたらあると思います。   車を買って7年も経つとそういったことも多くあり、そろそろ買換えかと感じるものです。   …
  • 車を売るときのカーナビ査定はどうなる?
    通称カーナビのカーナビゲーションシステムですが2015年現在となっては珍しいものでも何でもなくなりました。   5年前には、付いていることで査定に良い影響でしたが今は当たり前になりすぎてたい…
  • クラッチが滑る車を売るときの注意点
    車が動かないほどにクラッチが減っているならすぐ分かりますが、滑っているような感覚というのはなかなか分かりづらいものがあります。   マニュアルの車なら、いつかはクラッチを交換しなければいけな…