中古ハイブリッド車を買うときの注意点は?

2010年あたりからハイブリッド車も増えてきて、それに伴って中古車市場にもハイブリッド車を多く確認できるようになってきましたね。

 

ハイブリッド車はモーターアシストがありますので、特に都市部での燃費向上について期待でき、低燃費車による維持費節約のために、ハイブリッド車を中古で探すなんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ただ、ハイブリッド車の中古については注意しなければいけない点も多いことを、あなたはご存知でしょうか?

 

これについては、バッテリーの老朽化や割高な車体価格をどのようにとらえるかによるところが多いです。

 

ここでは、中古のハイブリッド車がそのほかの中古車や新車を買う場合と比較してどんなことを気をつけたほうが良いのかみていきたいと思います。

中古ハイブリッド車の選び方基準

中古車を選ぶときに値段ももちろん大切ですが、特にハイブリッド車では年式で選ぶのか走行距離で選ぶのか考えてしまいます。

 

一般に中古車を選ぶ基準としては次の5つが挙げられます。

 

  • 車体本体価格
  • 年式
  • 走行距離
  • 事故暦(修復暦)の有無
  • 整備状況

 

どれも中古車を選ぶうえでは大切な要素で、中古車情報を掲載しているプライスボードには、これらの点についてかかれていることも多いですね。

 

普通に中古車を選ぶときには、年式よりも走行距離ということも多いですが、ハイブリッド車においては年式で選ぶべきでしょう。

 

というのも、年式が新しいなら使われている技術が異なることもあるためです。

 

ハイブリッド技術は進歩が非常に早いので、少しでも新しい技術が使われている可能性が高い新しい車を買うようにしましょう。

 

また、駆動用バッテリーは利用と経年劣化でバッテリー交換が必要になることも視野に入れておくべきであり、その点では走行距離もないがしろにできません。

 

しかし、この経年劣化も使用されている技術の影響を大きく受けるので、できる限り新しい年式のハイブリッド車を買うほうがよいでしょう。

 

そのため、最も安心してハイブリッド車を購入するならば新古車を購入することが望ましく、新車保証も保証継承手続きをすることで継続できるので、抜け穴的な買い方ですが若干お得に買えて安心です。

 

⇒新古車・未使用車の中古車検索システムはこちら

 

⇒保証継承手続きについてはこちらを確認

 

故障時の部品交換は高額

高い車体価格は先進技術を使われているからでしょう。

 

そのため、いざ故障したとなると多くの場合に普通の車よりもハイブリッド車は修理が高くつきます。

 

このことから、中古車を探すときにハイブリッド車かガソリン車かという選考条件では、ハイブリッド車に思い入れがあったり、環境性能がとても気になる以外には選ぶべきではないでしょう。

 

もちろん、金銭的に余裕がある場合においては問題ありませんが、それでは中古車を選ぶ理由とも整合しないような気がします。

 

とにかくは、故障時には高い修理や交換部品の支出が起こるというリスクは認識すべきでしょう。

中古ハイブリッド車を購入することは得なのか?

ここまで、中古ハイブリッド車を選ぶことの不経済性を見てきましたが、あえて中古のハイブリッド車を購入することが得なのかどうかについて考えてみましょう。

 

ハイブリッド車の燃費の良さから高い車体価格や修理費などを相殺しようとすると相当な距離を走らなければいけません。

 

車を多く走らせてようやく回収できるというレベルのものです。

 

そのため、特に古いハイブリッド車だと不利になるでしょうし、場合によってはバッテリーの老朽化でガソリン車と変わらないということもあるそうです。

 

このことから、そもそも何のためにハイブリッド車を中古で買うのかをよく考えたほうが良いでしょう。

 

特に同クラスの中古車でハイブリッド車のほうが車体価格や総支払金額が高い場合において、中古ガソリンエンジン車を買ったほうが経済的に得であることも少なくありません。

 

あくまでも車の維持費というのは、車を運用してはじめて意味のあるものであり、車体価格の大きな差を埋める要因にはならないのです。

 

このことから、維持費で得ができるという思惑で中古ハイブリッドカーを購入することは望ましい決断ではない場合が多いのです。

ハイブリッド化に最も効果があるのはアクアやプリウスのミドルクラス

ここまで否定的な意見ばかりでしたが、中古ハイブリッド車を選ぶことについてはミドルクラスの車がオススメです。

 

昨今では、ミニバンからスポーツタイプまでハイブリッド車がありますが、最も燃費低減効果があるのがコンパクトカー~ミドルクラスとなっています。

 

現在、このクラスを代表するハイブリッド人気車はトヨタアクアとトヨタプリウスです。

 

極端な例ではありますが、大型トラックをハイブリッド化するとしたら、現在の技術では荷物が全部バッテリーになってしまうという本末転倒な結果になります。

 

対して、軽自動車に複雑な機構のハイブリッドシステムを搭載することも現時点では難しく、ハイブリッドと呼ばれているのはかなり簡易的なシステムに限る状況です。

 

現実的な比較としては、ミニバンのハイブリッド車も増えましたが、もっぱらエコカー減税の基準を達成するために行っているのではないかと思うほどの効果であり、車体価格も驚くほど高いのが特徴です。

 

このことを考えるとプリウスやアクアのクラスでは、ハイブリッド化がとても合理的であり、燃費を節約するためのハイブリッドシステムとしても、とても合理的なのです。

 

なお、エコカー減税に関しては、車両重量あたりの燃費達成基準たるものがあり、これを達成することでその区分の減税・免税を受けることができるという具合です。

 

そのため、ハイブリッド化してもそれによって重量が増えて達成できる基準に到達するならばよしとするようなもの、というのが現状のようです。

中古でハイブリッド車を買う理由を明確にする

ここまで、中古でハイブリッド車を買うことについて述べてきました

 

別に好きな車を買うのが良いことでしょうけど、やはり得なのかどうかといえばあまりよいとはいえないでしょう。

 

最新のハイブリッド車でも、昨今ではガソリン車と比べて全然特ではないという認識が広まっています。

 

そのため、ハイブリッド車を選ぶ利点というものは先進技術が好きか、環境問題に関心がある人が選ぶものだと思います。

 

あなたがハイブリッド車を買う理由がここに当てはまるならハイブリッド車の選択は良いでしょうけど、もし燃費が良いという理由が選考理由ならやめておいたほうが無難です。

 

なお、中古ではなく新車であればいわゆるエコカー補助金(クリーンエネルギー車補助金)の利用を考えて買うことは良い選択だと思います。

 

エコカー補助金についてはこちらを確認ください。

 

⇒最新のエコカー補助金をチェックする

 

以上、「中古ハイブリッド車を買うときの注意点」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

 

あなたがアクセスできる中古車情報は全体の3割だけ

中古車情報誌のgooやカーセンサーに載っている中古車情報では全体の3割しか見ることが出来ないことを知っていますか?

一般の人が見ることが出来る情報は全体の3割

残り7割の非公開情報を見たい方はこちら

中古車探しサービス

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています

  • ハイブリッド車を売るなら早いほうが良い
    トヨタアクアやトヨタプリウス以外にも、ミニバンやスポーツカーでもBMWi8など登場してきているハイブリッドカーですが、実はつなぎの技術なのをご存知ですか?   エコカーは最終的には燃料を直接…
  • フリードハイブリッド【DAA-GP3】
    コンパクトカーより広くミニバンよりも小さい、ちょうど良いサイズのハイブリッドはなかなか無い。   その隙間を埋めるのがフリードハイブリッドとなっています。   プリウスαがミドルサ…
  • 【燃費比較】ハイブリッドとガソリンはどちらがお得?
    低燃費のハイブリッド車ですが、車体価格は30万円から40万円ガソリン車よりも高くなります。   いくら低燃費といってもこの価格差を解消するのは大変そうです。   では、実際にどの程…
  • 【スズキ車に搭載!?】マイルドハイブリッドとは
    最近、軽自動車でもハイブリッド登場!?と驚く方も多いようです。   スズキの軽自動車には、種類としてマイルドハイブリッドというシステムが搭載されているようです。   この、マイルド…
  • 車体価格が高いハイブリッド車を選ぶ理由とは
    2015年のエコカーは高すぎます。   特に自動車補助金が出るような車は非常に高く、プラグインハイブリッドなどは通常車体の1.5倍から2倍するものまでありますね。   ⇒2015年…