リセールバリューが高い車とは

離婚を前提として結婚をする人が基本的にいないように、車を売ることを前提として車を買う人も基本的にはいません。

 

しかしながら、出会いもあれば当然別れもあるでしょう。

 

結婚とは異なり、車の場合は乗換えがありますからね。

 

結婚も同じようになってしまうこともしばしばありますが^^;、基本的にはこれらは別の次元のお話でしょう。

 

今回は、将来的に高く売れる可能性がある車の特徴についてみていきたいと思います。

 

業界的にいうとこういうものを「リセールバリュー」というみたいです。

 

雑誌などで見かけたらこのことをいっていると思ってください。

将来的に高く売れる車は売れ行きが良い車

かならずしもそうではあるとは限らないですが、やはり人気がある車は将来的に高く売れる可能性が高いです。

 

さらにいえばその人気は一時的なものではなくて、その車本来の価値に根付く人気であればなおさらです。

 

2014年現在の傾向としてはハイブリッド車・ミニバン・SUV(クロスオーバー)の要素が入っているものが将来的によいのではないでしょうか。

 

それぞれ例を挙げて説明していきます。

ハイブリッド車の場合は全体的に有利

ホンダフィットハイブリッドに代表されるハイブリッド車はエコカー減税や燃費・環境性能など経済的な理由で人気が高いです。

 

この傾向は国策でこのような減税を行っている背景もあってしばらく続くでしょう。

 

よって、急激な値崩れもなく現在最もリセールバリューが高くなる要素ではないでしょうか?

 

ただし、走行距離が長くなった場合には、バッテリー劣化も考えられるので、交換費用分だけ車体の価値は低くなることも予想されます。

 

今のところ、あまり大きく話題には上がっていませんがバッテリー交換をする費用や工賃もそれなりにかかるものと考えていて、ハイブリッド車は人気がありますが、このような部分についても考えておくべきでしょう。

ミニバンの場合は人気車種に限られる

現在の日本ではミニバンが非常に人気です。やはり室内が広いことは快適で、ファミリー層などが車へ求めるものとしてこの要素が強いのでしょう。

 

そのため、ミニバンというだけで車種問わず人気がありますので値段がそうそう落ちるものではないと思います。

 

現在の中古車販売価格も高めで推移しています。

SUV(クロスオーバー)の場合はちょっと複雑

ミニバンでも説明しましたが、近年のトレンドは室内が広いことです。

 

SUVにおいても室内が広い車が多いですね。トヨタハリアーが分かり易い例でしょうか。

 

メーカー側も内装などを強化して大きいボディーに室内をしっかり確保しています。

 

本来、悪路を走るための車ということなのですが最近はどうにも方向性が変わってきているように思えますね。

 

ただし、室内が広いのは間違えありません。ミニバンで退屈に思う方がSUVを選択しているのではないかと私は思っています。

 

今後、数年間は高めの値段で推移すると見ています。

 

なお、国内では主に市街地などを乗用する目的で、趣味的意味合いで乗られるSUVですが、海外では悪路を走ることが出来る車として輸出需要がありますので、極端な例でなければSUVは高値を維持できるポテンシャルを持っています。

高く売れるグレードはどうなのか?

このようなタイトルで書いていますが、当然グレードが高いものが車を売るときに有利に働くのも当然でしょう。

 

ということで、可能なら最高グレードを選ぶのがよいでしょう。

 

特に重要なものとして近年は安全装備などが充実しているかがポイントになることがありますね。

 

グレードによって付く付かないまたはオプションでもそうなのですが、安全装備やリア・アラウンドビューモニターがあるのとないのとないのでは価格が変わってくるでしょう。

 

そのため、グレードは高いに越したことはないですが、安全装備の視点から検討をして見ましょう。

人気が高いうちに車を売ることが重要

人気がなくなるというと変な言い方になりますが、人気が高いうちに乗り換えるのが高く売るコツでもあります。

 

さらにいうと、人気がある車種というのは市場に多くの車が出回っています。

 

そのために販売台数が伸びた最初の車検または2回目の車検を迎えるときには市場に車が多く出回りますので、その分だけ価格が下がることがあります。

 

この時期より少し早めに処分することが高く売る秘訣だったりします。

 

なかなか面倒な言い方をしましたが、車検が切れるときに車を乗り換える人は多いので、それよりも前に行動することがよいということですね。

ボディーの色は白・黒・銀を選ぶ

色が査定価格へ与える影響は実はかなり大きいです。

 

たかが色なんて思わないでください。

 

鮮やかな希少色もかっこよいですが、多くの人に支持されるとは限りませんし大体の場合そうではないことが多いです。

 

そのため、中古車販売のときにも無難な白・黒・銀が好まれるのです。

 

そういったことで中古車の販売価格に色が影響しています。

 

特にこの色が良いと考えていないのでしたら白か黒か銀を選ぶのがよいでしょう。

見た目を美しく保つことが大切!

綺麗であることが高い査定に直結するかといえば、必ずしもそうとはいえませんがやはり綺麗なほうがよいです。

 

というのも査定時に車のプロが見ても確実にこの車は良い車とは判断することが難しいのです。

 

それを間接的に担保するのがユーザーがいかに大切に乗ってきたかということになります。

 

そのため、査定士に大切に乗ってきたということをアピールするうえでも綺麗にすることが大切なのです。

 

車を引き取る側も気持ちよく買うことが出来ますので、お互いのために、または当然マイカーのためにも車は綺麗に使いましょう!

 

なお、車を売るときには綺麗であるかどうかは実は関係なかったりするのは面白いところです。

 

⇒車を売るときには洗車は必要なし!間違った常識を確認する

年末に購入した新車で年式をちょっと得する方法

車を購入したら登録を行うことになりますが、新車は登録したときに年式が決まることになります。

 

そのため、例えば年末の12月末あたりであれば、車購入をしたとしても登録は来年に行うことで、少しだけ年式で得をすることが可能です。

 

年式で得をするというのは、例えば下取査定のような固定的に査定額を決めるような状況であれば、年式が1年新しいならば当然リセールバリューが高いということになります。

 

他方、買取査定の場合には、市場価格に連動することが多いために、下取査定ほどの差は出ないと考えています。

 

今は下取査定だけ行うという方も少なくなりましたので、わざわざ1ヶ月ほど待つほどのものではありませんが、12月下旬であれば登録を少し待って調整してみるのも悪くないですね。

車を買うときから車を高く売ることを考えるまとめ

結婚と違い車を乗り換えることを考えれば高く売れる要素のある車を買おうと考えるのはよいことですね。

 

さて、記事のまとめとして簡単に申し上げるとしたら、

 

  • ハイブリッド・ミニバン・SUVの要素が入っている車を買う
  • 安全装備など重要な要素が入っているグレード以上を選択する
  • 多くの車が市場に出回る前に車検が切れる少し前に売る
  • 色は無難な「白・黒・銀」を選ぶ
  • 日常から車を大切に扱う(扱っているように見せる)

 

というところにまとめることが出来ます。

 

車を高く売るために車を買うのは変ですが、特に決まっていない要素がありましたら参考にしていただけたら将来的に役にたつかもしれません。

 

以上、「リセールバリューが高い車とは」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

 

あなたがアクセスできる中古車情報は全体の3割だけ

中古車情報誌のgooやカーセンサーに載っている中古車情報では全体の3割しか見ることが出来ないことを知っていますか?

一般の人が見ることが出来る情報は全体の3割

残り7割の非公開情報を見たい方はこちら

中古車探しサービス

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています

  • 満足度が高い車買取サービスはあなたの使い方次第!
    車買取査定を依頼したときには、無料出張査定としてあなたの家へ来てくれるわけですが、このときに強引な営業をされたなどのトラブルが後を絶ちません!   その多くは、車を安く買うための頑張りすぎて…
  • 販売店セールストーク「これで在庫なし」が嘘だったとき
    セールストークって本当に身勝手ですよね?   実は先日車を買ったときに、これが最後の在庫ですというのでそりゃ大変だ!ということでわりと急ぎ目に契約。   これで欲しかったトヨタアク…
  • 車体価格が高いハイブリッド車を選ぶ理由とは
    2015年のエコカーは高すぎます。   特に自動車補助金が出るような車は非常に高く、プラグインハイブリッドなどは通常車体の1.5倍から2倍するものまでありますね。   ⇒2015年…
  • 女性が選ぶ!助手席に乗りたい車とは
    乗用車を買う男性の目的のひとつに女性とのデートに使いたいからという理由があるでしょう。   それほど車というのは男性にとってのステータスと考えられています。   近年では、若者の車…
  • 車の保険料が高いなら車を売ることを検討する
    自動車保険料は車維持費の中でも3本の指に入る高額支出です。 最近ではダイレクト型のテレビCMが良く流れていますね。 代理店型の方は少しでも安くなるのではないかと考えていると思います。 今回は根本的に保…