車査定のビジネスモデルを知っていますか?

車に高い査定額をつけてもらって売るには粘り強い交渉と的確な知識が必要です。

 

交渉については別ページで解説しますが、ここでは知識についてみていきたいと思います。

 

車査定業はビジネスとして車を仕入れてどこかへ売却するという流れで利益を出しています。

 

最終的にどこへ、いくらで処分するかを理解しておけばどの程度の価格で査定をつけてくれるか、予想も立てられるというものです。

 

そういうわけで、このページでは車査定業のビジネスモデルについて書いていきたいと思います。

車査定業が車を調達して処分するところ

車査定業が仕入れを行う場合には大きく3つに分かれるでしょう。

  1. 一般の車オーナーから買う
  2. 業者オークションから買う
  3. 輸入をする

しかしメインはやはり一般のユーザーです。

 

それは、車査定業における最も高い利益を出せる可能性があるからです。

 

車査定業者は車を安く買って高く売るのが一番なのです。

 

「あれ、これってテレビCMと逆じゃないか?」と思いますよね。

 

でもビジネスですから実際はこういうことなのです。

 

一般の車オーナーは相場を知らない場合が多いので、下取よりも少し高めに提示すればオーナーも満足、車査定業者も満足という関係にあるのです。

 

業者オークションで買う場合は、他のオークション会場と価格差がある場合に転売することで利益を上げられます。

 

輸入を一応書きましたが実際に輸入するのは稀でしょう。ほとんどは輸出となります。

 

ただし、日本では価値が特に高い車などは輸入の対象になるかもしれない、ということで書いておきました。高級車なんてその区分に入るでしょう。

 

そして車を売却するのは3つあります。

  1. 業者オークションで売る
  2. 店頭に並べて売る
  3. 輸出する

仕入と似たようなものとなっていますね。

ただし、仕入と異なるのはメインの売却場所が業者オークションである点です。

 

一般の方は車査定業者が買い取ったものは修理や掃除などをして店頭に並べて販売すると考えている人が多いですが、実際は異なります。

 

確かに状態がよくて人気がありすぐにでも売れるなら一般の方へ店頭で販売したほうがよいのかもしれません。

 

しかしながら、業者オークションで売ったほうがビジネスとしては効率がよいのです。

 

というのも、店頭に並べて売るとなれば修理したり面倒なことばかりですね。

 

おまけに、いつ売れるかわかりませんから一定の在庫を抱えることになります。

 

それだったらさっさと業者オークションで売却して、その売ったお金をまた買取の資金にあてたほうが資金効率がよいのです。

 

また輸出についても、海外に拠点を持っているなどの独自のルートがないなら、業者オークションの価格にこの輸出金額が反映されます。

 

具体的にいうと東南アジアで実用性の高い車として人気のあるハイエースは古い車でもそれなりの価格がつきます。

 

これは国内で消費するというよりも輸出先で消費されることが多いですね。

 

この価格というのは業者オークションの価格に反映されているという具合です。

 

さらにいえば、意外にも古いハイエースが高く売れましたという一般ユーザーからの声もあるように、査定額にもしっかり反映されています。

車オーナーが車査定業のビジネスモデルを知ってなにが得なのか

結局、売った車がどのような経路で消費されていくかを考えることは何の得になるのでしょう。

 

それは末端価格やビジネスモデルを知っていると車査定の立ち回りがしやすいのです。

 

極端な話ですが海外でも国内でも需要がない車は査定額がつきません。

 

当然ですよね?車査定業者のビジネスには使われないからです。

 

逆に先ほどの例のハイエースは古くてもそれなりの価値があるということを理解していただいたと思います。

 

最近はあからさまに出来ませんが、それでも車オーナーが相場やビジネスモデルについて知らないが故にこういった価値のある車を無料、もっと悪いときには処分価格を取って仕入れているのです。

 

ただし、相手もビジネスでやっている以上、この行為は当然のことですよね。

 

特定の事柄について知らない人は、特定の事柄について得をすることは出来ません。

 

しかしながら現在は情報社会ですから正確性はさておき、一定の知識を得ることは可能です。

 

特に当サイトへきていただいた方には損をせず、得が出来るような車査定を実現して欲しいと考えています。

 

そのため、車査定のビジネスモデルをお話させていただきました。

 

せっかくの車を安く売る必要なんてありません。

 

しっかりと査定限界額に近づけて欲しいと思います。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています

  • 車査定が一社だとダメな理由を知っていますか?
    車を査定すると大体言われるのが今決めてもらえたら高い額を出すという即決の提案。   業者がいうには高い額を出しているということですが、実はそうでない場合が多いです。   実は業者が…
  • 【最も高く売りたい!】限界買取価格はどこなのか?
    車を売るなら高く売れたほうが嬉しいですよね。   ただし、やはり車査定業者も商売としてやっている以上、限界額というものがあります。   今回は車査定業の中身を見ながらご説明していき…
  • なぜ車査定が無料でできるのか
    このサイトでは絶賛オススメしているインターネット一括車査定です。   なぜここまでオススメするのかといえば見積が無料である点からユーザーが損をする要素が見つからないためです。   …
  • 車出張買取は契約キャンセルできないって知っていましたか?
    クーリングオフとは、主に訪問販売における取引において書面による契約を交わした日から8日間において無条件に契約を解約できる制度をいいます。   実は近年、貴金属とバイクについてはこれが適用され…
  • 車を売るときの手順について
    車査定の印象というものはどういったものがあるでしょうか?   大方、悪い印象が多いのではないでしょうか?強引な営業を行われて、思ったよりも車査定って大変だったなぁ・・・という感想がネットでは…