自動車保険を安くしたいときの小技

自動車保険といえば、一般に人身事故の賠償金額を考えると車を保有するならば加入することが勧められているもので、保険会社のセールストークであるとしてもあながち無視できない現実でしょう。

 

とはいえ、現在の日本では車を保有することでかかるお金は大きく、税金に車維持費やローンなどを考えれば、保険の金額はできる限り小さいことに越したことはありませんよね。

 

そのため、近年では通販型の自動車保険が人気を博しています。

 

通販型の保険とは代理店を通さない保険のことで、人を通さないだけあって保険料を代理店型よりも安くすることが出来ます。

 

その反面、ある程度手間がかかることや、保険設計が難解そうに思えることで、代理店型の自動車保険を使い続けている方も少なくありません。

 

こちらでは、通販型の自動車保険を使って、月々の自動車保険支払いを小さくするということを目的に、自動車保険を安くするための小技をみていきたいと思います。

自動車保険を安くするときにやってはいけないこと

自動車保険を安くすることに先だって、月々の支払いを安くするときにやって良いことと悪いことを確認します。

 

先に悪いことに関していえば、必要な補償内容を削ってしまうことです。

 

たとえば、対人賠償に関しては基本的には無制限が望ましく、ほとんどの方は制限を付けていませんよね。

 

これに制限を付けるならば安くなるのは当然なわけですが、対人の賠償が高くなりがちであるからこそ任意保険に入っているのに、これを制限するのは本末転倒でしょう。

 

さらに、制限について最適解を出すということはなかなかに難しく、もちろん最適解が出ないことはないと思いますが、最適解よりも低くならないと保険料は安くならないでしょう。

 

これは、保険料が統計的な計算に基づいて決定されるためで、言い方が正しいかどうかは置いておいて保険会社のほうが一枚上手です。

 

この最適解を探したところで、保険料を安くするというのは難しいというのが私の見解です。

 

あわせて、対物についてもまったく削ってしまうようなことは自動車保険を購入するという目的から外れてしまいますので、できる限り入っておいたほうがよいでしょう。

 

自賠責保険ではまかなえないからこそ、別の自動車保険を購入しているという趣旨をしっかりと考えておく必要があります。

 

さて、このように保険に入る趣旨を理解したうえで自動車保険料を安くするための小技をみていきます。

同居親族とは等級を引き継ぐことが出来る

自動車保険をやめるときに、中断証明というものをもらうことが出来ます。

 

これを使うことで同居親族に等級が引き継げるのです。

 

特に、引きついだ親族が20代前半の年齢である若年である場合には効果が大きいでしょう。

 

若年層の事故発生率は高く、当然ながらリスクが高い分だけ保険料も高めです。

 

若いときに車を購入したらローン支払いに匹敵するほどの自動車保険料になってしまった!なんていうのは良く聞く話です。

 

そのため、はじめから等級が高い状態であればこの高額な保険料を安くすることが可能になるのです。

 

その他、家族特約などで若年者が運転するときの保険をカバーするという方法もありますね。

長期契約先払いなら有事のときに等級をキープ出来る

事故を起こすと等級が下がってしまいますが、先払いしてしまった場合ならばこのようなときに保険料が高くなる前に払い込みを済ませてしまえます。

 

ただ、保険料の見直しなどがあまりにも長い期間先まで払ってしまうとできなくなってしまうこともありますので、使いどころが難しいですね。

 

どちらが得かということを考えるのは難しいですが、方法としてこのような先払いがあるということを知っておくとよいでしょう。

 

ちなみに私はあまり長期の契約は好きではなく、長くても1年前払いが望ましいと考えています。

家族用補償は削れるものもある

人身傷害補償には契約者のほかに家族も対象となっているものがあります。

 

こういった保険の場合、一人暮らしのときには家族用補償を削ることで保険料を下げることが出来るのです!

 

と、何か発見したといわんばかりの言い方になっていますが、注目してほしいのは日常的に必要ない特約などを保険の中に入れているケースが少なくありません。

 

もちろん、いざというときに必要だから保健に入るもので、手広くしておくのは大切という考えもあるでしょう。

 

ただ、保険料を安くしたいと考えるならば、手広く補償をつければつけるほど、当たり前に保険料が高くなります。

 

無駄に保険料を払っているものを見直すだけでも保険料は安くなります。

 

生活の環境が変わってしまった方や、長期間保険の見直しをしていない方にとっては、今現在の保険内容が無駄になっていないかどうかを確認するとよいでしょう。

保険料を下げるテクニックまとめ

ここまで見てきた中で絶対的にお得なのは、同居親族の等級引継ぎでしょう。

 

等級をあげるのは結構大変で、長い期間に加えて保険料も必要です。

 

そんな中、こういった等級を引き継ぐことが出来るのであれば思いのほか保険料は安くなり、特に保険料が高くなりやすい若年層では自動車保険料を安くする有効な小技といえます。

 

このときに重要なポイントは中断証明というものをもらうことです。

 

これを使用しなければ等級引継ぎは出来ませんので、どうか忘れずに中断証明書を取得するようにしてくださいね。

 

 

そして、小技ではありませんが保険料は定期的な見直しが必要です。

 

それは年齢や車種などあなた側のリスク状況が変わっているということに加えて、必要な補償内容も変わってくるでしょう。

 

保険は安ければ安いほど良いとはいいませんが、必要な無い補償内容にお金を払うということは避けなければいけません。

 

そのため、自動車保険は定期的な見直しが必要であり、多少手間がかかって面倒ではありますが、年間単位での金額も見直し前後で数万円変わることもあります。

 

無駄なお金を払い続けないようにするために、家の掃除と同じように家計の掃除もしてみてください。

 

以上、「自動車保険を安くしたいときの小技」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

 

あなたは、毎月余計にお金を払って
損をしているかもしれません!

自動車保険は、補償内容は同じでも会社やタイミングによって保険料が異なることをご存知でしょうか?

 

払いすぎている保険料は、見直しすることで節約することができ、平均3万円ほど、また5万円以上節約できる場合もあるから驚きですよね!

 

あなたが自動車保険料について節約したいと考えるならば、定期的な試算をすることをオススメします。

 

試算方法を確認する【利用無料】

自動車保険バナー

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています