車一括査定しつこい電話の断り方

こちらから査定申し込みをしたとしてもあまりにもしつこい業者は困りものですね。

 

車一括査定を申し込んだら最後、もう電話の嵐で無料出張査定の予約と査定後の電話連絡は「うるさい・しつこい」と、とても評判が悪いです。

 

無料出張査定のときではすぐに車を見せて欲しいということや、実際に査定をする日を交渉されたり、また査定した後についてはいつ車を売ってくれるのか?などなど連絡は何度も行われます。

 

車買取業者としても、車を買い取って転売しなければ利益があがりませんから、できる限り早く車が欲しいのはわかります。

 

しかしながら、ユーザーとしては大切な資産ですからできる限りお金にしたいために、一番高く売れる業者を選ぶのは当然です。

 

また業者が複数いるわけですから、あなたの電話は車買取業者からの着信履歴でいっぱい!なんていうこともよくある話です。

 

つまり、査定を申し込めば査定予約の電話、査定後には売却の催促と、何度も何度も電話が掛かってくるわけで、業者数が増えるほど手間が増えて大変です。

 

でも、このしつこい電話、実は簡単に止める方法があることをご存知でしょうか。

 

特に交渉が苦手という方にとっては、ほとんどの場合に駆け引き無しで電話連絡を止めることが出来るのでお勧めです。

 

こちらではその方法と査定のときの注意点を場面別に確認しています。

 

なお、電話無しで車査定をしたいと考えている方はこちらも確認してください。

 

⇒車査定を電話連絡無しで今すぐ行う方法

電話に対応してしまったほうが早い

電話連絡がしつこくて嫌だということですが、実は電話に出てしまったほうが早いです。

 

確かにしつこくかかってくる電話に出るのはちょっと気が引けるでしょうけれども、相手も仕事であなたに電話をかけているだけなので、対応さえしてしまえばすぐ電話を止めることが出来ます。

 

結局業者の関心は、出張査定前ならいつ出張査定にいけるのか?査定後ならばいつ車を売ってくれるのか?(売るなんて決めてないのに^^;)ということなので、そのことについて確認が出来れば良い意味でも悪い意味でもあなたに用はありません。

 

つまりは、あなたと連絡が取れないからしつこいのであって、連絡さえ取れてしまえばしつこくする理由もないわけです。

 

ですので、車買取業者からの電話がしつこいと感じるならば、出てしまったほうが早いということになります。

 

続いて、車買取業者からの電話についてどのように接したらよいのか、またケース別に査定時の注意点について確認していきます。

実地査定の予約前・電話において

実地査定の予約前にくる電話では、基本的にはこれの予約を行うために電話がかかってきています。

 

断り方としましては、「これ以上対応しきれないから申し訳ないけど断る」と正直に申し出を行うことです。

 

とはいえ、これで引き下がるようならばその営業マンは失格でしょう^^;

 

そのため、査定の機会を相手にも与えること、そしてあなたの手間を増やさずに車を高く売るために役立ってもらうのがよいでしょう。

 

このことは、他の業者と同時刻に予約を取ってしまうことで、査定自体を同時に行うということです。

 

⇒複数業者に同時に査定を申し込むときの注意点

 

ただし、このようなことを嫌がる業者も少なくありません。

 

車は営業力で安く買って利益を出すものだと考える業者もいますし、業者の構造的にそうせざるを得ない場合もあります。

 

嫌がる業者は基本的に比較されることで困る業者すなわちなんとしても安く買いたい業者である可能性があります。

 

そういった業者は向こうから断ってもらうのを期待して、もし承諾してもらった場合には高く楽に車を売れる可能性があがったとして喜ぶべきでしょう。

 

これでさっさと電話の交渉を切り抜けることが出来るはずです。

実地査定では即決交渉に注意しなければならない

この場面においては業者は今決めてもらえば、いわゆる即決をしてもらえたら高いお金を出すというものです。

 

その価格が実際に高いのを分かっていて、実際に高いことが確認できるのならよいです。

 

しかし、たいていの場合そんなことはありません。

 

そもそも即決を要求する理由は、安く買いたいことからそうしていることが多いです。

 

この場合には、「申し込み時から比較して一番高いところに買ってもらうことにしている。あなたの査定価格はこの値段でよいのか?」

 

といって切り上げてしまうのがよいでしょう。

 

たいていの場合、即決価格は即座に引き取りがある場合以外では、もっと高い価格を出せる場合が多いです。

 

⇒多くの場合即決契約は損であることが多い

メールで連絡して欲しい方は対応する業者に申し込み

この方法においてはあまりしつこくても気にしないなら問題ありませんね。

 

しかし、まじめな人はどうしても気になってしまいますね。

 

断るときには、もう他の業者と契約してしまったといってしまうのもよいでしょう。

 

交渉の余地のない車について粘るというのはちょっとありえない話です。

 

そういうわけで業者も時間を他にあてて有意義に使うことが出来ますのでお互いのためにもしっかりと断っておくのがよいのです。

 

⇒カーセンサーは車査定をメールのみで出来る?

実地査定後の電話では売ったことにすればよい

車を売る相手が決まったのに掛かってくる売却勧誘電話がかかってくることがあります。

 

結局売ってくれるのかと催促の電話が多く、業者としては最初か最後に交渉したがります。

 

このような場合には、もう車を売ってしまった、もしくは契約してしまったと伝えることで、勧誘の電話を止めることが出来るでしょう。

 

たとえまだ契約してしまった場合でもそのようにいって断るのは効果的です。

 

無い車に対して交渉するというのはあまりにも現実離れしているものであり、業者としても車を売る相手を決めたのに追及できるはずもありません。

 

そのため、交渉や契約をあきらめて次の顧客へいくことになるでしょう。

 

お互いのために、すっきり断ってしまうのが良いのです。 

未対応で切り抜けるよりも一度対応すれば止まる

しつこい電話というのは出たくなくなるものですが、実際にはビジネスで行っているために一度出てしまえばその後しつこいということはめったにありません。

 

なぜ電話がしつこくかかってくるかといえば、あなたに対しての仕事が未完了の案件であるというだけなのです。

 

つまり、電話がかかってきたとしても売ってしまったということを言うと、それ以上交渉しようとは普通しませんので、一度対応するとしつこい電話を止めることが可能です。

 

そもそも、契約する気が最初から無いような安い査定額の業者であればしっかりと金額を突きつけて断ることが大切ですので、相手から電話がかかってきたときはきっぱりと断りましょう。

 

業者も多くの時間や人手を抱えているわけではありませんから、断られた相手に対して粘るということは基本的にしません。

 

また、一番高い査定額を出すところに売るとドライに対応してかまいません。

 

中古車売却契約を締結していないならばここからまた車が高く売ることが出来るわけですから、少しの時間が取れるならよいことしかありません。

 

このようにしっかりと断って、お互いにとってよい交渉にできるようにしましょう!

 

以上、「車一括査定しつこい電話の断り方」でした。

 

お役立ていただけた幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています