【ディーラーじゃダメ?】なぜ下取は損だといわれるのか?

買取と下取はどちらも所有している車を処分するというものですが、両者は異なるものです。

 

主に値段や対象、その目的が異なるので似ているのは車を処分するという点だけかもしれません。

 

特にあなたが一番気にしたいところは、どちらが車を高い査定額をつけるのかどうかではありませんか?

 

今回は車オーナーが知っておきたい買取と下取の違いをご説明していきます。

車買取専門店が行うものが買取

車の処分対象は業界大手のガリバーに代表される車買取専門店が相手となります。

 

下取とは異なり買取は車の乗り換えを前提とするわけでもなく、車を換金する目的で利用するものとなります。

 

中古車市場に対して流動的な査定価格を提示するもので、下取では評価されなかった社外パーツなどについても評価されることがあります。

 

そのため、下取よりも多くの場合においては車の処分価格が高くなることが多いです。

 

⇒WEB上の買取業者の評判まとめ

 

ただし、反面営業が非常に積極的で車を高く買うというCMをやっているにも関わらず、安く買おうとしてくることや強い営業姿勢が非常に迷惑であるという口コミが多いのも事実です。

 

車を高く売るためには利用すべき業者であると同時に、車を高く売ろうとすると少し面倒なこともあるというのが特徴です。

ディーラーなどの販売店が行うものが下取

車の処分対象はトヨタなどの販売店が相手になります。

 

買取とは異なり下取は車を乗り換えることを前提としています。

そして新しく取得する車の値引き的な要素として機能するものになります。

 

買取価格は車種に対して固定的な評価となり、買取では評価されていた社外パーツの評価はほとんどされません。

 

そのため、買取よりも多くの場合においては車の処分価格が低くなることが多いでしょう。

 

⇒車の下取はなぜ損なのか?

 

車の下取は、買取に比べると不必要な営業がありませんので面倒が少ないでしょう。

 

ただし、査定額は非常に安くなってしまうケースがほとんどで、面倒だから下取でよいという選択肢は無いかもしれません。

 

平均して10万円以上の差があるというのなら、あなたも買取を試してみたほうが良いと思いますよね?

 

そのため、下取をすると決めていても無料で受けられる買取の査定は絶対に受けるべきでしょう。

 

下取においても買取においても査定額を比較することで初めてあなたは有利な立場となれるのです。

値段的に有利であるのは買取

上のコラムを見ていただいたら分かると思いますが、車買取業者に処分したほうが高く売ることが出来る場合が多いでしょう。

 

とはいえ、価値の無い車の場合は少しでも値段をつけてくれる下取りに持ち込むほうが有利であったりするのですが、基本的には買取のほうが高くなると思っていただいて結構です。

 

その理由については営業目的の違いなどもありますが、最も大きいのは評価方法が異なることでしょう。

 

最近は下取査定の評価もいくらかマシになったとききますが、やはり買取査定の評価のほうが良い金額であることが多いです。

 

そのため、下取をするとしても買取査定も試しておくことで、下取査定に対しても交渉が出来る情報が得られるのではないでしょうか。

 

あまりにも交渉がうまくいかないならば、買取業者に車を売ってその売値を車購入に充てたとしたらどちらも同じですからね。

車乗り換え時における下取の選択率はなんと8割

車乗り換えを前提とした車処分については8割が下取ということのようです。

 

納得できる部分もあればもったいないと思える部分もあります。

 

というのも車を何台も保有できるほど余裕がない場合、どうしても乗り換えとなりますので、古い車は処分しないといけません。

 

取得と同時に提案されれば、下取を選択することは自然であると思います。

 

対して、車を出来れば高く売ったほうが得であるのは説明する必要が無いと思いますが、下取よりもやはり買取のほうが高くなる傾向があります。

 

これは非常にもったいないことです。

 

それなりに市場価値がある車なら10万円~20万円違うことも珍しくありません。

 

ただ申し込む先が違うだけでこれだけの差があるとしたらできれば高く売りたいと考えますよね?

 

この金額があれば家族と国内なら数回、海外旅行にだっていけますよね。

 

またボーナス払いで圧迫している家計を軽くすることが出来ますので冬だったら年末少し良い気分で過ごすことも出来ますよね。

  

もちろん値引き的なお話でも、換金した額を新しい車の取得代金にあてれば値引きと同じですよね。

 

そのため車を安く買うことが出来るということです。

 

申し込みまではしなくとも価格差などを比べてもらえたらと思います。

 

⇒車の相場を確認する目的で査定を利用するときの注意点

下取を選択するにしても価値が妥当なのか他でも調べる

下取が有利である点に関しては、車を乗り換えることを前提としたら書類や手続きなどを一括で処理できることでしょう。

 

車を買うことと売ることはそれぞれ多少なりとも手続きや書類などが必要になるわけですが、同時に行うことが出来る場合が多いので、車オーナーとしては手間がかからずに良いのかもしれません。

 

そのため、下取を必ず選択しないほうが良いとは言いませんが、評価方法について問題となるケースが多いでしょう。

 

車の価値を知っている場合を除けば、それを調べるためにも買い取り査定を行ってみて、下取の評価額の交渉に利用したり、それがうまくいかないなら買い取り業者に車を売るというのが一番良い選択なのではないでしょうか。

 

下取は必ずしも損だとは言いませんが、最適な選択を出来るようにうまくそれぞれを使ってみてください。

 

⇒下取査定が適切なのか調べるための買取査定はこちら(無料)

 

以上、「【ディーラーじゃダメ?】なぜ下取は損だといわれるのか?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています

  • ディーラーの下取はなぜ安いのか
    最近になって買取のほうが高い査定をつけてくれるということを認知され始めています。   それでも依然として8割のユーザーはディーラーに車の処分を下取を選択しています。   なぜ多くの…
  • 改造していない車は高く売れるのか
    一般に改造している車は査定額が厳しいことが多いです。   というのも車査定業者は買い取った車をそのままオークションに流して換金するか、店頭で販売するか。   いずれにおいてもすぐに…
  • 【ディーラー下取は損なのか?】車を安く買う方法
    車を安く買うための方法は何も値引きだけではありません。   それ以外にも、ローンの見直しであったりとか、下取の見直しであったりと実はあらゆる手段を使うことで車を安く買うことが出来るのです。 …
  • ディーラーに車を売るときの注意点
    車の買換えを行うときにはディーラーに車を売るという方は多いでしょう。   車購入の商談が進んでくると、車を下取に出すことが前提になっているなんて言うケースも多く、いざ車を買い取りに出すなんて…
  • 人気車種なので下取りは高いといわれた車が安かったとき
    今はエコカーやミニバンがブームで下取り価格も期待できるといわれています。   だから車を販売するときには、「下取り価格に期待できる」といわれて車を買うこともあるでしょう。   でも…