車出張買取は契約キャンセルできないって知っていましたか?

クーリングオフとは、主に訪問販売における取引において書面による契約を交わした日から8日間において無条件に契約を解約できる制度をいいます。

 

実は近年、貴金属とバイクについてはこれが適用されることになりました。

 

ということは、訪問買取を行って買取を行うバイクについてはクーリングオフが適用されるということですね。

 

しかしながらバイクは適用されても自動車についてはなぜか適用されないのです。

 

車は適用外であることは変わりありませんが、これによってなにか困ることはあるでしょうか?

 

クーリングオフ制度の趣旨を考えながら見ていきましょう。

消費者が納得しないまま取引される状況が往々にしてある

クーリングオフ制度は消費者保護の制度です。

 

さて、車はクーリングオフの対象外ですが、これによって業者はどのようなことが出来るでしょうか。

 

まずクーリングオフがある場合にはキャンセル料が取れないということですね。

 

8日間は無条件で契約を解除できますので、無理な契約をしてそれに対して違約金が取れないということです。

 

こんなこと当たり前だ!と思うかもしれませんが、このようなやり方が横行しています。

 

⇒強引な車買取業者が良く行う手法など

すぐに契約を迫り後々キャンセル料を支払うケースが絶えない

車買取ビジネスの基本は「車を安く買って高く売る」です。

 

そのため、いち早く契約に取り付けば他と比較されることなく、「安く」買うことが出来るのです。

 

これについてはビジネスですから良い悪いは別として今回はこの契約に対するキャンセル料のお話をします。

 

後々、他の業者のほうが高く買ってくれることが明らかになった場合には、事前に契約したものをキャンセルしたいと申し出を行うと思います。

 

当然ですよね?車オーナーとしては少しでも高く売れたほうが嬉しいわけですからね。

 

そこで契約をした業者は高い違約金、いわゆるキャンセル料を請求することとなります。

 

業者としては安く車を買うことが出来るということで契約もしてますし、仮にそれがうまくいかなくてもキャンセル料がもらえるわけです。

 

こうやってみると車買取業者がすばやく買取にきて契約を迫る理由もわかって頂けたと思います。

 

⇒車買取において基本的に即決はしないほうが良い!?

仮にクーリングオフできるとした場合

今回のケースでクーリングオフが出来るとした場合にはどうなるでしょうか。

 

まず今まで営業力で車を安く買っていた業者は行動を改めると思います。

 

というのは8日間あれば他にも高い業者が買い取ってくれるということがわかり、無条件で契約を解除されるためです。

 

そんなところへわざわざ出張買取にいくのは非効率的過ぎます。

 

今まで非常にしつこかった営業が少し変わってくるでしょう。

車のクーリングオフ適用はされるのか?

実際にクーリングオフの適用物品に関しては、車を含めるべきなのかというところで判断が別れています。

 

もし車もクーリングオフの対象になるのなら、今後のビジネスモデルに影響しかねませんので業者も現在販売力の強化でそれに対応している最中ということになります。

 

そういったことで、車を売ろうとお考えの方は出来る限り販売力を強化している車買取業者に出会えるように多くの業者に見積りをしてもらい、即決をしないという行動が良いでしょう。

 

クーリングオフに関しては今後どうなるかはわかりませんが、車に適用があるのかないのかといった流れだけでも業界はかなり良くなってきているように思えます。

 

皆様としましては多くの業者に当たること、そして即決をしないということを守って頂けたらと思います。

 

以上、「車出張買取は契約キャンセルできないって知っていましたか?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています