【2016年更新】エコカー減税の期間はいつまで延長?

従来からエコカー減税や車関連の主な減税については、次のような日程を予定されていました。

 

  • 自動車取得税:2015年4月1日~2017年3月31日
  • 自動車重量税:2015年5月1日~2017年4月30日
  • 自動車税(軽自動車税):2015年4月1日~2016年3月31日までの新車登録車

 

しかしながら、従来より延長に延長を重ねて実施されているため、今年も行われるのではないか?と考えている方も多いでしょう。

 

これについては2つの可能性があります。

 

  • 従来どおりの減税方法によって環境性能が優れている車に対して優遇する措置
  • 環境性能割を設定してそれに基づいて税金を算出

 

前者については、おなじみの環境性能によって特定の税金が減税もしくは免税されるというものであり、後者については一定の税率算出方法などを考慮する方法といえるでしょう。

 

環境性能割の利用は平成29年4月1日以降の登録車に適応があるということで、まだまだ先の話ではありますがこのような可能性があるということを確認しています。

 

詳しくはこちらの国土交通省ファイルの冒頭を確認していただけたら確実でしょう。

 

⇒国土交通省:平成28年度 自動車局税制改正要望の概要のpdfファイル

 

自動車に関わる税金は、環境性能が高い自動車なら取得時の優遇措置「エコカー減税」が適用され減税または免税することができます。

 

エコカー減税の目的としては、政府がエコカー減税を将来の地球環境の保全に向けての優遇措置と自動車業界の活性化のために行っています。

 

自動車を新しく取得するユーザーは使わない手はありませんね。

 

エコカーを買うときには、エコカー減税にあわせて通称新エコカー補助金も確認すればさらにお得です。

 

⇒環境性能が高い車を新車購入したら補助金がもらえるって知っていましたか?

 

新エコカー減税については、分かり易く概要を用意しましたので続きをご覧ください。

 

なお、自動車の減税措置においては自動車取得税と自動車重量税の減税措置であるエコカー減税と自動車税と軽自動車税の減税措置であるグリーン化税制がありますが、ここではエコカー減税に統一させていただきます。

現行のエコカー減税概要

 

  1. 減免税車の対象範囲は見直しされ、15年度からは主として20年度燃費基準を尺度とする
  2. 燃費基準の達成度などによる減・免税の適用は重量税、所得税ともに細分化
  3. 自動車取得税廃止は消費税10%導入まで延期
  4. 四輪の軽自動車税にエコカー減税が適用される

 

2016年更新:平成29年4月からは環境性能割というものが導入される見通し

 

つまり、何が言いたいかというと要求される環境性能が厳しくなり、軽自動車税についても減税が適用されるということになります。

エコカー減税の減税率

減税率2015年度2015年度+5%2015年度+10%2015年度+20%2020年度2020年度+10%達成2020年度+20%達成次世代自動車
自動車取得税0%(減税なし)20%減税40%減税40%減税60%減税80%減税100%減税(非課税)100%減税(非課税)
自動車重量税0%(減税なし)25%減税25%減税25%減税50%減税75%減税100%減税(非課税)100%減税(非課税)
自動車税0%(減税なし)0%(減税なし)概ね50%減税概ね50%減税概ね50%減税概ね50%減税概ね75%減税概ね75%減税
軽自動車0%(減税なし)0%(減税なし)0%(減税なし)0%(減税なし)概ね25%減税概ね25%減税概ね50%減税概ね75%減税

 

オプションやグレードによって、同じ車種であっても減税区分が低くなったり高くなったりしますので車を買うときには必ず販売店にどの区分で適用されるのか確認するようにしてください。

トヨタヴォクシー・ノアとハリアーを例に新旧エコカー減税を比較

こちらに掲載しているのは2015年を境にエコカー減税の減税率や対象車種が変わっています。

 

それを比較した表となっていますので、新基準というものが現行のエコカー減税となっているため、あらかじめご留意のうえ情報をご確認ください。

 

トヨタヴォクシー・ノア・ハリアーのガソリン車は免税から減税へ格下げになってしまいます。

 

トヨタ車の人気ミニバンで新旧基準のエコカー減税を比較しました。

 

アルファード・ヴェルファイアの場合
税金項目 ハイブリッドエンジン 2.5Lガソリンエンジン 3.5Lガソリンエンジン
エコカー減税新旧 旧基準 新基準 旧基準 新基準 旧基準 新基準
自動車取得税 免税 免税 75%減税もしくは減税 40%減税 60%減税 無し
自動車重量税(購入) 免税 免税 80%減税もしくは免税 25%減税 50%減税 無し
自動車重量税(車検) 免税 免税 免税 無し 無し 無し

 

ヴォクシー・ノアの場合
税金項目 ハイブリッドエンジン 2.0Lガソリンエンジン
エコカー減税新旧 旧基準 新基準 旧基準 新基準
自動車取得税 免税 免税 免税 40%減税
自動車重量税(購入) 免税 免税 免税 25%減税
自動車重量税(車検) 免税 免税 免税 無し

 

グレードによって車体重量の重さが異なるため、若干の変動があります。

 

このように見ると明らかに燃費が良くなったガソリンエンジンとハイブリッドエンジンとの間に差ができました。

 

これは、思ったよりもガソリンエンジンの燃費があがってしまったことによって、ハイブリッドカーを売るためにエコカー減税を新しくしたのではないかとも判断できます。

 

とはいえ、基準が無くなるよりはあったほうがよいですから、エコカー減税が継続できたことは素直に喜ぶべきでしょう。

 

しかし、せっかく買おうと思っていた車がエコカー減税外になってしまったり、減税幅が少なくなってしまったとしたら残念ですよね。

 

値引きなどを狙っていきたいところですが、限界もありますので努力しても成果が出ない可能性があります。

 

そのため、少しでも出費を減らしたい方は下取りの見直しや頭金を出来る限り用意できるように対処してください。

 

⇒少しでもお金を用意するための査定方法を確認する

 

あなたがアクセスできる中古車情報は全体の3割だけ

中古車情報誌のgooやカーセンサーに載っている中古車情報では全体の3割しか見ることが出来ないことを知っていますか?

一般の人が見ることが出来る情報は全体の3割

残り7割の非公開情報を見たい方はこちら

中古車探しサービス

 

燃費達成基準の比較表「2015年度・2020年度及び+10%達成・+20%達成」

表の見方は車体の重さに対応したJC08基準の燃費がエコカー減税の基準を達成しているかどうかによって減税適用の可否が変わってきます。

 

車両重量(kg)2015年度2015年度+5%2015年度+10%2015年度+20%2020年度2020年度+10%達成2020年度+20%達成
~74021.822.8923.9826.1624.627.0629.52
741~8552122.0523.125.224.526.9529.4
856~97020.821.8422.8824.9623.726.0728.44
971~108020.521.52522.5524.623.425.7428.08
1081~119518.719.63520.5722.4421.823.9826.16
1196~131017.218.0618.9220.6420.322.3324.36
1311~142015.816.5917.3818.961920.922.8
1421~153014.415.1215.8417.2817.619.3621.12
1531~165013.213.8614.5215.8416.518.1519.8
1651~176012.212.8113.4214.6415.416.9418.48
1761~187011.111.65512.2113.3214.415.8417.28
1871~199010.210.7111.2212.2413.514.8516.2
1991~21009.49.8710.3411.2812.713.9715.24
2101~22708.79.1359.5710.4411.913.0914.28
2271~25007.47.778.148.8810.611.6612.72

※燃費達成基準はjc08モード(いわゆるカタログ燃費)において判定されます。

参考:国土交通省http://www.mlit.go.jp/common/000170128.pdf

 

中古車においてもエコカー減税を受けることができるのか?

中古車でも、環境性能に適用し適用期間内であればエコカー減税を受けることが可能です。

 

ただし、新車で取得する場合よりも減税率は小さいものになります。

 

自動車取得税に関しては、「課税標準額に0.9と残価率という係数をかけて」取得価額を算出し、そこから環境性能に応じた金額を控除したのちに税率をかけて計算されます。

 

この環境性能に応じた金額の控除ですが、45万円から5万円までと開きがあります。

 

また、上記取得価額が50万円以下であれば、自動車取得税については非課税となりますので、安い自動車ならばエコカー減税は関係なくなりますね。

 

また、自動車重量税に関しては、1回目の支払いにおいて「免除」された場合に限り、2回目の支払いにおいては、「50%減」となります。

 

つまり、1回目の自動車重量税について免除という区分であれば、おのずと高い環境性能を有する車を買わなければいけないということになりますね。

 

なお、車検が切れてしまった場合には、15日以内に受けるならば自動車重量税のエコカー減税を受けることができます。

 

なお、自動車税や軽自動車税についてはグリーン化税制になりますが、こちらは中古車の減税措置はありません。

 

コラム:エコカー減税の抜け穴

エコカー減税は車体の重量に対応した燃費を達成しているかどうかによって、適用の可否が決定します。

 

ということは、グレードやオプションで重量の調整をすれば・・・

 

実はこれをディーラー主導で行っているという情報もあります。

 

ディーラーにおいては、高価なオプションをつけた分においてエコカー減税が適用されない車が適用されるようになり、そのオプション分が浮くということをセールスポイントにしているようです。

 

このことでわかることは、思ったよりも車販売関連はあなたの味方をしてくれるということです。

 

販売している人間は多くの随時更新される情報を持っていますので積極的に協力してもらって、少しでも得できるようにしましょう。

 

次の日産ホームページのエクストレイルカタログ、自動車重量税の金額について2WDと4WDで見比べてみてください。

 

4WDのほうが車体重量が重いので、減税額が大きくなっていることが分かると思います。

 

⇒日産ホームページ エクストレイルカタログ

 

オプションを追加すると減税される例

エコカー減税は常に変わっていく制度ですから、そのときの制度に合致していない可能性があります。

 

詳しくは販売店に「オプションやグレードによってエコカー減税が変わるかどうか」を聞けば詳しく教えてくれますので、ディーラーの人間に買う車種について質問してみてください。

 

  • 日産エクストレイルに大型電動ガラスサンルーフ
  • トヨタマークXに電動助手席調整装置
  • 日産ラフェスタにカーテンエアバッグ等
  • スバルフォレスターにサンルーフ等

 

重い電動系の装置が人気ですね。

 

あと少しの重さで減税が適用されるような車種には、メーカー側がこういった「重い伝動装置」を設定してくれる場合もあるのでしょうか。

2015年4月以降の車関連の税金まとめ

 

  • エコカー減税は現行の「60%~100%」減免基準から「20%~100%」減免基準へと変更
  • 消費税10%を導入は延期となったことで自動車取得税廃止は延期
  • 四輪の軽自動車税においてエコカー減税の適用開始(翌年度に限り75%~50%の減税となります 例:75%減税で10800円⇒2700円)
  • 二輪車のバイクは増税(例:原付1000円⇒2000円と2倍増税)

 

結局、2015年の自動車関連の税金は増税なのか減税なのか分かりにくくなっています。

 

⇒環境性能が高い車を買うならあわせてみたい、2015年版のいわゆる「エコカー補助金」

エコカー減税・免税の早見表(旧エコカー減税)

  平成32年度・平成27年度燃費基準+20%達成車 平成27年度燃費基準+10%達成車 平成27年度燃費基準達成車
自動車税 75%減税 50%減税 0%(廃止)
自動車取得税 100%減税 80%減税 60%減税
自動車重量税
  • 新車登録時100%減税
  • 初回車検時100%減税
75%減税 50%減税

※2015年以後も免税や減税を続けていく傾向にあります。

2014年12月30日政府与党の税制大綱がまとまり、2年延長が決まりました。

エコカー減税は2016年度末まで、2年間の期間延長となります。

自動車取得時及び取得更新に必要になる税金

 

  • 自動車税
  • 自動車取得税
  • 自動車重量税

 

ではそれぞれ見ていきましょう。

 

【燃費基準達成車】について

車種において燃費基準達成車というものが定められています。

 

これは特定の車種において燃費が良いものは環境保全性能に良いとして減税もしくは免税されるものです。

 

そのため、環境保全に貢献する度合いに応じて減税措置がされることとなります。

 

燃費基準達成車の区分
  1. 平成32年度燃費基準達成車
  2. 平成27年度燃費基準+20%達成車
  3. 平成27年度燃費基準+10%達成車
  4. 平成27年度燃費基準達成車

 

自動車税とは

自動車税とは、登録された自動車の所有者もしくは使用者に対し課される税金です。

 

自動車税は、毎年4月1日時点の所有者は納税義務がありますが、他にも自動車取得時や登録時にも払う必要があります。

 

このときの自動車税については3月に向かって月割りの額を支払うことになります。

 

なお、軽自動車においては軽自動車税が課されますが、こちらは4月1日の所有者(使用者)が納税義務があります。

 

このときの軽自動車税については年額一括払いであり、4月2日に登録をすれば364日分を得することが出来ます。

 

自動車税と軽自動車税に関してはこちらにまとめていますので、詳細を知りたい方は続きを確認ください。

 

⇒自動車税・軽自動車税の詳細はこちら

 

車検の有無、利用状況に関わらずに法的な所有者(または使用者)に対して課されます。

 

そのため、利用しないとするなら一時抹消や永久抹消の廃車手続きをすると良いでしょう。

 

なお、減税による減額は登録から翌年度の自動車税となりますのでご注意ください。

自動車税のエコカー減税期間

主に自動車業界や個人消費の活性化のために、減税措置をとっているのではないかと思われます。

 

自動車税の減税期間は2014年7月現在において、平成28年(2016年)3月末までの登録車とされています。

 

なお、登録が購入時において納車が遅滞する場合などの理由によって減税期間に間に合わない場合には、せっかくのエコカー減税も適用できません。

 

期限ぎりぎりの場合は納期などを確認するなど注意が必要です。

 

自動車税のエコカー減税割合(~2015年3月)
  • 平成32年度燃費基準達成車は75%減税
  • 平成27年度燃費基準+20%達成車は75%減税
  • 平成27年度燃費基準+10%達成車は50%減税

 

なお、平成27年度燃費基準達成車については0%として廃止になりました。

年々基準が高くなってきていますね。

 

※2015年4月より新エコカー減税が適用され、基準が厳しくなり項目が細分化されました。こちらは2015年3月までのデータとなります。

軽自動車税の減税について

2014年度においては、軽自動車税にエコカー減税はありません。

 

しかしながら、2015年4月から始まる新エコカー減税においては軽自動車税についてエコカー減税適用を予定しています。

 

翌年度の軽自動車税を75%・50%減税が行われることにより、10800円⇒2700円となります。

 

なお、軽自動車税に関しては月割りの課税ではなく年間一括払いのため、3月に軽自動車を買うと1ヶ月分の期間に対して1年の軽自動車税を支払うことになります。

 

5年以上など長期で保有するつもりなら2015年3月中に買うべきでしょうけど、3年ほどの保有を予定しているなら実はあまり税金は変わらないことが多いです。

⇒短期保有なら軽自動車の取得は急ぎすぎても良いことは無い?

自動車取得税とは

自動車取得税は、取得価額が50万円を超える自動車の取得について、その取得者に対して課される税金です。

 

このため、取得価額50万円以下の中古自動車については自動車取得税が課されません。

 

取得価額が小さいので、自動車取得税が課されたとしても小さいものとはなりますが、それでも課されないとなれば出費を節約できます。

 

そのため、取得価額が50万円前後なら特に取扱を気をつけたいところですね。

 

この税金は消費税との兼ね合いによる二重課税や特定目的に使用される財源(特定財源)から目的指定されない財源(一般財源)にしたことについての課税根拠喪失により批判があります。

 

そのため、消費税10%になる際には廃止を予定しています。

 

しかしながら消費税10%への増税が延期されたため、廃止予定は2017年度末となっています。

 

廃止にあわせて車を購入しようか検討していた方にとっては非常に残念な状況ですが、消費税と合わせて動くことを考えるとそれほど損ではないのかもしれません。

 

自動車取得税のエコカー減税期間(旧エコカー減税)

自動車取得税は、2015年(平成27年)の3月31日まで対象である新車を取得する場合に適応されます。

 

自動車取得税のエコカー減税割合(旧エコカー減税)
  • 平成32年度燃費基準達成車は100%減税
  • 平成27年度燃費基準+20%達成車は100%減税
  • 平成27年度燃費基準+10%達成車は80%減税
  • 平成27年度燃費基準達成車は60%減税

消費税の増税に伴う対応

自動車取得税と消費税との二重課税などの問題から消費税の増税に伴って、減税をすることが決定しています。

 

2015年10月の消費税10%増税によって完全に廃止されることとなっています。

※消費増税が2017年3月末に延期されたことに伴い、自動車取得税の廃止も延期となる見込みです。

自動車重量税とは

自動車重量税とは、検査自動車と届出軽自動車に対して課される税金です。

 

名目上は自動車の持つ重量が道路に与える影響から、整備のために税金を課するものであると思います。

 

wikipediaを見る限りだとどうやらこの目的は1/3しか使われないように思えます。

 

課税するときは自動車を新規登録または新規届出をしたときや、継続検査・構造等変更検査(車検)、車検証または届出済証の交付をうけたときに納付を行います。

 

自動車重量税のエコカー減税期間

自動車重量税は、2015年4月30日まで対象の車を登録か一番初めの車検を受ける場合に適応されます。

※エコカー減税は2016年度末までに延長されました!

 

自動車重量税のエコカー減税割合(~2015年4月末)
  • 平成32年度燃費基準達成車の新車登録時及び初回の車検時は100%減税
  • 平成27年度燃費基準+20%達成車の新車登録時及び初回の車検時はは100%減税
  • 平成27年度燃費基準+10%達成車は75%減税
  • 平成27年度燃費基準達成車は50%減税

※こちらは2015年4月末までの自動車重量税のエコカー減税になります。2015年5月からは新しいエコカー減税基準の適用を予定しています。

自動車税金のまとめ

環境性能が高い車は、車の税金を免税や減税を受けることが出来ます。

積極的に使っていきましょう!

 

自動車取得税については、年々縮小傾向にあるように思えます。

 

一般財源化したことから課税根拠を失ってしまったこと、消費税とともに考えると二重課税になるという観点によるものが大きいようです。

 

諸外国に比べて日本の自動車の税金については複雑で多岐にわたるそうで、確かに車関連の税金は非常に高く思えますね。

 

軽自動車税についても、環境性能が高い車は普通車同様に翌年度の税金を75%・50%減税になりました。

 

少しでも車ユーザーの負担が減ったら、若年層の車離れに貢献できるのではないかと期待しています。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています

  • エコカー減税の燃費達成基準は重さに対する規定
    車を買うときにエコカー減税を考えるのは当たり前になりましたね。   それほど深く車購入に関わっているものですが、これはどのように決まっているのでしょうか。   実はエコカー減税は車…
  • エコカー減税・グリーン化税制と車検
    エコカー減税・グリーン化税制は、車の環境性能に応じて「自動車重量税」「自動車取得税」「自動車税」の減税及び免税を行うものです。   車関連の減税や免税が、どのように適用されるのかという点につ…
  • 短期保有なら軽自動車税の増税前に急ぐ必要は無い
    2014年12月30日の大綱でエコカー減税が軽自動車税にも適用されることになりました。   他の自動車取得税と自動車重量税については、普通車同様に適用がありましたが軽自動車税だけは適用がありませんでし…
  • 【いつ廃止されるのか?】自動車取得税と消費税の関係
    車を買うときに掛かる税金は4つあります。   自動車取得税 自動車重量税 自動車税 消費税   車体価格にはかかる税金で自動車取得税と消費税がかかりますが、同じような名目で税金を2…
  • プリウスの納期ってどれくらい?
    現在、プリウスの納期遅れは無いので安心して買うことが出来ます。   なお、納期の確認にはトヨタ公式サイトで確認したら一番でしょう。   ⇒トヨタ公式サイト:特定車種の納期について …