売れ筋の軽自動車はどれだ!

前年度の新車の販売台数の約4割は軽自動車のようです。

 

ちょっと前までは軽自動車というとネガティブな印象しかなかったのですがなぜここまで人気なのでしょうか。

 

今回は売れ筋から見る人気の秘密に迫っていきましょう!

軽自動車売れ筋ランキングはこちら

こちらは少し古い情報ですが、現在もそれほど変わるものではありません。

 

依然としてN-BOXが優勢であって、それにタントなどが続くという形になっています。

通称名 2013年度
N-BOX 225900
ムーヴ 193672
タント 180590
ワゴンR 180029
ミラ 164027
デイズ 139810
スペーシア 138469
アルト 109198
N-ONE 82791
N-WGN 72548
eK 58289
モコ 48036
ピクシス 32329
ステラ 23418
MRワゴン 22388

※新しい年度のものに更新予定

一般社団法人 全国軽自動車協会連合会

軽自動車といえば数年前まではダイハツとスズキがムーヴ・ワゴンR対決でしのぎを削っていましたが現在は図式が代わってしまいました。

 

まず1位のN-BOXはホンダの軽自動車です。

 

そして相変わらず人気のムーヴとワゴンRですが、その間にダイハツタントがありますね。

 

その後はかなり前にダイハツのフラッグシップ軽自動車として活躍したミラが続き、日産のデイズ、スズキのスペーシア、スズキのアルトとなっていますね。

 

⇒2015年軽自動車燃費ランキング

 

まずは先ほど話にあった軽自動車の歴史を簡単に説明しますね。

軽自動車の歴史を簡単に説明

大昔のことはわかりませんが、私が知る限の話をさせていただきます。

 

まず、軽自動車メーカーといえばやはりダイハツとスズキでしょう。

 

ホンダももちろん作ってはいましたが今ほど積極的ではなかったような気がします。

 

それはともかく、現在も昔もダイハツとスズキはシェア1位を争って常に争っていました。

 

現在ではそこにホンダが入り、軽自動車3強メーカーとなりました。

 

知っている限りではダイハツミラvsスズキアルトという戦いをしていました。

 

この頃の軽自動車は狭く我慢が必要な車でした。

 

経済的に安く済ませたいという方が選ぶような車でしたね。

 

そしてこの流れを変えたのが少し前の頃ですか。ダイハツムーヴvsスズキワゴンRです。

 

この頃から軽自動車の室内が広くなりました。

 

一番のポイントは天井が高くなったことである程度広さを確保することが出来るようになったといった形です。

 

そしてここ数年においてはホンダN-BOXvsダイハツタントvsスズキスペーシアという図式になりました。

 

販売台数的にいうとスズキは少し苦戦しているように思えますね。

 

天井が非常に高く作っているので室内空間はかなり広くなりました。

 

またドアを大きく作ったり、シートアレンジが出来たりと使いやすい車になりました。

 

もう軽自動車を経済的な理由で選ぶという選択肢以外にも選ぶ理由が出来ましたね。

 

以上が軽自動車の歴史です。

軽自動車を選ぶ理由が増えたことが人気の秘密

軽自動車を過去において選ぶ理由は仕方なしに経済的な理由からと消極的なものでした。

 

現在においてもミラやアルトを選ぶ理由というのが経済的な理由によるものではないでしょうか。

 

もちろん個人がというよりも法人が営業車で使う場合も含まれていますね。

 

ムーヴやワゴンRもまだまだ売れています。

 

というかかなり売れていますね。もうこの時点で狭い軽自動車という概念が払拭されていて生活に使うには十分という理由ではないでしょうか。

 

そして近年人気の天井が非常に高いタイプですね。

 

N-BOXやタント・スペーシアを選ぶ方々はこの車がすきなのでしょう。

 

人によってはミニバンからこのクラスの車にする方もいるぐらいです。

 

もう生活のために我慢して軽自動車に乗るという概念がない車といえるでしょう。

 

なぜなら、車体価格が安価なコンパクトカー程度もしくはそれよりも高いからです。

 

つまり、同じ値段を出せば軽自動車以外の車が買えるのにこれを選ぶというのは税金が安いこともあげられるでしょうけど、車体価格がコンパクトカーよりも高いけれど軽自動車を選ぶというところがポイントです。

 

そういうわけで皆さん気に入ってこの車を選んでいるということですね。

 

なによりも室内空間が広いことが非常に大きな転機になっていますね。

 

いまや軽自動車は選びたくて選ぶ、そういった車も存在しますね。

 

私はあまり軽自動車が好きではありませんが、色々な選択が存在することは良いことだと思います。

 

機会があれば乗ってみたいですね。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています

  • 軽自動車の燃費ランキング(2015年版)
    現在からは考えられないと思いますが、過去においては軽自動車は燃費が悪いものでした。 技術革新が著しい昨今、各社非常に低燃費な軽自動車の開発を競っています。   今回は2015年の軽自動車燃費…
  • 軽自動車の廃車手続きについて
    廃車手続きは軽自動車も普通自動車もそれほど変わるものではありません。   ナンバーを返して法的に抹消するということは同じなのです。   ただ書類については呼び名が異なったりしますの…
  • ボロボロの軽自動車は下取り?
    軽自動車は査定に出してもたいした額になりませんが、さらにボロボロであったなら売ることができるのでしょうか?   今回はこのような絶望的な状況であるボロボロの軽自動車を高く売れるかどうかを考…
  • 人気軽自動車をランキングで比較して選ぶ
    残念なことに遂に2015年4月から軽自動車税が高くなりました。   これに伴い、軽自動車販売台数の売れ行きが悪くなっているようです。   それも当然ですよね。   軽自動…
  • 【中古は大丈夫?】軽自動車税金値上げと対策
    2015年4月1日より軽自動車税は年間7200円から10800円(自家用)に値上げされました。   これをみて高い!と思う方やそんなものかと思う方がいらっしゃいますね。   私はそ…