残クレの審査とデメリット

残クレは残価設定型クレジットの略で、人によってはディーラーローンと混ぜていう方もいらっしゃいます。

 

残クレを利用することで月々の返済を減らすことができますから、余裕を持って車を利用することが出来ます。

 

残クレを利用したときの支払額例はこのようになっています。

 

  • トヨタの カローラフィールダーハイブリッドは月間4万円超
  • ホンダの新型フィットハイブリッドは月間4万円足らず
  • 日産のデイズは月間3万円足らず
  • ダイハツの新型ミライースは月間2万円超
  • 三菱の新型ekワゴンは月間3万円足らず

 

普通のローンを組んだとしたら1.5倍~2倍ほどの支出になりますから、支出を抑えて車に乗れる夢のようなローンとなっています。

 

ここまでみると、全面的に残クレがお得に見えますよね?

 

しかしながら、残クレが有利だと見えるのはケースバイケースなのです。

デメリットを確認しなければ残クレは利用しない

残クレは月々の返済が少なく出来て、審査も比較的緩やかで・・・とディーラーでは説明を受けるはずですが、しっかりとデメリットを確認することは出来ましたでしょうか?

 

先に結論ですが、結局のところ買取保有をするのなら総額の支払いでは不利になります。

 

多くの方は保有を目的としますから、多くの利息を払っているということになります。

 

あとは、ディーラーに主導権が握られるというのはあまり知られていないようですね。

 

設定した残クレ契約満期で、ディーラーはどの選択をとっても得なのです。

販売店有利な残クレにユーザーの利点はあるのか?

あなたが車を買ってくれるなら長期的に利息がもらえるというわけですし、車をディーラーに手放すならば車を安く買い取ることが出来ますし、次の車を売り込むことも出来ます。

 

このようにディーラーに主導権を握られているというわけです。

 

まとめると残クレのデメリットは、

 

  1. 買取なら支払い総額が高くなる
  2. 契約状況が複雑
  3. ディーラーに主導権を握られる

 

ユーザー有利であるという点については融資の選択肢が増えるというところではないでしょうか。

 

そのほかに関しては月々の支払いを調整できるとしても利息を多く払ってよいということはありませんので、どうしても悪い点が目立ってしまいます。

 

そのため、出来る限り使わないほうが良いというのが私の意見というわけです。

日本メーカーの残クレ比較表

メーカー商品名支払期間金利残価率
スズキかえるプラン3年年間3.9%50%
スバルSUBARU安心プラン車種・期間で異なる車種・期間で異なる車種・期間で異なる
ダイハツワンダフルクレジット3年・5年年間3.9%50%
トヨタ残価設定型プラン車種・期間で異なる車種・期間で異なる車種・期間で異なる
ホンダ残クレ3年・4年・5年年間3.9%50%
マツダマツダスカイプラン3年・5年年間3.9%車種で異なる
三菱スーパーマイカープラン3年・4年・5年年間3.9%車種で異なる
日産残価設定型クレジット3年・4年・5年年間4.9%車種で異なる

※この表は情報が古くなっていますので、最新についてはこちらで確認ください。

⇒最新のメーカー別残クレ金利比較表

 

残価率は軽自動車が50%で普通車が40%となるのが通例となっています。

 

残価率が少ないほうが、月々支払う出費が少なくなりますが総支払額は多くなります。

 

これについてどちらが良いかどうかは人それぞれライフスタイルの違いではありますが、利息を多く払ってよいということはありません。

 

出来る限り払えるだけ払う、つまりは残価率は低いほうが良いということになります。

残クレに保証人は必要なのか

教育関連ならまだしも、車の融資について保証人をお願いするというのはどうも気が引けますよね。

 

でも現在のマイカーローンにおいては、保証人が要求されることは滅多になくなりました。

 

そのため、保証人をどうするかという心配は多くの場合にしなくても問題ありません。

 

さらに、残クレであれば担保として車の所有権留保がされていますので、さらに保証人が要求される心配が少ない状態になっています。

 

なお、この所有権留保については、ローン終了時(クレジット終了時)において、所有権留保の解除手続きをしたのちに、利用者が所有者となる、といった状況になります。

残クレの審査は本当に甘いのか?

車を買うときの自動車ローン融資の種類として、大きく次の3つがあります。

 

  • 銀行系カーローン
  • 公的カーローン
  • ディーラーローン

 

ここで残クレはディーラーローンに含まれるものとして考えられています。(ローンとクレジットは別物ですが、ディーラーでの融資はディーラーローンとの認識が多い)

 

この中で、銀行系カーローンは金利が低く融資としては有利なのですが、審査が厳しかったり、それに伴う期間が長かったりすることが多いです。

 

対して、公的カーローンは審査も比較的緩やかであり金利も低く、いうことはないのですが申込み資格がその団体の関係者でなければならないなどの制約があります。

 

ディーラーでのローンでは、車を購入するための融資であることや、金利が高いことで審査が若干有利になるのは当然のことですね。

 

しかも、残クレの場合にはクレジット融資になりますので、所有権は信販会社が保有することになります。

 

これはつまり、どういうことかといえば購入した車について、担保に取られている状態ということになります。

 

一般的な車の価値は長い間保てるものではありませんが、車の融資自体も期間は短いこともあり、問題なく担保として認められるわけです。

 

車を担保にするかどうかという点や、販売店主導の融資であることから、一般的に審査は甘く融資までの期間も早いのですが、金利は高めとなっています。

 

金利と所有権などの諸条件、審査期間の要素は融資の内容によって変動するものであり、残クレはその中でも審査について考えれば甘いといえます。

車販売に積極的なホンダの残クレについて

数年間、車融資市場を見てきた所感としては、海外メーカーが最も融資に積極的であり低金利です。

 

国内メーカーでは、ホンダが常に他の業者に対して、一歩進んだ融資を用意している印象です。

 

ホンダが車を売りたいときには、特定車種に対して特別金利を設定している場合が多く、そのような場合は年利1.9%などの低金利融資を用意しています。

 

また、それ以外においても常時便利な融資を用意していて、その金利についてはホンダのホームページで見易いところに掲示しています。

 

他方、日産のリーフも超低金利を実施していることが多く、メーカーが売りたい車種については、車種を指定しての残クレなど、どこのメーカーも金利が優遇されている状況となっています。

残クレと住宅ローン・カードローンの関係性

残クレは融資ですから、当然に審査をして貸し出せるか考えるわけですが、ここで住宅ローンやカードローンとの関係性についてみていきます。

 

まず、住宅ローンについてですが、融資の審査をするときには借入額を確認して、この借入額を返していけるのかという点について見られるわけですが、住宅ローンは金額が大きくなりますので、ローン返済額基準などの負担額基準を用いるなど特別に考慮されることが多いです。

 

つまり、住宅ローンがあっても問題なくローンや残クレの審査が通ることは可能でしょう。

 

逆に住宅ローンを組むときに、残クレなどの別融資で借入があると不利になるので、家を買う予定の方は出来れば家を購入した後のほうが審査上は望ましいようです。

 

次にカードローンについてですが、こちらも当然に残クレなどの融資審査するときには利用状況などを確認されます。

 

ただ、銀行融資からの融資の際に問題になりやすい消費者金融利用履歴などについて大きく考慮されることはなく、もっぱら車販売のために利用される残クレについては、借入額としての情報として利用される場合がほとんどでしょう。

 

つまり、カードローンなどがあっても極端に大きすぎる借入額の残高でなければ心配することはないといえます。

 

ただ、支払遅延などの金融事故がある場合には、不利になりますので現在カードローンや消費者金融に残高が有る場合には、しっかりと返済期日に遅れないようにしたいものです。

残クレは数年後の未来を考えて利用

デメリットを考えたうえで残クレを利用するならば、3年後や5年後に結婚し家族が増える予定で買い替える予定が決まっているような人が最終的に所有することを目的としていない人には良いでしょう。

 

また、若年層で総支払額が多くなったとしても月々の出費を抑えたい人などは残クレを利用するのも悪いものではありません。

 

若年層では金利が低い車のローンも組みにくいですから、状況に応じて残クレを選択できると良いですね。

 

出費を減らしたいだけなら、今ある車を高く売って頭金を用意するなどで対策すればローン審査対策にもなります。

 

あわせて確認してみてください。

 

以上、「残クレは不利!審査が甘くても使わない」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

 

あなたがアクセスできる中古車情報は全体の3割だけ

中古車情報誌のgooやカーセンサーに載っている中古車情報では全体の3割しか見ることが出来ないことを知っていますか?

一般の人が見ることが出来る情報は全体の3割

残り7割の非公開情報を見たい方はこちら

中古車探しサービス

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています