審査が甘い通りやすい車ローンとは?

審査に通りやすい車ローンはあるのでしょうか?

 

実は車のローンでは種類が3つあり、それぞれに特徴があります。

 

今回はローンの種類による通りやすさと根本的な解決策を探っていきたいと思います。

 

なお、こちらでは一般的な見解では分割払いとしてローンとクレジットを明確に分けられていないこともあることから、共通で「ローン」とする立場をとっています。

 

そのため、現在のディーラーローンの多くはクレジットであることが多いですが、融資=ローンという表現にまとめさせていただきますゆえ、あらかじめご留意ください。

 

ただし、クレジットの所有権関連については局所において説明しています。

車ローン種類で審査の難易度が変わってくる

車のローンは背後の会社やクレジットかローンであるかといった融資の種類によって種類が変わってきます。

 

融資の種類 審査の難易度 審査の時間 金利 車の所有権
ディーラーローン 小~中 短い クレジットなら信販会社
銀行ローン 中~大 長い あなた
フリーローン 短い あなた

 

車を売るという目的に合わせて、車所有権を信販会社が持てることもあって、審査が甘く通りやすいのはディーラーローンでしょう。

 

ディーラーローンにおいては、車を売るために融資を組むわけですから、融資を行う積極性も他の融資より当然に高くなります。

 

逆に審査時間も長く、金利も低いという状況、またローンということであなたと金融機関での融資契約をする銀行系ローンが、審査が厳しく通りにくいものとなります。

 

消費者金融やカードローンなどのフリーローンについては、審査は通りやすい反面、金利も高めであるので、なかなか選ばれない融資手段です。

なぜクレジットとローンでは審査の難易度が異なるのか?

クレジットとローンによって審査の難易度が変わってくるかといえば、車の所有権の有無によるところでしょう。

 

クレジットでは、車の所有権は信販会社に留保されている状況になります。

 

ローンでは、お金の融資について契約しているため、車購入者は購入した車に対する所有権を持つことができるといった状況になります。

 

見方によっては、車を担保にしているかどうかという点について、審査に影響が出るのは当然ですよね?

 

車には、小さくはない資産的価値が認められますので、債務不履行となった場合については、信販会社が保有する車について売却することで債権を回収することも可能です。

 

このような購入した車に対しての所有権の有無によって、クレジットとローンでは審査の難易度に差が出るのです。

 

なお、ローンであるにもかかわらず、主に消費者金融やカードローンを代表とされるフリーローンの審査難易度が比較的甘めであるのは、その分を金利で調整しているのです。

車ローンの審査が通らない理由について

基本的には審査が厳しいほど、金利が低いという特徴があります。

 

対して、審査が甘いほど制約が厳しくもしくは金利が高いという特徴があります。

 

そのため、最も審査の難易度が高い組み合わせについては、ローンであり金利が他よりも低い銀行系のカーローンです。

 

金利が低く、所有権も留保していないローンでは当然ですよね。

 

普通に考えれば、車を購入するならば金利は低いほうが良いでしょうから、多くの方が銀行ローンの審査を依頼するわけですが、当然に審査の基準も高めであるということから、落ちる可能性が高い選択肢をとっているということが、車ローンの審査が通らない理由となります。

 

対して、審査の難易度から言えばディーラー系ローンとフリーローンはそれほど変わることがないでしょう。

 

金利面において差がついているのは、所有権を留保しているかどうかという点や、ディーラーでは営業のための融資であることが理由であると考えられます。

 

信用力に自信があれば銀行系のカーローンを、そうでないならば堅実に選択をすることで車ローンで審査が通らないということを、合理的に避けることができるはずです。

 

また当然ですが、自己破産や債務整理などの信用事故がある場合には、当然に審査が通らない可能性は非常に高く、自己の信用情報がどうなっているのかを確認することが先決です。

車ローンに保証人は必要?

車ローンについては基本的に保証人は必要ありません。

 

ただ、銀行系のローンであれば場合により保証人が求められるケースもあるでしょう。

 

対して、フリーローンは保証人や担保を必要としない比較的金利が高めの融資であり、ディーラー系のローンであれば、所有権が留保されているのでその点において保証人が求められないのでしょう。

車ローンの審査における量的基準についての見解

車ローンの審査については、量的基準と質的基準があると考えています。

 

ここで説明するのは、量的基準の見解であり、つまりはよく言われる年収がいくらあるから審査が通る、または通らないというものです。

 

私はカーローンではないですが、年収額に対して借り入れ額が70%ほどで増額融資を断られたことがあります。

 

おそらくこれは、月々の返済額基準でもあり、返せないほどの金額を融資しないようにするための基準であると考えています。

 

また、「月々の返済額」による基準とは別に、最も一般的な認識である融資審査基準で年収額による融資金額設定の基準もあるでしょう。

 

いずれの基準を利用するかは、外の人間である私に明言はできませんが、ひとつ確かなのは融資元は融資の審査を落としたくて落とすことはまれであると考えています。

 

金融機関の事業者として、融資する場合においては、もちろんリスクが大きい場合には適切な金利や手数料をとらなければ商売になりませんが、貸さないという選択も商売になりません。

 

一般に貸してほしいときに貸してくれないのが金融機関の印象ですが、むしろ条件さえ整えば貸してくれるというのが金融機関の本音でしょう。

 

この条件さえ整えばの部分が量的基準で、質的基準については返済の遅延などの信用事故を参照するなどの、属人的評価がされる場合があるものだと考えています。

 

以上が、車ローンの審査における基準でしたが、これは私の見解であり正確には明言できませんので、ご理解のうえ参考にしてください。

 

次に車を買うときの融資について、種類を具体的に比べてみます。

ディーラー系ローンは組みやすく手続きが楽

ディーラー系ローンは車購入時にディーラーで組むローンで、多くの場合にはメーカー系の融資である場合がほとんどです。

 

場合によっては、ディーラー指定のローン会社となる場合もあります。

 

最近は残価設定型クレジットと呼ばれる融資はディーラーで組む融資の代表であり、名前にクレジットと入れているのは融資の種別を分けるうえでとても良いことであると考えています。

 

ディーラーでの融資は、ローンではなくクレジットという扱いがほとんどになりますが、あまりクレジットという名前を使う方がいない状況もあり、そのため当サイトでもディーラー系クレジットをローンと呼ぶことにしています。

 

ディーラー系ローンは多くの場合金利は高めですが、フリーローンよりは若干抑えられている印象です。

 

ディーラー系であれば販売店でローン関連の手続きを取り組むことになりますので、手続きが一元化できて手間が省けるということになります。

 

最近は残価設定型に限っては3%前後もしくはもっと低い金利でローンを組むことができます。

 

しかしながら、残価設定型ローンは複雑な契約になるので、金利を安くするのも大切ですがライフプランを考えた上で利用することをオススメします。

 

というのも、結局車購入をすることを選ぶとしたら契約期間が長くなることで、返済総額を考えればそれほど安い融資手数料でないからです。

 

多くのディーラー系ローンは所有権がローン会社になることが多いので、そちらにも要注意です。

 

なお、2015年のディーラー系ローンの金利まとめはもう古いデータですが傾向を把握するのには役立ちますのであわせてみてもらうと良いでしょう。

 

本当に残価設定型ローンが多いのが分かります。

 

⇒ディーラー系ローン金利比較

銀行系ローンは最も厳しいが所有権の点で有利

銀行系ローンは、金利は低いですが審査は厳しいものとなります。

 

ただし、銀行とディーラーの間に資金提供関係はなく、所有者をあなたが取得できます。

 

所有権を保有していないときに困るのは車を売ったり、改造したりするときであって、多くの場合には売るときに困ります。

 

車を買うときから売るときのことを考えるというのも大変ナンセンスですが、ほとんどの場合には乗りつぶすよりも車を売って処分するケースのほうが多いですから、所有権があるかどうかは重要な点であることを認識してください。

 

この点、所有権を取得したままに出来る銀行系ローンについては売るときになにか困ったことが起こりませんので、こういった点においても金利が安い以外にも良い点であるといえるでしょう。

 

審査は厳しいものですから、支払いが滞ってしまったなどの履歴がある場合は多少厳しいでしょう。

 

逆にそういったことがない方は、ぜひ挑戦して欲しい融資方法となります。

 

なお、最近は国の金融政策の理由もあってか地銀も有利なカーローンを展開していて、その地域の人以外でも利用できる低金利ローンがありますので、銀行系のカーローンに興味がある方は確認してみてください。

銀行系カーローンは難しいと諦めていませんか?

出来れば金利が低いほうが良いですが、その分審査が厳しい銀行系のマイカーローン。

 

ただ、実際は難しいかどうかは試さないと分かりません。

 

とても残念なことなのですが、せっかく低金利で借りられるのに、高い金利でローンを組む方は少なくありません。

 

意外に融資可能な場合がありますので、「かんたん5秒診断」で融資可能かどうかチェックしてみてください!

 

最初の画面より下にスクロールすると「5秒診断」ボタンがあります

静岡銀行マイカーローンキャプチャー2

 

銀行で融資可能かいますぐ確認する!

 

フリーローンは万能ではあるが金利が高いのが難点

フリーローンは消費者金融や銀行系のカードローンで融資を受けるケースです。

 

審査は緩やかではありますが、金利は高めとなります。

 

ただし、所有権はあなたになりますので売却時には問題となることはありません。

 

そのため、クレジット契約で融資することで所有権を得られないことが困るというのなら、フリーローンを利用することになりますね。

 

フリーローンの選択は一見すると、魅力に乏しいように思えますが一概にそのように申し上げることは出来ません。

 

途中にあげたように所有権が留保されないというのは、車を売るときや人に貸すときに拘束されることはありません。

 

また、必ずしも車購入を条件として融資を受けるわけではありませんから、車購入によって融資タイミングを考えることもないのです。

 

一見するとフリーローンの選択は最後の選択肢のように思えますが、信用情報に自信が無い場合や、何度も審査に落ちると車を買うプランが狂うということが困るというのであれば、選ぶのも悪くないと思います。

頭金を用意すると審査が通りやすい

実際に審査が通るかどうかは確実に判断することが難しいでしょう。

 

とはいえ、万能な準備というのは頭金を用意するというのは絶対に良い施策となるでしょう。

 

借入額が少なければ少ないほど、審査も通りやすいですし利息も払わなくて済みます。

 

そのため、信用情報にあまり自信が無い人ほど頭金を用意すべきでしょう。

 

なかなか難しいとは思いますが、車体価格の2割~3割用意することが良いでしょう。

 

⇒頭金を用意する目安はどれぐらいか?

実は意外に落とされ易い車ローン

車のローンは意外に審査に落ちることが多いようです。

 

他の借入があることは当然影響しますが、過去の金融取引履歴についても大きく影響します。

 

他方、住宅ローンが大きいからといってそれが直接融資できない原因になるわけではないようです。

 

具体的にいうと、住宅ローンは巨額なので他の債務と評価方法が若干異なります。

 

確かにそのまま評価したとしたら多くの方には融資できなくなってしまうわけで、それは金融機関としての望ましいことではありません。

 

金融機関によって評価方法が異なるために、審査前に住宅ローンへの影響について聞いてみるのが望ましいでしょう。

 

なお、逆に車ローンが住宅ローンへ与える影響は小さくないので注意してください。

 

家を買う前に車ローンを組むなどは避けたほうが良いということになります。

審査に落ちるとペナルティーがあるので準備を怠らない

すでに周知のこととは思いますが、それでも重要なことなので最後にお話させていただきます。

 

金利を安くしたいから厳しいところから受けることになると思いますが、そこで何度か審査に通らないと以後審査が緩やかなローンも半年間使えなくなってしまいます。

 

これではせっかく車を買おうと思っていたのに、買えないとなると精神的にも辛い状況となるでしょう。

 

そこで、金利が低いところから順番に受けていくというスタンスよりもあなたの信用情報と相談した上で、どこでローンを組むのかを考えるべきでしょう。

 

とにかく早急に審査を依頼するというよりも、審査前に金融機関に相談してみるのが大切でしょう。

 

もちろん、審査の状況や基準については回答できないということになると思いますし、相談に乗ってくれるのは一部の金融機関かもしれませんが、一応の目安について考えてもらうことはできるはずです。

 

そこで妥当な判断が出れば審査を行う、だめなら融資先を変えるという方法が一番リスクありません。

 

さらにいうと、審査に厳しい融資先ほど慎重に評価してくれるので、金利が低いところから融資相談を受けるというのは非常に好都合です。

 

また、所有権についてもローンを選ぶときの選考要素となります。

 

車を買うときにはそれほど気になりませんが、売りたいときに売れないということは意外に厳しいことなのです。

 

この所有権があるかどうか、つまりは自分の資産として処分する権利があるかどうかは、あなたの車保有についてどのようなライフプランを考えているかでとても重要なことなのです。

 

そのため、ディーラーでのローンが融資されやすく、金利もフリーローンより低めだからといって、安易に薦められたまま決めないように気をつけて検討するようにしてください。

 

以上、「審査が甘く通りやすい車ローン」でした。

 

万能なのは頭金を用意することですので、審査に落ちることなくあなたのカーライフを充実させてください。

 

⇒持っている車を高く売って頭金を用意したい方はこちら

 

あなたがアクセスできる中古車情報は全体の3割だけ

中古車情報誌のgooやカーセンサーに載っている中古車情報では全体の3割しか見ることが出来ないことを知っていますか?

一般の人が見ることが出来る情報は全体の3割

残り7割の非公開情報を見たい方はこちら

中古車探しサービス

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています