廃車するための書類と方法

廃車自体はただ書類を揃えて提出するだけで行うことは出来ます。

 

なお、廃車には一時抹消登録と永久抹消登録がありますが、どちらもそれほど大きく変わるものではありません。

 

ユーザー自らやらずに業者に依頼するなら、ユーザーが用意する書類というのは同じですから、次の書類を集めましょう。

廃車するために準備する書類

廃車には必ず必要な書類6つと状況に応じて必要な書類が2つあります。

 

普通乗用車の廃車についてはこちらの書類が必ず必要になります。

 

  • 所有者の実印
  • 所有者の印鑑証明書
  • 自動車検査証
  • ナンバープレート
  • 委任状
  • リサイクル券

自動車検査証とはいわゆる車検証のことです。

 

委任状は業者に依頼するときに必要になりますが、業者側で用意していることがほとんどですからあなたはただ記入するだけで問題ありません。

 

次に車検が1ヶ月以上残っている場合には

  • 自賠責保険証

が必要になります。

 

さらに車検証の住所と、現在の住所が異なる場合には、

  • 住民票もしくは戸籍の附表

となります。

 

軽自動車においては実印は認印でかまいませんので印鑑証明書も必要ありません。

 

少し手続きが簡単になりますね。

自分でやるなら書類を集めて運輸支局に提出する

実は廃車程度なら自分で問題なく出来ます。

 

ただ、問題は乗っていった車を廃車したら当然帰ることが出来ないので注意してくださいね^^;

 

さて、やり方は書類を揃えて運輸支局に持っていくだけです。

 

書類に不備が無ければ無事廃車をすることが出来るでしょう。

 

運輸支局は平日しかやっていませんので、平日昼間に時間が取れる方限定ですが、少しでも出費を抑えたいということならやってみてください。

 

なお、一時抹消なら簡単ですが、永久抹消は解体したことを確認しなければいけませんので、少し面倒が付きまといます。

 

以上、「廃車するための書類と方法」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています

  • 軽自動車の廃車手続きについて
    廃車手続きは軽自動車も普通自動車もそれほど変わるものではありません。   ナンバーを返して法的に抹消するということは同じなのです。   ただ書類については呼び名が異なったりしますの…
  • 廃車をしたときの自賠責保険還付の方法
    こちらでは廃車時の自賠責保険の還付の方法についてお話します。   廃車をして、車を法的に使えない状態にすることで自賠責保険の未経過分について還付請求をすることができます。   ここ…
  • 車検証をなくしてしまったときは査定依頼しても良いのか?
    車検が切れているわけではありません。   車検証がなくなってしまったのです。   実はこれから車を売ろうとしているのですが、車検証がない状態で査定依頼をしても大丈夫でしょうか。 車…
  • 【有料なんてもったいない?】車の廃車費用を安くする方法
    廃車をするときに気になるのが、どこに申し込んだら良いのかとあわせて費用ではありませんか?   現在はリサイクルにかかるお金もそれなりにかかることもあって、無料で廃車できればよいですが場合によ…
  • 廃車を引き取りで依頼する方法
    廃車しないで車を置いておくと税金が掛かってしまいます。   ここで注意したのが車検が切れていた車でも・・・です。   車検が無いから走れないわけで、税金が掛からないと思ってしまいが…