運転免許証の更新を忘れてしまったときの対処法

運転免許は免許保有者の誕生日から1ヶ月後まで更新することができます。

 

免許を取ったときに講習で絶対に更新だけは忘れないで欲しい、忘れないように誕生日に更新日を設定してさらに1ヶ月の猶予を持たせたといわれたと思います。

 

覚えていますか?

 

ただ、特に運転しない人にとってはただの面倒な手続きであってどうしても忘れてしまうことが多いようです。

 

ここでうっかり自動車運転免許の更新を忘れてしまったときはどのようにすればよいのか、それをみていきたいと思います。

 

なお、正当な理由がある場合や海外在住のケースではこの限りではありません。

 

かなり端的にいいますと、病気や海外にいることで更新が出来ないときは3年間の猶予が与えられます。

 

今回説明するのは、理由問わず失効から1年前後範囲の話となります。

失効から6ヶ月以内ならセーフ!

運転免許証の更新できなかったことを失効といいますが、失効してから6ヶ月経っていないなら簡単な手続きで済みます。

 

手続き自体は免許書の書き換えのときと同じで、免許センターであれば即日運転免許証が発行されます。

 

詳細に申し上げると学科も実技も試験が免除されて、講習を受けるという扱いになります。

 

なお、講習の費用などは5,000円前後となっています。

 

このように失効から6ヶ月以内なら比較的簡単に再発行できますので、うっかり忘れてしまっても問題ありません。

失効から6ヶ月を超えてしまった場合

相当うっかりしていたのでしょう。

 

残念なことにこうなってしまうとまた教習所に行かなければいけません。

 

失効後1年以下の経過なら仮免が免除されたりとそういったことはありますが、基本的に面倒なのは変わらないでしょう。

 

それと同時に失効から1年を超えてしまった場合には、また高いお金を払って時間をかけて自動車運転免許を取得することになります。

 

失効に気が付いたときにはすぐに対処しないと後々取り返しの付かないことになりますので注意が必要です。

運転免許を失効した状態で車を運転してしまったら・・・

この場合には無免許運転になります。

 

うっかりやってしまったでは済みませんので注意が必要です。

 

なお、運転免許の更新は期限より少し前に登録住所にはがきが来ますので、それに気が付けばうっかり失効するということはまず無いのではないでしょうか。

 

冒頭に少し書きましたが、正当な理由があるときにはここまで言ってきた6ヶ月猶予が3年間となりますので、入院や海外にいる場合で正当な理由を証明できる場合には怠ることなく運転免許を更新しましょう。

 

運転免許を持っている方は誕生日が来ても凄く嬉しいということは無いでしょうけど、数年に一度やってくる免許の更新もやってきたなと考えることでうっかり失効することを避けられるのではないでしょうか?

 

失効した状態での車の運転だけは絶対にやめてください。

 

以上、「運転免許証の更新を忘れてしまったとき」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています