車購入をする前に年収目安をチェックしてください!

車を買うときの予算は車体代金だけではありません。

 

車体にかかる消費税やそれに類似した自動車取得税、また自動車税も購入したときにかかりますね。

 

他方、業者の事務手数料についても車体価格とは別にかかります。

 

これは車を買うときにかかるお金であり、さらに自動車ローンで買うならば月間予算を圧迫するなど、車関連での支出を具体的にあげたらきりがありません!

 

それでもほしい車を探すときは、予算ぎりぎりの車体価格で車を選ぶなんていうことも多く、実際買うときには予算を超えてしまうなんてことは珍しいことではないですよね。

 

車を買うときは、車体価格にあわせて諸経費や税金などで30万円~40万円が目安といわれています。

 

さらに維持費も年間平均50万円ほどかかりますので、やはり予算ぎりぎりでは後々になって苦労しそうです。

 

車の維持費について気になる方は次のページで詳細を確認してください。

 

⇒車の年間維持費は結構高い!?平均50万円の内訳を確認

 

最も厳しいのが月間予算ぎりぎりの状態で車を融資の利用限度額いっぱいの金額でローンにより購入してしまい、手元にお金がそれほど残らずに車も利用することを控えるような状況です。

 

他にもカードローンの返済などがある場合には、月間予算の返済負担率も考えながら車を購入する必要があります。

 

せっかく、車を買ったとしても使えないとしたら宝の持ち腐れではありませんか?

 

そんな悲惨な状況にならないように、あなたの年収とマッチした車購入計画を立てる必要があります。

 

こちらでは、年収を目安に車購入を考えるために、年収額をベースにどのような車購入プランを考えたらよいのかのいうことについてみていきます。

 

また予算的な安全性で中古車を買う秘訣やワンランク上の車を手に入れる方法などをお話しています。

 

これから車購入を考えている方は参考にしてください。

目安は年収の半分が安全といわれている

車を購入するならば、欲しい車を買うのが一番だと思いますが、冒頭にもお話したように車を購入して保有することはとてもお金がかかることです。

 

そのため、車購入時の段階において、年間レベル、月間レベルでの使えるお金について考える必要があります。

 

まず年間レベルでの使えるお金を考えたうえで、車購入の選択目安は年収の半分程度といわれています。

 

つまり、年収400万円の方ならば、200万円前後の車が年収における車購入目安価格になります。

 

ちなみに200万円台であれば、トヨタアクアは最高グレードで買うことができ、プリウスも射程圏内ですね。

 

人気suvのマツダCX-5は、ガソリンエンジン車ならば無理なく購入可能ですが、ディーゼルモデルであると車体価格が300万円を超えてしまうので、あまり推奨できないという形になります。

 

次に冒頭に説明したように、車にかかる費用は車体価格だけではありません。

 

⇒車購入の諸費用は思ったよりもかかる

 

年収別にどのような車を買うのが良いのかを車体価格と年収に結び付けてお話していきます。

 

お金で車を選ぶというのはあまり望ましいことではありませんが、先立つお金がないのに車を保有すると結局手放すことになりかねませんから、このような冷静な判断も必要でしょう。

年収250万円で車選びは限られると思っていませんか?

年収250万円なら軽自動車が良いです!

 

なんていうと思っていませんか?

 

実は軽自動車じゃなくても良いです。

 

軽自動車を悪く言うつもりはありませんけれども、予算であきらめて軽自動車を買うということはないということを言いたいということです。

 

というよりも現在は軽自動車はそれなりのものを買おうとすると普通車のコンパクトカーよりも高くつく場合が多く、中古車市場でもそのような傾向がありますので、一概に軽自動車は安いという時代ではなくなりました。

 

新車を買うなら軽自動車、普通車なら中古で買うことが望ましいでしょうけれども、必ずしも軽自動車が安いということはありませんので注意が必要です。

 

年収が250万円では上で話したことを考えると車体価格100万円程度の車を選ぶことになりますので、中古車購入時のリスクについてお話したいと思います。

 

中古車を買うリスクについて

中古車は確かに新車を買うよりもリスクがあるといわれていますが、新車もノーリスクであるとは言えません。

 

高い金とローンを組んだ車が事故や盗難で無駄になる可能性も存在します。

 

そのため、中古車を選ぶということは故障の確率が新車を買った場合と比較して高くなることや質の低い車をつかまされることを除けばそれほど変わらないことが分かると思います。

 

そういったリスクをとることで車を安く買うことができるなら中古車という選択も有りですよね。

 

私は軽自動車が好きではないので、新車で軽自動車を買うなら中古車でよい普通車を探します。

 

なお、取得価額が50万円以下の中古車なら自動車取得税はかかりません。

 

⇒2016年最新の自動車取得税について

 

 

このように年収250万円前後では、購入できる車は限られてくるのでおのずと中古車がメインになりますが、買い方によっては良い車を探すことが出来る反面、リスクも存在するのでそれを考慮して選択することが求められるでしょう。

 

少しでも節約したいというならば、税制などを完璧とまではいかずともある程度は理解して、節約できるところは節約できるようにしたいものです。

 

中古車探しであれば、中古車情報をより多く取得すると比較に便利ですので、こちらのサービスも確認してみてください。

 

非公開情報も含めて検索してくれるので便利です。

 

⇒入力した条件の中古車情報を無料で探してくれるサービス詳細

年収400万円で車選びは割と選び放題

年収400万円なら200万円前後まで車にかけることが出来るという目安です。

 

200万円もあれば多くの車を選ぶことができますね。

 

新車ならトヨタアクアやホンダフィット、少し予算を超えるかもしれませんがトヨタプリウスなども買えますね。

 

ただ、トヨタアルファードやトヨタヴェルファイアなどの大型ミニバンは新車で買うとなると厳しいでしょう。

 

新車価格300万円級の車を買うなら中古車で探すのが賢明でしょう。

 

なお、年収250万円のコラムでも紹介しましたが、良い中古車を見つけられるかどうかは比較情報数に比例するといわれています。

 

現在、無料で利用できることや非公開情報まであなたに代わって探してくれるので、気になる方は詳細を確認してくださいね!

 

⇒条件に合う中古車を自動で探してくれるサービス詳細【無料】

年収600万円で車選びは家計のバランスに要注意!

年収600万円の方ならほとんど全ての国産大衆車なら買うことができるはずです。

 

ただし、ひとつだけ注意点があります。

 

年収600万円代の方は車以外にも意外にお金がかかっているものです。

 

中産階級の年収600万円の方は家族が多かったり、他のローンで家計が圧迫しているような傾向が多いといわれています。

 

そのため、少しでも節約できるところがあるならしっかりと節約すべきでしょう。

 

エコカー減税適用や補助金支給対象の車を買うことで少しでも出費を抑えることができます。

 

今持っている車を、少しでも高く売ったり下取に出すなどすることが重要でしょう。

 

⇒少しでも車を高く売るための無料サービス比較

年収1000万円で車選びは無駄買いに気をつける

年収1000万円なら目安としては外車も選ぶことができます。

 

メルセデスベンツやBMWなど人気欧州車も視野に入ってきますし、ある意味では年収1000万円クラスというと車でステータス性を主張するという方も少なくないはずです。

 

目安上では、好きな車を買えばよいといえるのは年収1000万円以上からなのかもしれません。

 

ただし、年収600万円のところでも書きましたが、他のローンとの兼ね合いも注意したいところです。

 

継続的にかかる固定費は、確実に家計を圧迫しますので少しでも節約できる施策をとるべきでしょう。

 

お金持ちほどこういった財テクには目を光らせますので、もし軽視しているのでしたら今一度確認してください。

 

⇒環境性能が高いエコカーには補助金が支給されるって知っていましたか?

自動車ローン種類は主に2つ

年収が高いほどローンは通りやすいですが、低くても審査が通る場合があります。

 

ただし、年収が高くても他のローンが多い場合は審査で落ちるケースや、年収が低いけれども公務員など信用力が高いので審査を通過するケースなどがあります。

 

また、残価設定型ローンなどのローンの場合には、審査状況が比較的緩やかだったりしますのでローンの商品によっても異なります。

 

明確な線引きというのは難しいですが、やはり年収の半分が車にかけられる額というのは妥当なところなのかもしれません。

 

⇒ローンやクレジットの種類と審査の難易度

自動車ローンと住宅ローンの関係が審査に与える影響

住宅ローンがある場合の自動車ローン審査については、住宅ローンの金額が大きいこともあって、他の負債のような評価はされません。

 

何が言いたいかというと、住宅ローンがあっても車のローンを組むことは十分に可能です。

 

対して、車のローンが住宅ローンを組むときに邪魔をするようなケースがあります。

 

これを考慮すると、家を住宅ローンで買うことが控えているならば、車を購入するのは少し待ったほうが良いことになりますね。

車の値引きと頭金の用意がワンランク上の車を買う秘訣

ここまで年収と車代金の目安を見てきました。

 

「年収で照らし合わせたら軽自動車しかダメだった・・・」

 

なんていうケースもあると思いますが、重要なのはいかに出費を抑えるかです。

 

年収は300万円であっても、現金一括や頭金が用意できるなら外車の選択も悪いものではありません。

 

もちろん、損傷などをしてパーツを交換するとなれば大きな出費となりますが、スポーツ競技車両などで無いならば車体価格などから比べれば維持費の差などたいしたことは無いケースがほとんどです。

 

つまり、いくら車を安くできるか、現金を用意できるかで話は変わってくるのです!

 

⇒新車を安く買いたいなら決算時期がお得!

 

今、車を持っているなら少しでも高く売れるようにすることが大切でしょう。

 

車を高く売るとなると車買取店からの電話がたくさん鳴るということですが、手間を取るかお金を取るかを考えたうえで決断すればよいと思います。

 

もし1ランク上の車を買うのなら、車一括査定は必須です。

 

⇒自分の年収よりも上位ランクの車を買うために査定サービスを比較

 

「身の丈にあったものを選ぼう!」など、テクニックでカバーできるケースがほとんどです。

 

実行するだけならお金がかからないことが多いですから、果敢にチャンレジしてください!

 

以上、「車購入をする前に年収目安をチェック」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

 

あなたがアクセスできる中古車情報は全体の3割だけ

中古車情報誌のgooやカーセンサーに載っている中古車情報では全体の3割しか見ることが出来ないことを知っていますか?

一般の人が見ることが出来る情報は全体の3割

残り7割の非公開情報を見たい方はこちら

中古車探しサービス

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています

  • カーナビもローンに組み込めるのか?
    車購入時にお金が無いのでローンを組むことにしました。   でも車って買うときに車体以外にも様々なものが必要なのですね。   ところで、現在はカーナビがない車なんて考えられないですよ…
  • 車ローン返済方法:元利均等返済と元金均等返済の違い
    車ローンには返済方法が2種類あるのがあります。   元利均等返済 元金均等返済   「元利」なのか「元金」なのか、そこに違いがあるのですが、詳しく見るとどうなるのでしょうか? 月々…
  • 住宅ローンがあっても車を買うことはできるか?
    住宅ローンは基本的に他のローンと比べて高額になります。   そのため、車ローンを組むときにはこの大きな住宅ローンが審査へ影響しないか心配ではありませんか?   なぜならば、ローン審…
  • 車検費用もクレジットやローンは使えますか?
    2年に1回、車オーナーに対して苦痛を運んできてくれる制度は車検です。   税金と同様に車を保有して利用するなら必ず掛かる費用で、人によっては車を売るという人も・・・   この車検費…
  • 住信SBIネット銀行『Mr.自動車ローン』の審査要件
    出来れば金利を安く抑えたい自動車ローンですが、最近はネット申込みのものが増えてきています。   特徴は当然、低金利であり実質年率は1.775~3.975%(2015年6月現在)となっています…