ガソリン車に軽油を入れたら・・・

ガソリンスタンドには2種類のガソリンと軽油、そして灯油が売られています。

 

最近はセルフガソリンスタンドが増えてきていて、間違えて異なるガソリンを入れてしまうことも少なく無いようです。

 

ガソリン車に軽油を混入させてしまうような誤給油については、エンジン関連が故障することから修理費用も高くなります。

 

こちらでは、ガソリンの種類について説明してうえで、最も危険なケースから御紹介してまいります。

 

なお、間違えて給油してしまったことに気が付いた場合にはエンジンはかけてはいけません!

あなたがアクセスできる中古車情報は全体の3割だけ

中古車情報誌のgooやカーセンサーに載っている中古車情報では全体の3割しか見ることが出来ないことを知っていますか?

一般の人が見ることが出来る情報は全体の3割

残り7割の非公開情報を見たい方はこちら

中古車探しサービス

ガソリンの種類と識別及び特徴

なお、ガソリンスタンドではノズルの色が決まっています。

種類 ノズル色 用途 特徴
レギュラーガソリン 一般的ガソリンエンジン車など オクタン価96未満
ハイオクガソリン 高性能エンジン車 オクタン価96以上
軽油 ディーゼルエンジン燃料車 セタン価55~60
灯油 暖房器具など 給油場所が他と異なる

ノズルの色を分けることや給油口に油種の指定があるなど、その他間違えて給油しないようにさせるために色分けされていたり、配置に気を使っていたりと極端な状況下でなければ間違えることは少ないでしょう。

 

多くの給油間違えは知識の欠如によって引き起こされます。(後に書いている軽自動車に軽油を油種名前の類似性から入れてしまうなど)

 

近年はセルフスタンドが一般的であり、油種違いの給油も増えていることや、運転する人の多様化によって、余り知識はないけれども確実な判断が求められるようなケースが増えていることが近年の誤給油における大きな原因ではないこと考えています。

ガソリンのオクタン価とは

レギュラーガソリンとハイオクガソリンはオクタン価というもので明確に分けられています。

 

オクタン価とは、燃えにくさの指標と考えてください。

 

ハイオクガソリンは、高いオクタン価を持つのは任意の時点で燃えるように調整されているためです

 

これによってハイオクガソリンは高い回転数であったり圧縮比を要求される高性能ガソリンエンジンに用いられます。

 

なお、この基準は国によって異なり、欧州では日本のハイオク基準がレギュラーであったりと場所によって事情が異なります。

 

対して、アメリカは日本に近い基準です。

軽油のセタン価とは

セタン価とは、燃えやすさの指標です。

ガソリンのオクタン価とは正反対のものなのはエンジンの仕様がガソリン車と異なるためです。

 

ディーゼルエンジンは着火にスパークプラグを使わずに、圧縮したときの熱で爆発させています。

 

そのため、燃えやすい燃料を利用するということで軽油を用いています。

ディーゼル車にガソリンを給油してしまったとき

最も損害が大きくなるといわれているのはディーゼルエンジン車にガソリンを誤って給油した場合です。

 

一番深刻な理由が燃料ポンプや燃料噴射装置の損傷といわれています。

 

ディーゼルエンジンの燃料噴射周りは軽油の潤滑に依存している場合があり、ガソリン車ではそれがないので即座に故障の原因になるケースが多いようです。

 

そのため、誤って給油を行ったことに気が付いた場合にはすぐに運転をやめてください。

「絶対にハイオク指定車」にレギュラーガソリンはやばい

ハイオクを絶対に指定しているエンジンがあります。

 

こういったエンジンにレギュラーガソリンを入れると、出力低下はもちろんのこと、最悪の場合エンジンを壊してしまいます。

 

国産車ではトヨタ・2ZZ-GEというエンジンがハイオク専用エンジンです。

⇒wikipedia:トヨタ・2ZZ-GE

 

この2ZZ-GEというエンジンの搭載車を見たとき、セリカはよいとしてカローラフィールダーやWiLL VSなど一般的な車にも搭載されていることに驚きです。

 

うっかりハイオク以外の燃料を入れてしまったら・・・もちろん、一般的な車でも最上位モデルである場合が多く、販売店でも説明があると思いますが^^;

ガソリン車に軽油を入れてしまったとき

ガソリン車に軽油を入れると最終的にはエンジンがかからなくなります。

 

ただ、間違えてしまっても先ほど申し上げたディーゼル車にガソリンを入れるほど深刻なダメージにはならないようです。

 

この場合には、プラグ周りの交換で済むケースがほとんどとのことです。

灯油を入れ間違える人は少ない

灯油の販売は、ガソリンなど車両用燃料を売っている場所からは少し離れた位置にありますので、誤って入れてしまうというケースは無いと思います。

 

灯油の性質では、どちらかといえばガソリンよりも軽油に近いものとなるのでしょう。

 

なお、灯油を消費して自動車を走行させると日本の法律では脱税になるので気をつけてください。

 

ちなみに、意外に思う方もいらっしゃるでしょうけれども、灯油というと石油ファンヒーターなどの燃料というイメージがありますが、実は航空機の燃料は灯油と同じケロシンという成分のものが使われているものも多いみたいですね。

 

コラム:軽油は「軽自動車」専用のガソリン?

確かに名前的にはそういった連想もありますが、軽油と軽自動車用の燃料は異なります。

 

意外にも軽自動車用の燃料として軽油を誤って入れてしまう方がいらっしゃるようです。

 

あとは、軽油のほうが燃料が安いことから節約として給油するという判断のもと、誤給油につながっているようです。

 

当然ですが、このような使い方をすればエンジンが壊れてしまいますので絶対にやめてください。

 

現在、一般的な軽自動車ではディーゼルエンジンが出ていませんので軽油ではなくガソリンを入れるようにしてください。

 

軽自動車にディーゼルエンジンを積むのはサイズ的な問題であったり、重さ面であったりと技術的な問題で2015年現在では採用されていません。

 

ディーゼルエンジンはガソリンエンジンに比べて大型かつ大重量になりますので、軽自動車には向いていないエンジンなのです。

 

ただ、将来的には技術革新によって軽自動車のサイズでもディーゼルエンジンが登場するかもしれませんね。

問題も意味も無い?レギュラー車にハイオクガソリン

結論から申し上げると全く問題はないですが、利点も無いのが特徴です。

 

人によってフィーリングが異なるようです。

ハイオクを入れたら調子が悪く感じる、対して車の出力性能が上がった気がするなど。

 

実際にハイオクガソリンのほうが熱量が若干高いので、出力向上につながるのかもしれませんが、本当にごくわずかなのでほとんど気にする必要はありません。

 

また、従来ハイオクには洗浄効果が高いというCMなどを行っていたためか、エンジン洗浄効果としてハイオクを入れると良いと考えられているようです。

 

過去においては、ハイオクが汚いガソリンだったのでそのような洗浄物を添加していました。

 

しかし、現在では無鉛ガソリンが主流となって洗浄効果のある添加は必要なくなりました。

 

そのため、洗浄効果があるようなものは期待するべきではなく、もし添加されているとしたらレギュラーガソリンにも添加されています。

 

以上より、レギュラーガソリンエンジンにハイオクガソリンを入れてもほとんど意味がなく、販売元が儲かるだけということになります。

ハイオク車にレギュラーガソリンはやめるべき

先ほど書いたハイオクガソリン専用エンジン以外ならいきなりエンジンが壊れるようなことは少ないようです。

 

ただし、ハイオクガソリンを使うことが前提で設計されているエンジンですから、出力の低下は当然起こります。

 

最近は、コンピュータの性能向上から誤ってレギュラーガソリンを入れた場合や緊急時においてレギュラーガソリンしか使えない状況に備えてコンピュータが自動で判別・調整をしてくれるようです。

 

そのため、誤って異なるガソリンを入れてしまったとしても、ただちに問題が起こることは少ないようです。

 

しかし、あまり望ましいことではありませんから、できる限りハイオクを入れてください。

 

誤って入れてしまった場合は、ハイオクをこまめに入れて比率を薄めていくのが良いでしょう。

 

もちろん、特に大事にしたい車ならガソリンを抜いて入れ替えるのも良いと思います。

 

管理人が立会い:2ストロークエンジンバイクに軽油を入れてしまったとき

今から十年以上も前のことになりますが、千葉県のカフェ併設型ガソリンスタンドでの出来事です。

 

ガソリンスタンドが込み合っているにもかかわらず、若い子が給油セクションで給油しているわけでもないのにずっと居座っていました。

 

ガソリンスタンドで若い子が間違えて2ストロークエンジンのバイクに軽油を入れてしまったときのことです。

 

バイクが好きそうな若い子でしたが、何度やってもエンジンがかからないために聞いたら軽油を入れてしまったとのこと。

 

2ストロークバイクのエンジンは一般的なガソリンエンジンとは異なり、圧縮するときにエンジンオイルを添加するという面白い構造なのです。

 

このような構造ですから、プラグが汚れるということはそれほど珍しいことではなく、軽油を利用したからといって実はそこまで深刻なダメージにはならないのではないかと思いました。

 

そのため、軽油を入れてしまったとしてもすぐに軽油を抜いたりガソリンの比率を高めることで、問題なく(実際には問題があったかもしれない)動き、無事バイクで帰ることができました。

 

その時には、知識が乏しかったですし今ほどインターネットも発達していなかったこともあって割りと適当なことをしたと思っています。

 

プラグぐらいは交換したほうがいいですね^^;

 

まあ2ストロークエンジンならオイルも一緒に添加して燃やすのでそれほど影響はないでしょうが・・・

誤って給油してしまったときは動かさないことが大切

以上、誤って異なる燃料を給油してしまったら、エンジンを動かさないことが大切です。

 

動かせば動かすほど深刻な状況になるからです。

 

今回は、機械的な故障についてお話でしたが、発火や爆発をすることもあるかもしれません。

 

設計とは異なる燃料を入れると何が起こるかわかりませんから、給油時は常に注意して欲しいと思います。

 

以上、「ガソリンと軽油の給油を間違えた結果・・・」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています