【中古は大丈夫?】軽自動車税金値上げと対策

2015年4月1日より軽自動車税は年間7200円から10800円(自家用)に値上げされました。

 

金額的には年間3600円の値上げでそれほど高くはありません。

 

しかしながら相対的には1.5倍となっていて、今後の値上げについてこれをはじめにして継続的に行われるとなれば大変です。

 

さて、このような値上げによって変わってくるのは税金額だけではありません。

 

実は、増税については2015年4月1日以降に届出、つまりはナンバープレートを取得した車について適用される制度になっています。

 

そのため、中古車については税金額は据え置きとなっていて、若干ながら中古車価値が上がりました。

 

⇒【買い時は2015年内?】軽自動車増税によって値引き幅がすごいことになっている!

 

今回は軽自動車税が届出時期によって変わる中古の軽自動車について見ていくとともに、その他軽自動車の支出をみていきます。

実は全ての人が増税ではない!?軽自動車税の増税対象を確認

せっかく経済的に優位だと思って軽自動車を買ったのに増税なんて・・・

 

こんな軽自動車オーナーに朗報です。

 

現在の保有の軽自動車税は2015年において据え置きです!

 

新軽自動車税の対象は「2015年4月1日以降の新車届出」となっています。

 

そのため、現在軽自動車を保有している方は新しく軽自動車を買うなどしない限りは大丈夫です。

 

中古の軽自動車をお得に買いたい方はこちらを確認してください。

 

⇒素人がアクセスできない非公開情報も確認できる検索システム詳細

 

ただし、比較的古い軽自動車を保有している場合にも増税があります!

新車登録から13年経過した軽自動車に関して2016年4月1日より増税

現在の軽自動車オーナーの方は2年後には増税になる可能性があります。

 

古い車に関しては普通車において増税がされていましたが、軽自動車においても増税が実施されることになっています。

 

2016年4月1日より新車登録から13年経過した軽自動車に対して重加算税が課されることになっています。

 

新軽自動車税12900円となりますので、現在の軽自動車税7200円から考えれば約1.8倍と大増税となるでしょう。

 

このように、2015年内には動きはないですが2年以後には増税は回避することができなくなるでしょう。

 

つまりは、古い軽自動車について、即座に軽自動車税が増税されるということはありませんが、将来期間にはしっかりと増税する枠組みになっているということになります。

軽自動車を購入する予定がある方は2015年3月末に間に合えばOK!

新軽自動車税は2015年4月1日以降の登録した軽自動車に適用となっていますので、3月末までに登録を済ませば13年経過までは現在の年額7200円の軽自動車税が適用されます。

 

ただし、購入ではなく登録が必要になりますので、動くなら早めに動かないとこの期日には間に合わなくなってしまうでしょう。

 

そのため、軽自動車購入を考えている方はできるだけ早めに動くことが中期的に得をすることができると思います。

 

現在の車平均使用年数は8.35年となっていますので、ただ急ぐだけで税金の差額3万円ほど得をすることができます。

 

なお、この記事は2015年3月前に書いたものですので、2017年時点においては古い軽自動車は軽自動車税が据え置かれていることと、古すぎる場合には増税されるということだけ覚えておくとよいでしょう。

今後の軽自動車関連の支出について

ここまでお話したきたのは直近2年の軽自動車税についてでした。

 

見て分かるようにせっかく維持費が安いから軽自動車を選んだのに、今後はあまり明るい未来ではなさそうです。

 

2014年においては新車販売台数の4割が軽自動車であったために、ビール・発泡酒などの酒税同様に「税金を取れるところから取る」というスタンスは軽自動車にも及んできたというところです。

 

出来れば盛り上がってきた軽自動車市場を縮小させるようなことが無いようにして欲しいところですが、しばらくのところは税金に関して中古車を買うことが何とか安く出来るでしょう。

 

今後どうなるかは全く分かりませんが、得をできるように今後の国の施策は注目ですね。

 

この記事についてまとめると、2015年4月1日以降にナンバープレートを取得した軽自動車については昔よりも高い軽自動車税がとられること。

 

2015年3月31日以前に届出をした軽自動車については、旧軽自動車税額で課税されること。

 

そして、経過13年以降の軽自動車については増税がされることが分かればよいでしょう。

 

つまりは、中古の軽自動車を買う場合には、軽自動車税額を考えるときに、いつ届出したのかを見るとともに、古すぎないか確認することが大切です。

 

以上、「【中古は大丈夫?】軽自動車税金値上げと対策」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

あなたがアクセスできる中古車情報は全体の3割だけ

中古車情報誌のgooやカーセンサーに載っている中古車情報では全体の3割しか見ることが出来ないことを知っていますか?

一般の人が見ることが出来る情報は全体の3割

残り7割の非公開情報を見たい方はこちら

中古車探しサービス

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています

  • 短期保有なら軽自動車税の増税前に急ぐ必要は無い
    2014年12月30日の大綱でエコカー減税が軽自動車税にも適用されることになりました。 他の自動車取得税と自動車重量税については、普通車同様に適用がありましたが軽自動車税だけは適用がありませんでした。…
  • 【増税後or増税前】車買うならいつ?
    2015年4月に軽自動車税は年間7200円から10800円に増税されました。   またエコカー減税も細分化され、基準が厳格化されたために実質的には支出が増えたと感じる方が多いのではないでしょ…
  • 軽自動車廃車のやり方には3種類の方法がある
    登録車(普通車)と異なり、軽自動車は管理している組織が異なります。   それに伴い、軽自動車の廃車は登録車の廃車とは異なるものとなりますが、内容としては変わりません。 軽自動車廃車の種類 軽…
  • 2015年は軽自動車値引きが最高になる年かもしれない
    軽自動車を買おうと考えている方に朗報です!   2015年は過去最高に軽自動車の値引きが促進されています。   そのため、今軽自動車を買おうと考えている方は非常に有利な価格で車を購…
  • 軽自動車の廃車手続きについて
    廃車手続きは軽自動車も普通自動車もそれほど変わるものではありません。   ナンバーを返して法的に抹消するということは同じなのです。   ただ書類については呼び名が異なったりしますの…