車の保険料が高いなら車を売ることを検討する

自動車保険料は車維持費の中でも3本の指に入る高額支出です。

最近ではダイレクト型のテレビCMが良く流れていますね。

代理店型の方は少しでも安くなるのではないかと考えていると思います。

 

今回は根本的に保険料を安くしなければいけないという方にお話していきたいと思います。

自動車保険料は年間6万円~8万円

自動車の維持費の中で手軽に節約できるのはこの自動車保険料でしょう。

一番、費用がかかる駐車場代は容易に節約することはできません。

⇒自動車の年間維持費用

 

対して、自動車保険料は代理店型の方はダイレクト型にすることで半額程度に抑えることができるのです。

代理店型からダイレクト型にしても半額ぐらい

それであっても実は節約できるのは半額程度ということです。

つまりは年間にして3万円~4万円。月間にすると3000円前後ということですね。

 

これが高いか安いかは分かりませんが私は安いと思います。

とはいえ、ただ比較して切り替えるだけですからこんな簡単なものはありません。

 

とりあえず維持費を何とかしたいと考えているなら比較してみるのが一番でしょう。

⇒ダイレクト型の比較はこちらからどうぞ

 

根本的になんとかするなら強硬手段

このように手軽ではあるけどたいしたことはないというのが、自動車保険料の見直しですね。

結婚などを考えていて、節約がこんなものじゃ足りないという人はどのようにすればよいでしょうか?

 

根本的に解決する方法のひとつは任意保険を買わないことでしょう。

とはいえ、なにかあったときは大変なことになりますのであまりオススメできるものではないでしょう。

 

ちなみに私は20代前半にホンダシビックと日産スカイラインという保険料が高い車に乗っていたので任意保険は入りませんでした。

現在から考えるとどうしてあんな危険なことをしていたのかと反省していますが、運よく何事も無かったのはよかったことです。

 

もうひとつの方法は車を使う用のときはレンタカーを使うことです。

これなら確実にお金を節約できます。

 

どうしても特定の目的のために節約しなければいけないということなら車を売ってしまうのも手だと思います。

後になってから車を買い戻しても全く問題ないですが、遅すぎる決断は取り戻すことはできません。

いずれの方法も確かな効果がある方法なので、あなたの目的に合わせて選択されてはいかがでしょうか?

 

最終的に私は車を全て売り払って現在は自転車すら乗り物を持っていません^^;

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています